HTTP/2
◇ピンチです!◇
★暇つぶし何某★

[Wikipedia|▼Menu]
Hypertext Transfer Protocol > HTTP/2

HTTP
主要項目Persistence
Compression(英語版)
HTTPS
HTTP/2
ヘッダーフィールド(英語版)Cookie
ETag
Location(英語版)
Referer
DNT(英語版)
X-Forwarded-For
ステータスコード301 Moved Permanently(英語版)
302 Found(英語版)
303 See Other(英語版)
403 Forbidden
404 Not Found
451 Legal Reasons
503 Service Unavailable










HTTP/2 (Hypertext Transfer Protocol version 2) は、World Wide Webで用いられているHypertext Transfer Protocolのバージョンの一つである。HTTP/2はIETFのHypertext Transfer Protocol Bis (httpbis)ワーキンググループにおいて制定され[1]2015年2月17日に正式な仕様として承認され[2]、2015年5月にRFC 7540として文書化された。HTTP/2は1999年6月にRFC 2616としてHTTP/1.1が規定されて以来16年ぶりのバージョンアップである。


目次

1 プロトコル概要

1.1 高速化技術


2 対応状況

2.1 ウェブブラウザ

2.2 サーバ

2.2.1 HTTP/2をサポート

2.2.2 計画なし

2.2.3 その他



3 経緯

3.1 開発マイルストーン


4 名称

5 関連項目

6 出典

7 外部リンク


プロトコル概要

HTTP/2の目標はHTTP/1.1のトランザクション・セマンティクスとの完全な後方互換性を維持したまま非同期な接続の多重化、ヘッダ圧縮、リクエストとレスポンスのパイプライン化を実現することである。Googleによって立ち上げられ[3]、全ての主要なウェブブラウザが対応しているHTTP互換のプロトコルSPDYの人気が高まっていることに対応するために開発された[4]
高速化技術

下記の技術により従来より高速の通信を実現している。

HTTPヘッダの圧縮。(HPACK
で圧縮[5]し、二度目以降の通信は差分のみ送信する)

HTTP/2サーバープッシュ通信。

HTTPパイプライン

HoL (Head-of-Line) ブロッキング問題(HTTP/1.1で発生していた)の解消。

一つのTCPソケット上に複数のリクエストが発生した時に最適に通信を行う。

対応状況
ウェブブラウザ

下記ウェブブラウザが対応している。ただし、全てHTTP/2 over TLSのみである。

Google Chrome (30は設定が必要[6][7]

Mozilla Firefox (34から標準で有効[8])

Microsoft Windows 10上のInternet Explorer 11

Microsoft Edge[9]

Opera

Safari 9から

サーバ
HTTP/2をサポート

IIS (Windows 10)[10]

OpenLiteSpeed 1.3.11 および 1.4.8[11]

LiteSpeed Web Server 5.0[12]

Akamai Edge Servers

nginx 1.9.5 [13]

Apache 2.4.17 [14]

h2o (HTTP/2対応を目的として1から設計されている) [15]

計画なし

lighttpd 1.x[16]

その他

GitHub HTTP/2 wiki
を参照

経緯

httpbisワーキンググループはGoogleのSPDYプロトコル、(SPDYを基にした)MicrosoftHTTP Speed+Mobility[3]、Network-Friendly HTTP Upgradeを検討した[17]。2012年7月にFacebookはそれぞれの提案にフィードバックを行い、HTTP/2はSPDYを基にすることを推奨した[18]。SPDYをそのままコピーしたものを基にしたHTTP/2の最初のドラフトが2012年11月に発行された[19]


ご協力下さい!!
■暇つぶし何某■

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:31 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE