SKワイバーンズ
是非お友達にも!
■暇つぶし何某■

[Wikipedia|▼Menu]

SKワイバーンズ
各種表記
ハングル:SK ????
漢字:-
発音:エスケー=ワイバーンズ
エスケイ=ワイボンス
英語:SK Wyverns
テンプレートを表示

SKワイバーンズ
創設年度2000年
ロゴデザイン

所属リーグ
韓国野球委員会
歴代チーム名


SKワイバーンズ(2000年 - )

本拠地
仁川SK幸福ドリーム球場仁川広域市南区
収容人員27,800人
仁川広域市
フランチャイズの遍歴
仁川広域市京畿道江原道・以北5道(2002-現在)
永久欠番
26
獲得タイトル
韓国チャンピオン(3回)
2007|2008|2010
成績(タイトル以外)
アジアシリーズ出場(2回)(太字は優勝、斜体は準優勝)
2007・2008
日韓クラブチャンピオンシップ出場(1回)(太字は優勝、斜体は準優勝)
2010
韓国シリーズ出場(6回)(太字は勝利した年)
3勝4敗
2003200720082009201020112012
プレーオフ(4回)(太字は勝利した年)
4勝
2003|2009|2011|2012
準プレーオフ(3回)(太字は勝利した年)
2勝1敗
200320052011
Aクラス(9回)
2003|2005|2007-2012|2015
Bクラス(8回)
2000-2002|2004|2006|2013-2014|2016
球団組織
オーナー崔泰源(チェ・テウォン、SKグループ会長)
運営母体SKグループ
監督トレイ・ヒルマン
表示

SKワイバーンズ(エスケー・ワイバーンズ, ???? ????)は、韓国プロ野球チームである。縁故地(ホームタウン)は仁川広域市。同市内にある仁川SK幸福ドリーム球場(文鶴野球場)を本拠地とする。

2000年、アジア通貨危機で経営危機に陥った繊維メーカーのサンバンウルが傘下のプロ野球球団であるサンバンウル・レイダースを解散したあと、SKグループがその選手たちを受け入れ「新球団」として誕生した。

チーム名の「ワイバーンズ」はワイバーン(wyvern、飛龍)の複数形。


目次

1 チーム略歴

2 歴代監督

3 主な在籍選手

3.1 投手

3.2 捕手

3.3 内野手

3.4 外野手


4 主な退団・引退選手

4.1 韓国人選手

4.2 外国人選手

4.3 在日韓国人選手


5 外部リンク


チーム略歴

2000年に韓国野球委員会とSKグループがサンバンウル・レイダースに代わる新球団の創設に合意。
本拠地は、プロチームとしてのビジネスのできる人口基盤を求めて、サンバンウルのホームである全羅北道全州市(人口およそ60万)ではなく、およそ100万以上の人口を抱えて、周辺都市まであわせると営業可能な人口基盤がおよそ200万に及ぶと考えられると同時に親会社と繋がりのある首都圏の京畿道水原市を希望。しかし、現代ユニコーンズが以前から希望していたソウルへの移転を前提として暫定的に水原市に本拠地を移動させることになり、空席となった仁川を本拠地として受け入れることになった。
なお、このとき現代ユニコーンズはSK側が仁川を本拠地として受け入れるか否かとは関係なく、ソウル移転計画を強行推進したため、仁川の市民たちはユニコーンズから見捨てられた形になって、未だに同球団に対する恨みを持っている人もある。その後、仁川を捨てた現代ユニコーンズは、暫定本拠地・水原での人気を得られず、現代グループの分裂などによる経営危機に陥り3度の売却交渉に失敗。その後、2008年から投資会社がスポンサーを募集し経営する新球団、ウリ・ヒーローズが発足して解散となった。

2002年サッカーワールドカップ誘致に伴う仁川広域市の新総合運動場建設計画によって、メインスタジアムの隣に受容人員3万人規模の文鶴(ムナク)野球場が完成。


◇ピンチです!◇
■暇つぶし何某■

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:37 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE