Google_Earth
[Wikipedia|▼Menu]

この記事は検証可能参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2014年3月)

出典は列挙するだけでなく、脚注などを用いてどの記述の情報源であるかを明記してください。記事の信頼性向上にご協力をお願いいたします。(2012年11月)

この記事は更新が必要とされています。
この記事には古い情報が掲載されています。編集の際に新しい情報を記事に反映させてください。反映後、このタグは除去してください。(2017年7月)

Google Earth
開発元Google Inc.
最新版7.3.0.3827 / 2017年7月11日
対応OSWindows 7以降
macOS X10.8以降
Linux Kernel 2.4以降
Android 4.0以降
iOS 4.3以降 *動作要件外OSは旧バージョンのみ対応
種別Virtual globe
ライセンスプロプライエタリ
公式サイトwww.google.co.jp/earth/
テンプレートを表示

Google Earth(グーグルアース)は、Googleインターネットを前提として開発したバーチャル地球儀システムである。クライアント・ソフトウェアは2005年6月28日から無料配布が開始された。


目次

1 動作

2 特徴

3 概要

4 バージョン履歴

5 操作と表示

6 Chrome向けwebアプリ[2]

7 Fly to機能

8 地点の保存と公開

9 三次元モデル作成ツール

10 動作要件

10.1 Windows版

10.2 Macintosh版

10.3 Linux版

10.4 Google Earth プラグイン

10.4.1 動作要件


10.5 iPhone版

10.6 Android版


11 Google Earth Plus

12 Google Earth Pro

13 問題点

14 テレビ番組での使用例

15 脚注

16 参考文献

17 関連項目

18 外部リンク


動作

世界中の衛星写真を、まるで地球儀を回しているかのように閲覧することができる。同様のソフトで、先行していたアメリカ航空宇宙局NASA World Wind とほぼ同様の動作をする。当初は、Windows 2000Windows XP のみで動作したが、2006年1月10日に Mac OS X に対応したバージョンが公開された。Google Earth 4 ベータ版 (Ver.4.0.2080) より正式に日本語に対応している。

2008年10月27日、iPhoneiPod touch などの iOS に対応した Google Earth for iPhone を公開した。2010年2月22日には同社が提供する Android OS のバージョン2.1以上に対応したバージョンを公開した。
特徴

設定や地域によるが、大抵の山が
ポリゴンになっており、画面を傾けると立体的な表示となる。Google Earth 5 からは、海中を立体的に表示することも可能になっている。

カーソル地点の標高がすぐに表示される。

Google Earth 4 ベータ版になり、世界の主要都市に加え、日本国内の主要都市も3Dビルディングにより再現できる。また、Google SketchUp により自分で作成した3Dを表示することもできる。

星座などが表示できるSky機能。

月や火星の探査。

ゲームパッドまたはキーボードマウスで操作できるフライトシミュレータモードを内蔵(F-16SR-22 の2機種を操縦できる)。「CTRL+ALT+A」または「ツール→フライトシミュレータ」で起動。フライトシミュレータはイースター・エッグではなく、仕様として実装されている(#外部リンク参照)。

概要

多くの人々に誤解されているが、このバーチャル地球儀システムのアイデア自体はGoogleが生み出したものではなく、メディアアート作品の制作会社であるART+COMが、1994年に商業目的でTerravisionとしてアイデアを考案・システムを開発し、特許まで取得していたものである。1994年に、ART+COMで、ATMによる専用回線と当時世界最高の性能を叩き出していたCGワークステーションであるSGI Onyxを用いてTerravisionの開発を行っていたエンジニアがGoogleに移籍し、インターネットパソコンを用いてGoogle Earthの開発を開始した経緯がある。この際に、GoogleがART+COMに対して特許料を支払わずに勝手に商業展開を行ったため、ART+COMからTerravisionに関する特許権侵害による訴訟を起こされてしまっている[1]。従って、一般人の間でも広く活用されているシステムとなったが、特許権に関する深刻な問題を抱えたまま開発・運用が継続されている。

Google Earth は、地域により異なるが基本的には地球全域はEarthsat社の衛星写真を用いている。北米の一部では、パブリック・ドメインな衛星写真(例:NIMA (National Imagery and Mapping Agency)、ニュージャージー州など)を用い、その他の領域においては衛星写真販売各社(DigitalGlobe、Bluesky など)の衛星写真を用いている。ごく一部の地域ではチャーター機による航空写真を用いている。

先行してベータ版として公開されていた Google マップ自体は、Keyhole社を買収して開始されたサービスである。このため、Google Earth から直接アクセスできる Google Earth BBS も、 ⇒Keyhole.comドメインとなっている。当初は Google マップと同じだった地点の画像も、Google Earth では細かく見えるよう、画像が差し替えられている部分がある。

2005年にニューオリンズ近辺で発生したハリケーン・カトリーナ被害のため、該当地域を閲覧するためのサーバが特別に用意され、起動時にどのサーバを閲覧するかを選択できるようになっている。

地球全土の解像度や色彩は、一様ではなく、画像が撮影された時期もまちまちである。

標準的な解像度は 15m であるが、大都市や興味深い施設などでは、解像度 1m の高解像度画像が使われている。極めて限られた地域では、解像度 60cm, 30cm, 15cm の画像が使われており(例:マサチューセッツ州ケンブリッジ "Cambridge, Ma.")、この場合は車の車種や、木々が落とす枝の影さえ判別できるほどである。なお、アメリカの治安機密に触れる場所については、モザイクが掛けられていることがある。

アメリカでは、Google Earth と連携したカーナビフォルクスワーゲンより2006年2月に発表された。

日本近辺では当初東京都横浜市などの大都市部が高解像度であった。台湾台北北朝鮮寧辺核施設近辺も高解像度であった。

2005年8月16日に、世界的に高解像度地域が増え、日本近辺では大阪市名古屋市札幌市神戸市広島市などの主要都市が次第に高解像度となった。

台湾の各都市、韓国ソウルその他の都市、北朝鮮の平壌中国上海が高解像度となった。世界の主要都市や核施設なども見ることが可能である。カトリーナパキスタン地震、日本では東日本大震災による津波の被害状況の衛星写真も確認することができる。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:58 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE