HTTP_503
◇ピンチです!◇
★暇つぶし何某★

[Wikipedia|▼Menu]

HTTP
主要項目Persistence
Compression(英語版)
HTTPS
HTTP/2
ヘッダーフィールド(英語版)Cookie
ETag
Location(英語版)
Referer
DNT(英語版)
X-Forwarded-For
ステータスコード301 Moved Permanently(英語版)
302 Found(英語版)
303 See Other(英語版)
403 Forbidden
404 Not Found
451 Legal Reasons
503 Service Unavailable










HTTP 503、またはエラーメッセージ Service Unavailable(「サービス利用不可」「サービスが利用できません」の意)は、HTTPステータスコードの一つ。一時的にサーバーにアクセスできないことを示す。
概要

HTTPによる通信の際、クライアント(ブラウザー)からのアクセス要求に対するサーバー側からの返答コード(HTTPステータスコード)の一つ。初めの5がサーバー内部のエラーであることを示している。同様にサーバーエラーが関連して表示されるエラーコードである500 Internal Server Errorとは違い、このコードは一時的にサーバにアクセスできずサービスが利用不可能になっていることを示している。このコードが表示される要因としては、

当該ウェブサイトに瞬間的に多数のアクセスがなされ、サーバーが処理不能に陥った。

サーバーがメンテナンス中などで機能していなかった。

サーバ内の最大データ転送量を超過した。

同一サーバ内の他のサイトへのアクセスの集中。

などが挙げられる。一度このエラーが発生してしまうと、サーバのトラブルが解消されない限り復旧しない。対処法としてはウェブサーバー側の高性能化、キャッシュを利用したデータの転送量および転送速度の向上などがある。
関連項目

Hypertext Transfer Protocol

World Wide Web

HTTPステータスコード

HTTP 403

HTTP 404

外部リンク

RFC 1945
- Hypertext Transfer Protocol -- HTTP/1.0

503エラーの原因と対処法 - コードの解説

Service Temporarily Unavailable 503エラー対策方法 - KDDIウェブコミュニケーションズが運営するホスティングサービス ⇒CPIの解説サイト


更新日時:2016年9月6日(火)06:27
取得日時:2017/09/27 03:05


◇ピンチです!◇
◇暇つぶし何某◇

[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:3871 Bytes
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE