International_Mobile_Equipment_Identity
◇ピンチです!◇
◇暇つぶし何某◇

[Wikipedia|▼Menu]

International Mobile Equipment Identity (IMEI) は、GSM/W-CDMA/iDENの全ての携帯電話や一部の衛星電話に付与される識別番号。携帯電話のバッテリを外すと、そこに書いてあることが多い。また、*#06# と入力すれば携帯電話の画面にも表示できる。

GSMのネットワークでは、正当なデバイスかどうかを識別するのに使われており、盗まれた携帯電話を使えないようにすることもできる。例えば携帯電話を盗まれた場合、携帯電話会社に電話してそのIMEIの電話でネットワークにアクセスできないようにしてもらうことができる。そうするとその電話はSIMカードを入れ替えても使えなくなる。

Electronic Serial Number やCDMA2000系のMEIDとは異なり、IMEIはデバイスの識別のみに使われ、加入者との永久的な対応は存在しない。代わりに加入者の識別にはSIMカードに格納されたIMSIを使う。したがって、IMSIは(理論上は)任意のデバイスで使える。ただし、加入者がどのデバイスを使っているかを識別するネットワークがほとんどである。


目次

1 IMEIと法律

1.1 盗まれた機器のブラックリスト


2 IMEIとIMEISVの構造

2.1 チェックディジットの計算


3 衛星電話網での利用

4 GSM対応機器からIMEI情報を得る方法

5 脚注・出典

6 関連項目

7 外部リンク


IMEIと法律

多くの国で、IMEIに携帯電話の盗難を減らす効果があると認識されている。たとえばイギリスでは、携帯電話のIMEIを変える行為やそのような行為を可能にする機器を所有することは、場合によっては法律違反となる。ラトビアでも同様の行為は法律違反である。

他の国では携帯電話の盗難に対して異なる対処をしている。例えばシンガポールでは、IMEIや他の手段を使って盗まれた携帯電話のサービス停止をすることはない。当局がそのようなシステムがシンガポールの携帯市場ではうまく機能しないと考えているためで、その代わりとしてSIMカードを新たに発行して前のSIMカードを使用停止にする。

正式に割り当てられたIMEIがGSM端末に付与されていれば、その端末は当局の規制に準拠していることが保証されていると誤解している人もいる。2000年4月、ヨーロッパでの ⇒R&TTE Directive 導入により、そのような規制準拠とIMEI付与の関係はなくなった。それ以降イギリスでは BABT という業界団体がIMEIの割り当てを行っており、その際に規制に合格していることをBABTに対して証明する必要はない。
盗まれた機器のブラックリスト

携帯機器が盗まれるか紛失したとき、所有者は電話会社に連絡してその携帯機器をブロックしてもらうのが一般的である[1]。その電話会社に Equipment Identity Register (EIR) と呼ばれるデータベースがあれば、問題の機器のIMEIをそこに登録する。すると場合によっては相互に通信可能な携帯電話網間のブラックリストとなっている Central Equipment Identity Register (CEIR) にそのIMEIが登録され、同じCEIRを利用するどの網からもその携帯電話を使えなくすることができる。こうすることで携帯電話を盗んでもどこでも使えないことになり、窃盗団のビジネスが成り立たなくなる。

IMEI番号は容易に変えられないようになっており、そのためCEIRのブラックリストが有効に作用する。しかし、特殊なツールを使用すればIMEIを変えることは可能である。BBCによると、BT Cellnet のスポークスマンは「盗んだ携帯電話に新たなIMEIを書き込むことは可能で、10%のIMEIは唯一のものではない」と述べたという[2]
IMEIとIMEISVの構造

IMEI(14桁とチェックディジット1桁)やIMEISV(IMEI Software Version、16桁)には、製造元、機種、シリアル番号といった情報が含まれている。IMEI(およびIMEISV)の構造は ⇒3GPP TS 23.003 にある。機種と製造元はIMEI/SVの先頭8桁で示され、この部分をType Allocation Code (TAC) と呼ぶ。IMEIの残りの部分は製造各社が定義するが、最後の1桁はLuhnアルゴリズムを使ったチェックディジットである(この桁は決して送信されない)。

2004年以降、IMEIのフォーマットは AA-BBBBBB-CCCCCC-D のようになっている。IMEISVではチェックディジットを除き、代わりに Software Version Number (SVN) と呼ばれる2桁の数字を末尾に連結する。したがって AA-BBBBBB-CCCCCC-EE のようなフォーマットである。

AABBBBBBCCCCCCDEE
Reporting Body Identifier - ⇒GSMAがTACの割り当てを承認したグループを示す。TACの残りの部分その機種のシリアル番号番号全体のチェックディジット(またはゼロ)Software Version Number (SVN)

2002年より以前にはTACは6桁で、その後に2桁の Final Assembly Code (FAC) があった。FACはその機器を組み立てた工場を示す製造業者固有の番号である。

例えば、35-209900-176148-1 というIMEIや 35-209900-176148-23 というIMEISVには、次の情報が含まれる。TAC: 352099 は、BABTに割り当てられた番号であり、2099 が個別の機種に対する番号である。FAC: 00 は、古いフォーマットから新しいフォーマットへの過渡期に使われた番号(後述)。SNR: 176148 は、その機種の個々のユニットを識別するためのシリアル番号。CD: 1 なので、GSM Phase 2 またはそれ以降に対応。SVN: 23 は、その携帯電話にインストールされたソフトウェアのリビジョンを表す。99 は予約されている。

2004年4月1日フォーマットが更新され、Final Assembly Code をやめ、Type Approval Code を8桁にして Type Allocation Code と呼ぶようになった。2003年1月1日以降、新フォーマットとなるその時期まで、Final Assembly Code (FAC) は必ず 00 とすることになった。

Reporting Body Identifier は Global Decimal Administrator が割り当てており、IMEIでは(MEIDとは異なり)先頭2桁は必ず十進である。

CDMAの Mobile Equipment Identifier (MEID) は基本的にはIMEIと同じフォーマットだが、各桁を4ビットと規定している。
チェックディジットの計算

IMEIの最後尾の桁はLuhnアルゴリズムを使って計算したチェックディジットである。


IMEI Allocation and Approval Guidelines によると、

チェックディジットはLuhnの式 (ISO/IEC 7812) に基づいて計算される。GSM 02.16 / 3GPP 22.016 を参照。チェックディジットはネットワーク上で転送されるべきではない。チェックディジットはIMEIの他の全ての桁を引数とする関数である。Software Version Number (SVN) の場合はこの計算は行わない。


◇ピンチです!◇
◇暇つぶし何某◇

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:13 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE