Wikipedia:ウィキメディア・コモンズ
[Wikipedia|▼Menu]
ショートカット:

WP:WCP
Commons:今日の一枚

ウィキメディア・コモンズ (Wikimedia Commons) は、ウィキメディア・プロジェクトの中で、画像などのファイルを専門的に受け入れているプロジェクトです。ウィキメディア・コモンズにアップロードされたファイルは、全ウィキメディア・プロジェクトにおいて利用できます(詳しくはHelp:画像などのファイルのアップロードと利用などを参照してください)。
目次

1 概要

2 コモンズへのログイン

2.1 ログインまたはアカウントの作成

2.2 メッセージの日本語化


3 アップロード

4 ファイルページの記入

4.1 Template:Information の使用

4.2 コピーライト・タグの張り付け

4.3 カテゴリ・項目ページへの配置

4.4 具体例

4.4.1 自分が作成したファイルを直接アップロードする場合

4.4.2 他言語版利用者が作成したPD画像を移入する場合

4.4.3 Web上のPD画像を移入する場合


4.5 翻訳


5 ウィキメディア・コモンズにアップロードできないファイル

6 関連項目

概要 ウィキメディア・コモンズのロゴ

ウィキペディア日本語版でも、ログインをすれば、画像や音声などのファイルのアップロードが可能となっていますが、ウィキペディア日本語版へのアップロードには若干の欠点があります。それは、日本語版独自のスペースにファイルがあるために、他言語版のウィキペディアでそのファイルを使おうと思っても利用できないということです。つまり、せっかくの素晴らしいファイルも日本語版でしか利用できません。

そんな問題に対応できるように、2004年9月7日ウィキメディア財団は新たなプロジェクトを開始しました。それがウィキメディア・コモンズ(以下「コモンズ」とも)です。

ウィキメディア・コモンズは、「自由なライセンスが付与されたメディアファイル(画像、音声、動画等)の集積場」(Commons:ようこそより)です。そして、ここにファイルを置くことで、ウィキペディアの他言語版はもちろん、ウィクショナリーやウィキブックス、ウィキニュースなどといった、全ウィキメディア・プロジェクトにおいて、そのファイルが利用できるようになります。当然ながらウィキペディア日本語版に画像を表示させることも可能です。

ウィキメディア・コモンズについての詳細な情報は Commons:ようこそをご覧ください。
コモンズへのログイン
ログインまたはアカウントの作成

コモンズへファイルをアップロードするためには ⇒ログイン・ページでログインする必要があります。2008年5月末より、ウィキペディア日本語版のアカウントを利用してログインすることが可能となりました。ただし、あなたがウィキペディア日本語版で利用している利用者名がすでにコモンズでも使われている場合は調整が必要です。詳しくは meta:Help:Unified_login/ja(メタウィキメディアのページ)を参照してください。
メッセージの日本語化

ログインしたあと、個人設定を変えることで、表示されるメッセージなどを日本語に変えることができます。
ログインしていない場合はまずログインします。アカウントがなければ作成してください。

個人用ツール(モノブックスキンであれば左上に表示されるメニュー)の My preferences(個人設定)を選択し、Preferences ページの User Profile(利用者情報)タブで Language(インターフェース言語)を「ja - 日本語」にします。

「Save」(設定の保存)ボタンを押すことで設定が保存され、メニュー項目などの表示が日本語になります。

設定を保存しても表示が変わらない場合は、再読み込みなどを行うことで問題を解決できます。

なお、アカウント作成時の画面を日本語にしていた場合、使用言語がデフォルトで日本語になるのでこの操作は省略できます。

ただし、日本語への翻訳を行う人が多くないため(2016年6月現在)、日本語での情報は古くなっている可能性があるので注意してください。miyaさん(Commonsの利用者ページ)、whymさん(Commonsの利用者ページ)、Yasuさん(Commonsの利用者ページ)、Y.haruoさん(Commonsの利用者ページ)が日本語を母語とする管理者です。他にも日本語を第二言語として理解できる管理者もいます。
アップロード

アップロードの方法については、Help:画像などのファイルのアップロードと利用および、コモンズ内のファースト・ステップを参照してください。

アップロードの際には、次のような文書に目を通してください。

ファイル受け入れに関するポリシー、タグ、案内

Commons:プロジェクトの守備範囲 - どんなファイルが受け入れられるか

Commons:ライセンシング - ライセンスに関する説明

Commons:コピーライト・タグ - コピーライト・タグの一覧

Commons:ファースト・ステップ/ライセンス

Commons:ファースト・ステップ/クオリティと説明 - ファイルページにどんな説明を書くべきか

コモンズは多言語のプロジェクトですので、ファイル名に用いる言語は(日本語を含め)いかなる言語でもかまいません。ただし、デジタルカメラが保存した名前(「IMG_00001.JPG」など)や、情報が不十分な名前(「駅前.JPG」など)は避け、ファイルの内容をよく表しているファイル名を付けるようにしてください(Commons:File naming 参照)。ファイル名が不適切と判断された場合、改名されることがあります(Commons:ファイルの改名参照)。
ファイルページの記入

ファイルページに記入すべき事項を説明します。アップロード時に Summary:(ファイルの概要:)に記入してもいいですし、アップロード直後にファイルページを編集して記入しても構いません。
Template:Information の使用

ファイルを利用する上で必要な情報をきちんと記載する必要から、Template:Information の使用が推奨されています。テンプレートを使用すると Commons:File:Windrad von unten.JPG のように表示されます。テンプレートについての説明はファースト・ステップ/クオリティと説明#ファイルの説明にあります。
コピーライト・タグの張り付け

アップロード時、ドロップダウンボックスに適当なライセンスがなかったか、あるいはライセンスを選択し忘れた場合、Copyright tags(日本語ページ)から適切なタグを選び、Template:Information を使って記述した情報の下に配置してください。可能であれば、{{PD}} {{GFDL}}といった広いものでなく、{{PD-USGov-NASA}}などとなるべく特定してください。ライセンシングも参照。
カテゴリ・項目ページへの配置

ファイルのアップロードが完了したら、それらが効率よく使われるように、適切なカテゴリへと配置してください。カテゴリへの配置は、ファイルページ下部に [[Category:foo]] と記入します。(カテゴリの一覧

また、もし類似のファイルを集めた項目ページがあれば、そのページへ自分のファイルを追加することも検討してください。配置方法は、当該項目を編集して、<gallery>File:foo1.jpg|foo1.jpg の説明File:foo2.jpg|foo2.jpg の説明...</gallery>

のように記入するだけです。Cumulus cloud などの実例を見ると早いでしょう。
具体例

以下に、比較的よくあると思われるいくつかのケースについて、具体的な記入例を挙げてみます。ファースト・ステップ/クオリティと説明#ファイルの説明を読み、各項目の意味を理解した上で、参考にしてみてください。

コピーライト・タグについては、いずれも、アップロード画面のドロップダウンボックスでは選択しなかったことを想定しています。

foo, Who, bar は○○とか△△のようなものです。適当に置き換えてください。

自分が作成したファイルを直接アップロードする場合

自分が作成したファイルをコモンズへと直接アップロードし、GFDL および CC-BY-SA-3.0 でリリースして Category:bar1 というカテゴリへ配置することを想定しています。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:34 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE