M76_(天体)
[Wikipedia|▼Menu]

小亜鈴状星雲[1]
Little Dumbbell Nebula

M76
仮符号・別名NGC 650, 651[2]
星座こぎつね座
視等級 (V)10.1[3]
視直径2.307' × 2.307'[3]
分類惑星状星雲[2]
発見
発見日1780年9月5日[3]
発見者ピエール・メシャン[3]
発見方法望遠鏡による観測
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α)01h 42m 19.7s[2]
赤緯 (Dec, δ)+51° 34′ 32″[2]
赤方偏移-0.000064[2]
視線速度 (Rv)-19.1km/s[2]

距離3,400光年

M76の位置
別名称
別名称小あれい状星雲[4],
小あれい星雲[5],
Little Dumbell Nebula[2],
Barbell Nebula[2],
Cork Nebula[2]
Template (ノート 解説) ■Project

座標: ⇒01h 42m 19.7s, +51° 34′ 32″

M76 (NGC650、651) は、ペルセウス座にある惑星状星雲である。小亜鈴状星雲(しょうあれいじょうせいうん)とも呼ばれる[1]


目次

1 概要

2 観測史

3 出典

4 関連項目


概要

メシエ天体の中では最も暗い目標の中の一つである。口径8cmの望遠鏡で微かな楕円に見える。口径10cmの望遠鏡でマラスは「10cmでは良い対象となり、亜鈴の小型で、なめらかな表面のノットが互いにくっついている」とした。口径20cmでは四角い形に見えるが、中央のくびれ部分が次第に見えてくる。惑星状星雲は空の状態が多少悪くても、高倍率でも薄れず楽しめる天体が多いが、この天体もそうである。
観測史

1780年9月5日にピエール・メシャンによって発見された[3]。「星を含まない。小さくて微か」と記している[6]。同年シャルル・メシエは、「アンドロメダ右足の星雲は1780年9月5日メシャンが観測している。彼は色消し望遠鏡で探し、星雲状物質をふくむ小さな星団にみえた」とした[6]ウィリアム・ハーシェルは「分解されない二重星雲」として、これを2つの天体と認識したため、NGCナンバーが2つつくことになった[6]。ウェッブは「青白い青雲で二重。M27の奇妙なミニチュア」とした。ロス卿は「渦状。連続した隆起。刈り入れ用の鎌のよう」とした。フェーレンベルクは「大口径での写真ではコルク栓のようだ。NGCカタログでどうして2つに分かれているか分からない」とした。
出典^ a b “ ⇒M76 惑星状星雲 ( 小亜鈴状星雲 )”. なよろ市天文台. 2015年12月27日閲覧。
^ a b c d e f g h i “ ⇒SIMBAD Astronomical Database”. Results for NAME M76. 2015年12月27日閲覧。
^ a b c d e Hartmut Frommert, Christine Kronberg (2013年10月28日). “ ⇒Messier Object 76”. SEDS. 2015年12月27日閲覧。
^ 中西昭雄 『メシエ天体ビジュアルガイド』 誠文堂新光社、2014年10月28日、160頁。ISBN 978-4-416-11462-9
^ “ ⇒メシエ天体ガイド:M76”. AstroArts. 2015年12月27日閲覧。
^ a b c Hartmut Frommert, Christine Kronberg (2005年10月21日). “ ⇒Messier 76 - Observations and Descriptions”. SEDS. 2015年12月27日閲覧。



関連項目

亜鈴状星雲 (M27)











メシエ天体


M1(かに星雲)

M2

M3

M4

M5

M6

M7

M8(干潟星雲)

M9

M10

M11

M12

M13

M14

M15

M16(わし星雲)

M17(オメガ星雲)

M18

M19

M20(三裂星雲)

M21

M22

M23

M24

M25

M26

M27(亜鈴状星雲)

M28

M29

M30

M31(アンドロメダ銀河)

M32

M33(さんかく座銀河)

M34

M35


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:18 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE