M34_(天体)
[Wikipedia|▼Menu]

M34
Messier 34


散開星団 M34
仮符号・別名NGC 1039[1], Mel 17
星座ペルセウス座
視等級 (V)5.2[1]
視直径35.0'[2]
分類散開星団[1]
発見
発見日1654年以前[2]
発見者ジョヴァンニ・バッティスタ・オディエルナ[2]
位置
元期:J2000.0[1]
赤経 (RA, α)02h 42m 05.0s[1]
赤緯 (Dec, δ)+42° 45′ 42″[1]
赤方偏移-0.000056 km/s[1]
視線速度 (Rv)-16.8 km/s km/s[1]
固有運動 (μ)赤経: 0.03 ミリ秒/年[1]
赤緯: -7.43 ミリ秒/年[1]

距離1400光年[2]

M34の位置
物理的性質
直径約14光年[2]
年齢180 ×106 年[2]
Template (ノート 解説) ■Project

座標: ⇒02h 42m 05.0s, +42° 45′ 42″

M34(NGC 1039)は、ペルセウス座にある散開星団


目次

1 概要

2 観測史

3 脚注

3.1 注釈

3.2 出典


4 関連項目


概要

ヘレン・ソーヤー・ホッグによると、約100個の恒星からなる星団である[2]。都市の光から遠く暗い場所であれば裸眼でも見ることができ、双眼鏡を使うと約10個の星が、淡い光の中でちらちらと見える。明るい星のすきまに暗い星があって、中間の明るさの星が少ない。星団内には多くの二重星が含まれている。中心近くには8.0等と8.5等の二重星h1123が、星団の南東部には8.4等と9.1等の二重星OΣ44[注釈 1]がある[2]。広がったまばらな星団であるため、口径10cm程度の小望遠鏡での観察に適している[3]
観測史

1654年以前にジョヴァンニ・バッティスタ・オディエルナが発見していたが、彼の発見は世に知られず、1764年8月25日にシャルル・メシエが独立発見している[4]。メシエは「アンドロメダ座γ星とほぼ平行よりやや下にある小さな星からできた散開星団。3インチの普通の望遠鏡で星が識別できる」と記している[4]
脚注

[ヘルプ]

注釈^ 「OΣ」はオットー・ウィルヘルム・フォン・シュトルーヴェ(英語版)のことである[2]

出典^ a b c d e f g h i j “ ⇒SIMBAD Astronomical Database”. Results for NAME M34. 2016年3月20日閲覧。
^ a b c d e f g h i Hartmut Frommert, Christine Kronberg (2007年8月25日). “ ⇒Messier Object 34”. SEDS. 2016年3月20日閲覧。
^ “ ⇒M34”. メシエ天体ガイド. AstroArts. 2016年3月20日閲覧。
^ a b Hartmut Frommert, Christine Kronberg (2005年5月22日). “ ⇒Messier 34 - Observations and Descriptions”. SEDS. 2016年3月20日閲覧。

関連項目

メシエカタログ










メシエ天体


M1(かに星雲)

M2

M3

M4

M5

M6

M7

M8(干潟星雲)

M9

M10

M11

M12

M13

M14

M15

M16(わし星雲)

M17(オメガ星雲)

M18

M19

M20(三裂星雲)

M21

M22

M23

M24

M25

M26

M27(亜鈴状星雲)

M28

M29

M30

M31(アンドロメダ銀河)


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:28 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE