Amazon.com
[Wikipedia|▼Menu]

この項目では、アメリカの通販サイトおよび事業者について説明しています。日本法人については「Amazon.co.jp」をご覧ください。

アマゾン・ドット・コム
Amazon.com, Inc.
種類公開会社
市場情報

NASDAQ AMZN

略称Amazon、アマゾン
本社所在地 アメリカ合衆国
ワシントン州シアトル
テリー・アベニュー・ノース410
設立1994年7月5日
(Cadabra.com)
業種小売業
事業内容WWW上仮想店舗の運営
代表者ジェフ・ベゾス
共同創業者CEO会長社長
資本金8,192 Million US$
(2012年12月31日時点)[1]
発行済株式総数4億7800万株
(2012年12月31日現在)[2]
売上高連結:61,093 Million US$
(2012年12月期)[3]
営業利益連結:676 Million US$
(2012年12月期)[4]
純利益連結:▲39 Million US$
(2012年12月期)[5]
総資産連結:32,555 Million US$
(2012年12月31日時点)[6]
従業員数連結:88,400人
(2012年12月31日時点)[7]
決算期12月末日[2]
主要株主ジェフ・ベゾス 19.1%
キャピタル・ワールド・インベスターズ 6.2%
(2013年2月22日現在)[2]
主要子会社NYサービシズ・インク 100%
アマゾン・サービシズLLC 100%
アマゾン・サービシズ・インターナショナル・インク 100%
アマゾン・イーユー・エス・エイ・アール・エル 100%
アマゾン・コーポレートLCC 100%
アマゾン・テクノロジーズ・インク 100%
アマゾン・デジタル・サービシズ・インク 100%
アマゾン・フルフィルメント・サービシズ・インク 100%
アマゾン・ヨーロッパ・ホールディング・テクノロジーズ・エスシーエス 100%
アマゾン・ウェブ・サービシズ・インク 100%
アマゾン・ドット・コム・インターナショナル・セールス・インク 100%
アマゾン・ドット・コムLLC 100%
アマゾン・ドット・コムNVインベストメント・ホールディングスLLC 100%
アマゾン・ドット・コムディーイーディーシーLLC 100%
ラブフィルムUKリミテッド 100%
(2012年12月31日現在)[2]
外部リンクwww.amazon.com(英語)
特記事項:1994年7月にワシントン州法人として設立、1997年6月にデラウェア州法人として再設立。2010年上期に本社移転。
テンプレートを表示

Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム)は、アメリカ合衆国ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイトWebサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.comInternet Movie Database (IMDb) などを保有している。一部の地域でネットスーパーAmazonフレッシュ)事業を展開している[8]

2014年現在、Amazon.comがアメリカ国外でサイトを運営している国はイギリス[9]フランス[10]ドイツ[11]カナダ[12]日本[13]中国[14]イタリア[15]スペイン[16]ブラジル[17]インド[18]メキシコ[19]オーストラリア[20]オランダ[21]の13国である。


目次

1 歴史

1.1 沿革


2 物流

2.1 物流拠点

2.2 航空便

2.3 管理


3 ビジネスモデル

3.1 経営上の特徴

3.2 ロゴ

3.3 納税


4 Amazonの特徴

4.1 レコメンデーション機能

4.2 ASIN

4.3 カスタマーレビュー

4.4 アフィリエイトサービス


5 プライバシーの問題

6 電子書籍

6.1 アマゾン・アップグレードサービス

6.2 電子インク端末

6.3 LCD端末


7 アマゾン・ウェブサービス

8 Amazon Appstore for Android

9 Amazon ビデオ

10 備考

11 脚注

12 関連項目

13 関連文献

14 外部リンク


歴史

WWW草創期の1994年7月にジェフ・ベゾスによってCadabra.com(カタブラ)としてワシントン州法人格を取得し、インターネット書店が開業される。cadabra はアブラカダブラから採られたが、ベンチャー計画を弁護士に電話で話した際に "cadaver?(死体?)" と聞き返されたため、世界で最大規模の流域面積を持つ南アメリカアマゾン川から Amazon.com とのちに改名された。

Amazon.com のサービスは1995年7月16日に開始され、1996年6月にデラウェア州で法人格を取得し、1997年5月はNASDAQで株式を公開した。

本社のあるシアトルボーイング企業城下町として知られていたが、2010年代には市内のオフィスの20%を占有し経済効果の累計が4兆円を超えるなど、アマゾンの企業城下町となりつつある[22]
沿革

1994年平成6年)7月、Amazon.com, Incの前身となる法人「Cadabra.com」を登記。

時期不明、Cadabra.comからAmazon.comに改名される。

1995年(平成7年)春、アマゾンのウェブサイトが完成し、βテストを開始。

1995年7月16日、アマゾンの正式サービスを開始。

1995年8月、Amazon.com, Incを設立。

1997年(平成9年)5月14日、NASDAQに上場を果たし、初値は1株18ドルをつける。

1998年(平成10年)5月、株価が一時105ドルに。

1998年6月、ミュージックストアを開設し音楽配信事業に参入。英国とドイツにてアマゾンのサービス開始。

1999年(平成11年)6月、ユーザーが累計1000万人に。

1999年9月、米特許商標庁でワンクリック(1-Click)特許が認められる。

1999年12月、バーンズ&ノーブルズの精算システム「エキスプレスレーン」をワンクリック特許の侵害で訴える。

1999年12月、ジェフ・ベゾス、タイム誌の「今年の人」になる。様々な企業に出資したり、買収したりして機能を追加。

2000年(平成12年)1月、1500人をレイオフ(解雇)。99年末から00年末にかけてアマゾンの株価は90%下落。最安値が一時15ドルとなる。

2000年9月、航空宇宙企業「ブルーオリジン」を設立、有人宇宙飛行を目的とした事業を開始。

2001年(平成13年)10月、アマゾンに立ち読み機能が追加される。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:135 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE