NHK総合テレビジョン
[Wikipedia|▼Menu]

「総合テレビ」はこの項目へ転送されています。新潟県の民間放送局については「新潟総合テレビ」をご覧ください。
日本放送協会 > NHKの放送波 > 国内向け放送/NHKのテレビ放送 > NHK総合テレビジョン

NHK総合テレビジョン

開局日1953年2月1日
映像方式480i(SD、アナログ放送)
1080i(HD、デジタル放送)
日本
言語日本語
放送エリア日本全域

NHK東京デジタル総合

基本情報
略称(愛称)NHKテレビ、NHK総合、NHK G、GTV
運営(番組供給)事業者日本放送協会(NHK)
本社(本部)〒150-8001
東京都渋谷区神南二丁目2番1号
NHK放送センター
ジャンル地デジ難視対策衛星放送
放送内容地上デジタル放送サイマル放送(マルチ編成の場合は主番組のみ)
視聴料金NHK地上契約1,310円/月(沖縄県は別料金)
衛星基幹放送(BSデジタル放送)
放送事業者社団法人デジタル放送推進協会
チャンネル番号Ch.291
物理チャンネルBS-17ch
放送開始2010年3月11日
放送終了2015年3月31日終了
公式サイト
特記事項:
地デジ難視対策衛星放送対象リスト(ホワイトリスト)に掲載された地区のみ視聴可能。

NHK総合テレビジョン(エヌエイチケイ そうごう テレビジョン)は、日本放送協会(NHK)による地上基幹放送の一種別のテレビジョン放送国内放送でもある。

通称はNHK総合あるいは総合テレビ。また、英語総合という意味を表す"General"からNHK G、GTV等とも表記される。前者は地上デジタルテレビ放送で東京(NHK放送センター)から送出される番組の放送時に、画面右上に表示されるウォーターマークなど[注 1]で使用され、後者は群馬テレビ群馬県)との混同を防ぐために協会内に限らないものの多くはNHKを冠す。

新聞や雑誌などの番組表(いわゆるテレビ欄)や各種メディアでの表記は「NHK総合」「NHK総合テレビ」「NHKテレビ」「NHK」「NHK G」等と様々である。
目次

1 概要

2 沿革

3 番組

3.1 放送時間

3.2 編成方針


4 デジタル放送

4.1 移行期間における独自編成


5 放送形態

5.1 時刻表示

5.2 ネットワーク

5.2.1 3ch


5.3 オープニング・クロージング

5.4 その他


6 各局のID

7 脚注

7.1 注釈

7.2 出典


8 外部リンク

概要

東京にて1953年2月1日開局(以降の開局は#沿革参照)。本チャンネルは日本初のテレビチャンネルである。「総合テレビジョン」という通称名は、同じく地上波で放送されるNHK教育テレビジョン2011年からの通称:Eテレ)と対比して、総合編成を実施しているということから付けられたものである。

日本全国でほぼ統一された番組編成をするEテレに対して、総合テレビではそれに比べて各地域ごとに異なる番組編成がなされる。そのため、アナログ放送での広域放送は関東広域圏(16)のみで、その他の40道府県は県域放送がとられていた。デジタル放送では2004年に茨城県が、2012年に栃木県群馬県が県域放送に移行し、広域放送は南関東4都県のみとなった。

総合テレビの本放送開始当初、一般家庭へのテレビ普及には程遠く、テレビ番組として独自に制作をするには予算的にも厳しかったことから、NHKラジオの人気番組を本チャンネルで中継するということがしばしば行われていた[1]

総合テレビの関東地区における全日視聴率ビデオリサーチ社の調査)は、1963年から1986年までの24年間、各民放キー局を押しのけて、連続して1位を獲得していた[2][注 2]。しかし1987年フジテレビに全日視聴率1位を譲り、1988年1989年は奪還したが、1989年を最後にその座から遠ざかっている。

NHK紅白歌合戦』があることなど(後述)から、年間視聴率1位は総合テレビの番組というケースが多い。2001年まで総合テレビの番組が年間視聴率1位の座を譲ったことがなかった(紅白についても1997年まで年間視聴率1位の座を譲ったことがなかった)。2002年以降は年によっては民放番組(主に国際スポーツ中継日本戦)にその座を奪われるケースもある。
沿革

各局毎の放送開始日は後述の各局の放送開始日を参照。
1939年
5月13日 - NHK東京放送会館の落成記念として、NHK放送技術研究所から初めてテレビジョンの電波を送出(コールサインJ2PQ、映像周波数4.5MHz、出力500W)[3]
1940年
4月13日 - 日本初のテレビドラマ夕餉前』が放送される[4]
1950年
3月10日 - 技研のテレビ実験局が運用開始(VHF3ch、出力10W)[5]11月10日 - 週1日・3時間の定期的なテレビ実験放送開始[6][7]
1952年
10月1日 - 実験局をNHK東京放送会館に移転(出力3kW)、送出方式をNHK独自方式からNTSC方式に変更[8]


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:138 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE