JavaScript
ご協力下さい!!
★暇つぶし何某★

[Wikipedia|▼Menu]

ウィキペディアにおけるJavaScriptの使用についてはWikipedia:カスタムJSをご覧ください。

Java」とは異なります。

JavaScriptJavaScriptのロゴ
パラダイムマルチパラダイム
登場時期1995年
設計者ブレンダン・アイク
開発者ネットスケープコミュニケーションズMozilla Foundation
最新リリースECMAScript 2017 / 5月 2017[1]
型付けダック・タイピング
主な処理系JavaScriptCoreKJSNitroRhinoSpiderMonkeyV8ほか
方言JScript
影響を受けた言語C言語JavaPerlPythonSchemeSelf
影響を与えた言語Dart、Objective-J(英語版)
プラットフォームクロスプラットフォーム
ウェブサイトdeveloper.mozilla.org/en-US/docs/Web/JavaScript
拡張子.js

JavaScript - ウィキブックス

ウィキデータ項目を編集

テンプレートを表示

JavaScript(ジャバスクリプト)とは、プログラミング言語のひとつである。Javaと名前が似ているが、全く異なるプログラミング言語である(後述の#歴史を参照)。

JavaScriptはプロトタイプベースオブジェクト指向スクリプト言語であるが、クラスなどのクラスベースに見られる機能も取り込んでいる。

ウェブブラウザ上で動作し動的なウェブサイト構築やリッチインターネットアプリケーションの開発に用いられる。また、2010年以降はnode.jsなどのサーバサイドJavaScript実行環境や各種ライブラリの充実により、MEANに代表されるように、Web開発の全ての領域で活用されるようになってきている。


目次

1 概要

2 プログラミング言語としての特徴

3 歴史

3.1 誕生

3.2 発展

3.3 JavaScript 2.0


4 文法

4.1 基本的な文法

4.2 複雑な例


5 JavaScriptの利用

5.1 Webページでの利用

5.1.1 例


5.2 その他の環境での利用


6 バージョンとブラウザの対応表

7 JavaScriptライブラリ

7.1 Vanilla JS


8 脚注

9 関連項目

10 外部リンク


概要

JavaScriptという言葉は狭義にはMozillaが仕様を策定し実装しているスクリプト言語を指す。このスクリプト言語はEcmaインターナショナルECMAScript (ECMA-262) として標準化されており、多くのウェブブラウザ等はこの標準化されたECMAScriptを実装している。たとえば、マイクロソフトによる実装はJScriptと呼ぶ。

一般的にJavaScriptという言葉が使われるときはこのようなさまざまなECMAScriptの実装も含んだ幅広い意味で使われるので、どちらの意味でJavaScriptという言葉が使われているかは文脈で判断する必要がある[2]

ECMAScriptは仕様自体に独自の拡張を条件付きで認める記述があり[3]、現在主要なブラウザが実装しているスクリプト言語はすべてECMAScriptに準拠していることになる。広義の意味でこれをJavaScriptと呼ぶ場合、主要なブラウザが実装しているスクリプト言語はマイクロソフトやGoogleアップルの実装も含めてJavaScriptである。

なお、ウェブブラウザでよく実装されているAPIであるDOM (Document Object Model) はECMAScriptの仕様の一部ではないので、DOMの準拠の有無はECMAScriptの準拠の有無とは関係ない。
プログラミング言語としての特徴

JavaScriptはプロトタイプベースオブジェクト指向プログラミング言語で、それに分類される言語同様、静的にクラスを定義すること無くオブジェクトを利用する[4]。多くの場合はC言語に似た手続き型言語のようなスタイルで書かれるが[要出典]、第一級関数をサポートしており関数を第一級オブジェクトとして扱えるなど、関数型言語の性質も持ち合わせている。


◇ピンチです!◇
★暇つぶし何某★

次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:52 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE