IBMのディスク記憶装置
是非お友達にも!
◇暇つぶし何某◇

[Wikipedia|▼Menu]

IBMのディスク記憶装置(アイビーエムのディスクきおくそうち)ではIBMが開発したディスク記憶装置の歴史について解説する。

1950年代にIBMによって開拓されたディスク記憶装置の発明はコンピュータ革命の重要な要素であった。ハードディスクドライブの基本的な機械構造はIBM 1301以来変わっていない。ディスクドライブの性能および特性は現在も同じ規格に基づいて測定されている。


目次

1 IBM 350

2 IBM 353

3 IBM 355

4 IBM 1405

5 IBM 7300

6 IBM 1301

7 IBM 1302

8 IBM 1311

9 IBM 2302

10 IBM 2305

11 IBM 2310

12 IBM 2311

13 IBM 2314/2319

14 IBM 2321

15 IBM 3310

16 IBM 3330

17 IBM 3333

18 IBM 3340

19 IBM 3350

20 IBM 3370

21 IBM 3375

22 IBM 3380

23 IBM 3390

24 IBM 9345

25 IBM 9330ファミリー

26 IBM 5444

27 IBM 62GV

28 IBM 0680

29 IBM 0676

30 IBM 0665

31 IBM 0667

32 IBM 0669

33 IBM 0671

34 フロッピーディスクドライブ

35 HGST以降のディスク記憶装置

36 現在

37 参照

38 関連項目

39 外部リンク


IBM 350前景の2つのIBM 350ディスクドライブを持ったレッドリバー陸軍補給処のIBM 305コンピュータ歴史博物館に保管中のRAMACディスクドライブ装置(2006年)

IBM 350はIBM RAMAC 305の一部であり、そのコンピュータはディスク記憶技術を世界にもたらした。IBMは1956年9月13日にRAMAC 305およびRAM 650コンピュータシステムの一部としてIBM 350を公式に発表した[1][2][3]。RAMACとはRandom Access Method of Accounting and Controlの略である。

その設計はビジネスにおけるリアルタイム計算の必要性を意図していた[4]。IBM 350は500字の7ビットでパリティビットを加えた6ビット(文字約4.4MB)を保存した[5]。50枚の24インチ(直径610mm)の磁気ディスクを備え、ディスク表面にはそれぞれ100のトラックがあった。


是非お友達にも!
★暇つぶし何某★

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:74 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE