Wikipedia:スタイルマニュアル_(フィクション関連)
[Wikipedia|▼Menu]

この文書はウィキペディア日本語版のガイドラインです。多くの利用者が基本的に同意しており、従うことが推奨されますが、方針ではありません。必要に応じて編集することは可能ですが、大きな変更を加える場合は、先にノートページで提案してください。ショートカット:
WP:WAF

編集案内
ヘルプFAQ
記事内容のルール

著作権
中立的な観点
検証可能性
独自研究は載せない
存命人物の伝記
信頼できる情報源
出典を明記する
自分自身の記事
原典のコピーはしない
無意味な記述
ネタバレ
外部リンクの選び方
何ではないか

記事を執筆する

独立記事作成の目安
素晴らしい記事を書くには
完璧な記事
編集方針
スタブ
曖昧さ回避
カテゴリの方針
リダイレクト
テンプレート
ページの分割・統合
ページの改名
翻訳のガイドライン
画像などアップロード
ページの編集は大胆に
連続投稿を減らす
常に要約欄に記入する
スタイルのルール

記事名の付け方
スタイルマニュアル
レイアウト
導入部見出し
人物伝・フィクション
表記ガイド
外来語表記法
記事どうしをつなぐ
赤リンク
大言壮語をしない
言葉を濁さない
すぐに古くなる表現
箇条書き
雑多な内容の箇条書き
過剰な内容の整理
自己言及を避ける

方針とガイドライン一覧
プロジェクト関連文書一覧

ウィキペディアには、フィクションに関連した主題や、フィクションの世界、フィクションに登場する事物といったものを扱う記事が多数存在します。

新しい記事が作られるときには、特筆性のガイドラインに従い、独立した信頼できる二次資料を含むことによって、その記事主題の現実世界における特筆性が確立されているべきです。特筆性が確認できるということはまた同時に、その記事主題を包括的に書くために、また事実性に関する正確性を確保するために必要な程度の充分な情報源が存在するということでもあります。

その主題がウィキペディアの記事になるべき正当な理由があれば、次に編集者は、その主題に関するどのような事柄を記述するべきか、そしてそれらの情報の最適な提示の仕方はどのようなものであるかを考えるべきです。この二つの事柄は相補的な関係にあり、互いを切り離して解釈するべきではありません。そしてよりよい記事を書くためには、編集者はこの二つの問題に同時に取り掛かるべきです。

このページはガイドラインであり、方針ではありません。ここに書かれていることを参考にする際には、良識を持ち、また時折の例外の存在を意識しながら行ってください。しかしながらこのガイドラインに書かれている基本的な見解は、一般にフィクションに関する記事を改善するために役立つものと考えられます。


目次

1 現実世界の観点に立って記述する

1.1 物語世界内の観点に立った記述の問題点


2 一次情報と二次情報

2.1 一次情報

2.2 二次情報


3 情報に文脈を与える

3.1 物語内容の要約

3.2 記事の分割

3.2.1 エピソード一覧の分割


3.3 トリビア


4 特筆性

5 正確さとバランス

5.1 最新の情報


6 結論

7 インフォボックス

8 関連項目


現実世界の観点に立って記述する

フィクションに関する記事は、ウィキペディアに存在する他のすべての記事と同様に、その第一の基準系が現実世界に置かれているべきです。具体的なアプローチの方法としては、そのフィクション作品と、その出版や公表とがともに含まれるところの現実世界の観点に立って主題を記述する、ということになります。そのためには一次情報と二次情報の両方を情報源として使用することが必要です。

現実世界の観点は典型的には以下のような側面を含みます。

フィクション作品そのものと、その作品の製作過程と、そのフィクション作品が現実世界に及ぼした影響などの発表の側面とを注意深く峻別すること。

一方で
語りの時間と架空の世界の時系列とを注意深く峻別し、他方で物語世界の時間と現実世界の時系列とを注意深く峻別すること(特に映画作品とテレビ番組に関するトピックとに関係します)。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:30 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE