Portal:資格
是非お友達にも!
■暇つぶし何某■

[Wikipedia|▼Menu]

ウィキポータル 資格にようこそショートカット:

P:LIC

P:資格

Portal:資格は資格関係のポータルです。Category:資格もあわせてご利用下さい。
このポータルは、手動で更新されるため、現在の状況と合わない場合があります。このポータルは11月16日にドラフトを開始しました。

ウィキプロジェクト資格
特集記事

特集実用英語技能検定

実用英語技能検定(じつようえいごぎのうけんてい)は財団法人日本英語検定協会(Society for Testing English Proficiency, STEP)が実施する日本における英語技能に関する検定である。一般に英語検定または英検と呼ばれる。日本で最も古くから存在する英語の技能検定である。
概要合格者に付与されるCertification Card。5級が新設されるまではB5版の認定証であった。

1963年4月、日本英語検定協会が設立され、同年8月に最初の検定を実施。1級・2級・3級を設け、37,663名が受検した。1968年2月、社会的に奨励すべきものとして文部省(現文部科学省)から認定される。2003年イギリスケンブリッジ大学ESOL Examinationsと業務提携を行い共同研究を行うことに合意。2004年アメリカ合衆国のごく一部の大学で留学の資格として認められる。2005年、文部省の検定資格認定制度が廃止されたことに伴い、「認定」の文字が消える。

協会によると、本検定は「読むこと」+「聞くこと」+「話すこと(3級以上)」+「書くこと」を総合的に判定する検定である。1963年の開始以降、幾度もの問題形式改正を経て現在に至っている。

本検定は中学校高等学校の生徒が全受検者の9割近くを占める。検定級からも分かるように、2級以下は中学校や高等学校の学習指導要領に準拠している。また、高等学校や大学などでは入学試験や進学に際して合格者(級取得者)を優遇する学校があり、その数は年々増加している。しかし、同じ級の合格者の中に実力のばらつきが見られるという批判もある。そこで一部の日本企業や日本に進出している外資系企業はTOEICを重用するようになってきている。

1990年代後半には年間志願数がのべ300万人を超える年もあった。近年は年間のべ250万人程度に落ち着いているが、少子化の影響やTOEICの急速な普及等が要因となり、志願者は年々わずかながら減少している。

この続きを読む
話題・お知らせ・議論
話題

現在、資格に関する話題はありません。
お知らせ
Wikibooksについて

ウィキブックスにCategory:資格試験関連の解説書・教科書があります。

Wikipediaの姉妹サイトWikibooksに資格試験に関する教科書があります。関係する教科書がありましたら、

{{Wikibooks|教科書名}}

の形でリンクを作成してください。



Template:資格の変更について

Template:資格の内容が大幅に変更されました。記事を新しく作成する際には是非Template:資格をご利用ください。
スタブ記事について

資格に関するスタブ記事には{{Sikaku-stub}}を使用してください。

他にもWikipedia:ウィキプロジェクト 資格にお知らせがあるかもしれません。
議論

資格に関する記事で統合・分割削除依頼が出ている場合はこちらに記載してください。

新着項目
新しい記事新しい記事

新しいページ ・ ⇒カテゴリ内の新着記事 - 資格関連の記事を執筆された方、見つけた方はここに追加してください。
2017年


9/24 - Excel表計算処理技能認定試験

8/20 - 構造物診断士

8/17 - 計装士

8/16 - 土木鋼構造診断士

8/15 - 下水道管路管理技士砂防・急傾斜管理技術者

8/14 - 道路橋点検士土木学会認定土木技術者

8/12 - 地すべり防止工事士

8/9 - 診療報酬請求事務能力認定試験

8/5 - インフラ調査士

8/2 - C言語プログラミング能力認定試験(複数の問題)

7/30 - 情報処理技術者能力認定試験


◇ピンチです!◇
◇暇つぶし何某◇

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:58 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE