MeToo
[Wikipedia|▼Menu]

この項目では、SNS上でセクハラなどの性的被害を告白する運動について説明しています。岩崎宏美のアルバムについては「Me too」をご覧ください。

本来の表記は「#MeToo」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。

#MeToo(ミートゥー)は、「私(me)も(too)」を意味する英語ハッシュタグ(#)を付したSNS用語。セクシャルハラスメント性的暴行の被害体験を告白・共有する際にソーシャル・ネットワーキング・サービスで使用される[1]。「Me Too」「#metoo」なども用いられる。欧米では、被害を告発する「MeToo」運動と、被害の撲滅を訴える「Time's Up(タイムズ・アップ)」運動が存在するが、日本においては混同され「#MeToo」のみが用いられている[2]
目次

1 概要

2 運動の拡がり

2.1 欧米

2.2 アジア圏

2.2.1 日本

2.2.2 大韓民国

2.2.3 中国

2.2.4 インド



3 推進者の加害行為の発覚

4 批判・評価

5 脚注

概要

2006年に若年黒人女性を支援する非営利団体「Just Be Inc.」を設立したアメリカの市民活動家タラナ・バークが、家庭内で性虐待を受ける少女から相談されたことがきっかけで、2007年に性暴力被害者支援の草の根活動のスローガンとして「Me Too」を提唱し地道な活動を行う[3][4]

2017年10月5日にニューヨーク・タイムズが、2015年3月[5]から性的虐待疑惑のあった映画プロデューサーハーヴェイ・ワインスタインによる数十年に及ぶセクハラを告発する[6]。のちにワインスタイン効果(英語版)と呼ばれるほどの大反響があり、10日には、2015年10月にワインスタインの名を出さずに問題のセクハラを告発していた[7]女優アシュレイ・ジャッドら数十名が実名でセクハラを告発[8]、雑誌ザ・ニューヨーカーも10ヶ月に及ぶ被害者への取材記事をウェブ版で発表する[9]

10月13日、フランスのジャーナリストサンドラ・ミュラーが、告発者の9割以上が職を失う現状を鑑み、訴訟の代わりにセクハラ被害の告発をSNSで行う「#BalanceTonPorc(豚を告発せよ)」運動を提唱した[10][11]

ワインスタインによる被害者が多かったイタリアでは、13日に作家のGiulia Blasiが「#quellavoltache」を提唱し[12]、15日に被害者の一人である女優のアーシア・アルジェントがリツイートして連帯を呼びかけた[13][14]

10月15日アリッサ・ミラノが同様の被害を受けたことのある女性たちに向けて「#MeToo」と声を上げるようTwitterで呼びかけた[1]。多くの著名人や一般利用者がこれに呼応し、世界的なセクハラ告発運動が展開された[1]。ちなみに、ミラノは同じスローガンが10年前に既に提唱されていたことを知らず、2日後にバークと連絡を取り協力関係を築いた。バークは当初、自分の地道なライフワークのスローガンが予期しない大きなムーブメントになったことに恐怖を感じたと証言している[15]
運動の拡がり
欧米
MeToo運動には多数のハリウッドの著名人たちが賛同を示し、「セクハラや性的虐待を見て見ぬ振りをするのは終わり」にする「#TIMESUP」運動が起こった
[16]。2017年10月25日、ジャーナリストのマーク・ハルペリンが5人の女性からセクハラを告発される[17]。27日までに計12名の被害者が名乗り出た[18]

10月29日、俳優のケビン・スペイシーが、30年以上前の強姦未遂を当時14歳だったアンソニー・ラップに告発され、「覚えていない」としながらも謝罪し、かねてから噂のあった同性愛者であることを告白した[19]。同性愛の告白は非難をかわすためのものだと批判された[20]。その後も業界関係者ら十数名から告発が相次ぎ[21]、出演作品からの降板が決まった[22]

11月9日、コメディアンのルイ・C・Kが5人の女性からセクハラを告発され、番組からの降板が決まり、17日に公開予定だった映画の上映が中止された[23]。同9日、アラバマ州上院補選の共和党候補ロイ・ムーア元判事が複数の女性から性被害を告発された。これに対しムーアは「魔女狩りであり、典型的なフェイクニュースだ」と反論したが[24]、12月12日の選挙で落選した[25]

11月14日、NBCが重役のマット・ジマーマンをセクハラ疑惑で解雇した[26]

11月20日、ニューヨーク・タイムズが看板記者のグレン・スラッシュをセクハラ疑惑で停職処分にした[27]。11月22日、CBSが大物ニュースキャスターのチャーリー・ローズをセクハラ疑惑で解雇した[28]

11月29日、NBCが看板情報番組『トゥデイ』司会者のマット・ラウアーをセクハラ疑惑で解雇した[29]。これには、ドナルド・トランプ大統領も反応を示した[30]。この件について、弁護士でコメンテーターのジェラルド・リベラは、ラウアーを擁護し、局の対応に懐疑的な見解を示した。それを受けて、ベット・ミドラーがリベラによる過去の性被害を告発した1991年のインタビュー動画をTwitterに投稿した[31][32]

12月2日、ニューヨーク・ポストが、メトロポリタン・オペラ名誉監督ジェームズ・レヴァインによる過去の少年への性的虐待を告発した[33]。被害男性は2016年に警察に訴えたが時効を迎えており、レヴァインも容疑を否認していた。メトロポリタン・オペラは報道の後、調査を開始し、2018年3月にレヴァインを解雇した。これを受けてレヴァインはメトロポリタン・オペラを損害賠償や名誉毀損で提訴した[34]

12月7日、TIME誌の2017年度パーソン・オブ・ザ・イヤーに#MeTooのムーブメントを起こした「サイレンス・ブレイカーズ(沈黙を破る女性達)」が選ばれる[35]

12月8日、コメディアン出身で民主党上院議員のアル・フランケンが、2006年12月の中東への米軍慰問団ツアーでのセクハラ疑惑を受けて辞任する意向を発表した[36]。2018年1月2日、正式に辞任した[37]

2018年1月7日、第75回ゴールデングローブ賞授賞式において、#TIMESUP運動に賛同した女優たちが黒い衣装で参加し、被害者との連帯を示した[38]。「Me Too」創始者のバークも友人で女優のミシェル・ウィリアムズに招待され出席した[4]。同様の動きは、2月18日の英国アカデミー賞でも見られた[39]

4月16日、「#MeToo」を使った運動の発端となったセクハラについて報道したニューヨーク・タイムズとザ・ニューヨーカーの記者が、ピューリッツァー賞の公益報道部門に選ばれた[40]

4月26日、2016年7月にスペインの牛追い祭りWhatsAppグループ「La Manada(群れ)」の男性5人が18歳の女性を集団強姦した事件(通称La Manada事件)の判決が下り、求刑禁錮20年以上に対し、性的虐待で禁固9年、強姦容疑については無罪となった。裁判官の一人は、携帯電話の窃盗についてのみ有罪を主張した。これに対し、女性団体らが大規模な抗議のデモを起こした。同事件はスペインにとっての「#MeToo」運動のきっかけとなり、「Yo te creo(私はあなたを信じる)」を合言葉に被害者支援が広まり、SNS上では「#YoSiTeCreo」や「#NoesNo」が用いられた[41]


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:53 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE