APG_III
ご協力下さい!!
■暇つぶし何某■

[Wikipedia|▼Menu]

この記事のほとんどまたは全てが唯一の出典にのみ基づいています。他の出典の追加も行い、記事の正確性・中立性・信頼性の向上にご協力ください。(2015年5月)

アムボレラ目スイレン目アウストロバイレヤ目センリョウ目カネラ目コショウ目クスノキ目モクレン目ショウブ目オモダカ目ヤマノイモ目タコノキ目ユリ目キジカクシ目ダシポゴン科ヤシ目イネ目ツユクサ目ショウガ目マツモ目キンポウゲ目アワブキ科ヤマモガシ目ツゲ目ヤマグルマ目グンネラ目ハマビシ目ニシキギ目キントラノオ目カタバミ目マメ目バラ目ウリ目ブナ目フウロソウ目フトモモ目クロッソソマ目ムクロジ目フエルテア目アブラナ目アオイ目ブドウ目ユキノシタ目ビワモドキ科ベルベリドプシス目ビャクダン目ナデシコ目ミズキ目ツツジ目ガリア目リンドウ目シソ目ナス目モチノキ目セリ目キク目マツムシソウ目
APG III

APG III は、APG体系の、2009年に公表された第3版である。


目次

1 変更点

2 注釈

3 被子植物 angiosperms

3.1 モクレン類 magnoliids

3.2 単子葉類 monocots

3.2.1 ツユクサ類 commelinids


3.3 おそらく真正双子葉類の姉妹群

3.4 真正双子葉類 eudicots

3.4.1 コア真正双子葉類 core eudicots

3.4.1.1 バラ類 rosids

3.4.1.1.1 マメ類 fabids(真正バラ類I eurosids I)

3.4.1.1.2 アオイ類 malvids(真正バラ類II eurosids II)


3.4.1.2 キク類 asterids

3.4.1.2.1 シソ類 lamiids(真正キク類I euasterids I)

3.4.1.2.2 キキョウ類 campanulids(真正キク類II euasterids II)




3.5 分類未確定


4 脚注

5 参考文献

6 外部リンク


変更点

従来の APG II(第2版、2003年)に比較すると、以下の点で変更がある。

所属不明とされていたの多くについて所属が確定された。

科の範囲として「広義または狭義のいずれを採用してもよい」とされていた群について、科の範囲が確定された(多くは広義、一部は狭義)。

一部は所属が変更された(例えば単子葉類でないことが判明したヒダテラ科など)。新たに設定された科・もある。一部の科については所属目不明確ため目を設定していない。
APG体系(APG)と古典的植物分類体系の比較については「APG体系」を参照
注釈

科レベルまで(所属不明の一部属を除く)記されている。一部の科は目レベルでの所属は不明として、目に入れていない。

*:新たな位置に置かれた科(他科から分割された科も含む)。

†:APG植物分類体系で新たに採用された目。

§:範囲が変更された科(分割または併合を含む)。

$:広い範囲で定義された科(APG II で§印表示されていた科で、カッコ[+ ]内に書かれていた科を含めた)。

$$:狭い範囲で定義された科(APG II で§印表示されていた科を分割し、カッコ[+ ]内に書かれていた科を独立させた)。なお、APG II に比較して範囲が変更された科で、科の
学名和名の対応が不適切となった場合がある。以下に記載した和名にはこれを考慮した仮称が含まれ、まだ確定的ではない。

被子植物 angiosperms

アムボレラ目 Amborellales


◇ピンチです!◇
◇暇つぶし何某◇

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:62 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE