HyperText_Markup_Language
ご協力下さい!!
■暇つぶし何某■

[Wikipedia|▼Menu]

ウィキペディアにおけるHTMLの扱いについては、Help:ウィキテキストにおけるHTMLをご覧ください。

HTMLHTMLコードの例。
拡張子.html, .htm
MIMEタイプtext/html
タイプコードTEXT
HTML
UTIpublic.html
開発者W3C
WHATWG
種別マークアップ言語
派生元SGML
拡張XHTML
国際標準ISO/IEC 15445:2000

HTML

各種項目

HTML・HTML5

ダイナミックHTML

XHTML

XHTML Mobile ProfileC-HTML

文字符号化

Document Object Model

フォントファミリー

HTML エディター

HTML要素

canvas要素

video要素

HTMLフレーム

HTML5オーディオ

HTMLスクリプティング

HTMLレンダリングエンジン

互換モード

スタイルシート

HTMLのUnicode表記

W3CWHATWG

ウェブカラー

WebGL

WebCL

Webストレージ

比較

マークアップ言語

ウェブブラウザ

レンダリングエンジンの比較

HTML

HTML5

HTML5メディア

非標準HTML

XHTML













HyperText Markup Language(ハイパーテキスト マークアップ ランゲージ、HTML(エイチティーエムエル))は、専らHTTPが利用されるWWWハイパーテキストの記述に使われているマークアップ言語である(1990年代後半頃からはコンテンツという語も利用されている(「中身」という意味の語であり、御大層な意味は無い))。ハイパーリンクや画像等のメディアを埋め込むハイパーテキストとしての機能、見出しや段落といったドキュメントの抽象構造、フォントや文字色の指定などの見た目の指定、などといった機能がある。

現在[いつ?]は、WHATWG により仕様が作られ、それを元に W3C により勧告が行われるという流れになっている。W3C は、XML ベースの規格である XHTML の勧告も行っている。


目次

1 特徴

2 HTML文書

2.1 HTMLタグ


3 歴史

3.1 HTML 1.0、HTML+

3.2 HTML 2.0

3.3 HTML 3.0、HTML 3.2

3.4 HTML 4.0、HTML 4.01

3.5 ISO/IEC 15445:2000

3.6 HTML5、HTML 5.1

3.7 HTML Living Standard


4 HTML形式の電子メール

5 脚注

6 関連項目

7 外部リンク


特徴

HTMLは木構造(入子構造)のマークアップ言語であり、形式言語である。非常に多くの解説が[1]、「プレーンテキストの文書を要素で括って意味付け」などと説明しているのは間違いである。「タグと、タグで括られたもの、の全体」が「要素」(element)である。タグはタグであって、タグすなわち要素ではない(この誤解もまた、HTML4.0の頃にHTMLの「正しい」説明として、間違った説明が蔓延ったせいである(ビレッジセンター出版局『正しいHTML4.0作法&リファレンス』)など)。HTML風のマークアップ言語の利点と欠点については、HTMLの「先祖」であるSGMLや、HTMLの一般化として派生したXMLの利点と欠点と何ら変わることはなく、ここにあれこれ書いても完全に重複であるので、それらの記事を参照のこと。以下ではWWWというシステムにおける「ハイパーテキスト記述言語」としての側面についてのみに集中する。

HTMLの要素には、文書を表現するものとしてごく一般的なものである見出し(ヘッドライン、h1? )、段落(パラグラフ、p )、ハイパーテキストとして特徴的な「アンカー」( a )に関係するもの、画像など( img など)の電子メディア的なもの、などがある。また文字色の指定などといった、意味ではなく直接見た目のみを指定するようなものは、近年ではスタイルシートなどに分離するべきとされているが、歴史的事情から現在でもしばしば使われている。その他主要な要素は、HTMLの要素の記事で解説している。

形式言語として見た場合「構文規則」(あるいは文法)に相当する「スキーマ」は、HTML4まではDTDとして公開され要素ごとに記載することの出来る属性、内容に含むことの出来る要素などが定められていた。HTML 4.01 では厳密なもの[2]、HTML 3.2 からの移行過渡期のためのもの[3]、フレームを用いた文書のためのもの[4]といった3つのDTDが定義されていた。


ご協力下さい!!
■暇つぶし何某■

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:30 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE