Document_Object_Model
[Wikipedia|▼Menu]

HTML

各種項目

HTMLHTML5

ダイナミックHTML

XHTML

XHTML Mobile ProfileC-HTML

文字符号化

Document Object Model

フォントファミリー

HTML エディター

HTML要素

canvas要素

video要素

HTMLフレーム

HTML5オーディオ

HTMLスクリプティング

HTMLレンダリングエンジン

互換モード

スタイルシート

HTMLのUnicode表記

W3CWHATWG

ウェブカラー

WebGL

WebCL

Webストレージ

比較

マークアップ言語

ウェブブラウザ

レンダリングエンジンの比較

HTML

HTML5

HTML5メディア

非標準HTML

XHTML













Document Object Model (DOM) は、HTML文書やXML文書を各種プログラムから利用するための仕組みである[1]WHATWGがLiving Standardとして定義している。

WHATWG以前はW3Cが仕様を策定しており、Level 1からLevel 4まで勧告している。

XMLを読み込むAPIであるSAXと異なり、XMLデータをツリー構造として扱う事ができる。ただし、通常の場合対象のXML文書を全て読み込んでからの扱いを前提とするため、動作速度が遅かったり、メモリーの使用量が大きくなるといった欠点もある。

W3Cでは仕様を定義しているのみで、特定のプログラム言語を対象としたものではない。

DOMの実装は各メーカーに委ねられており、DOMを実装したXMLパーサが各メーカーから提供されている。
目次

1 仕様

1.1 W3C勧告

1.1.1 Level 1

1.1.2 Level 2

1.1.3 Level 3

1.1.4 Level 4


1.2 WHATWG DOM Living Standard


2 参照

3 関連

4 外部リンク

仕様
W3C勧告

W3Cによって、Level 1からLevel 4まで勧告されており、XML文書を扱う「Core」、HTML文書を扱う「HTML」等のモジュールに分かれている。

また、正式な仕様ではないが、Level 1 以前からある各ブラウザの独自実装を DOM Level 0 と呼称する場合がある[2]
Level 1

Document Object Model (DOM) Level 1 Specification ( ⇒日本語訳)

XML 1.0を扱う基本的メソッド「Core」と、HTML 4.0xに関する「HTML」からなる。


Level 2

Document Object Model (DOM) Level 2 Core Specification

XML 1.0を扱う基本的メソッドと、名前空間に関する拡張


Document Object Model (DOM) Level 2 HTML Specification

HTML 4.0xに関する拡張と、XHTML 1.0のサポート


Document Object Model (DOM) Level 2 Views Specification

ビューに関する拡張


Document Object Model (DOM) Level 2 Style Specification

スタイルシートCSS及びCSS Level2)に関する拡張


Document Object Model (DOM) Level 2 Events Specification

イベントユーザインタフェースイベント、マウスイベント、DOMツリーの変化に伴うイベント、HTML 4.01のイベント)に関する拡張


Document Object Model (DOM) Level 2 Traversal and Range Specification

DOMツリーの横断と、DOMツリーの操作範囲に関する拡張


Level 3

Document Object Model (DOM) Level 3 Core Specification

XML 1.0を扱う基本的メソッドと、名前空間に関する拡張。


Document Object Model (DOM) Level 3 Load and Save Specification

DOMツリーの読み書き


Document Object Model (DOM) Level 3 Validation Specification

DOMツリーに含まれるスキーマ定義の編集


Level 4

DOM Level 4は、すでに活動を開始していたWHAWG DOM Living Standardの当時の版のスナップショットと言えるものである。

W3C DOM4


WHATWG DOM Living Standard

DOM Living Standard


DOM Standard (“DOM4”) 日本語訳


参照

[ヘルプ]
^ APIと言われることが多いが、一応APIではない。Document Object Model (DOM) Level 1 Specification


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:13 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE