2018年自由民主党総裁選挙
[Wikipedia|▼Menu]

2018年自由民主党総裁選挙(2018ねんじゆうみんしゅとうそうさいせんきょ)は、2018年9月7日に告示、9月20日に投開票が行われた自由民主党総裁選挙[1]
目次

1 概要

2 候補者

2.1 立候補者

2.2 立候補を断念した人物


3 党総裁選データ

3.1 日程

3.2 キャッチコピー

3.3 選挙票


4 選挙結果

5 脚注

5.1 注釈

5.2 出典


6 関連項目

7 外部リンク

概要

2015年自由民主党総裁選挙において選出された現職の安倍晋三の任期満了に伴い実施。1974年椎名裁定[注 1]の際に総裁連続3選を禁止する規定が導入されて以降[2]長らく継続されていたが、2017年に任期が「連続3期」に延長されたため、現職の安倍の立候補が可能となった[3]

前回無投票だったこともあり、安倍は異例である閣内からの出馬を容認した[注 2][4][5]。このため、前回出馬を断念した総務大臣野田聖子が出馬の意欲を示していたが[6]、推薦人を集められず立候補を断念し安倍の支持に回った[7]。また閣外からは、石破茂が出馬の意欲を示した[8]
候補者
立候補者

届出順[9]

安倍晋三 - 衆議院議員(9期)、現職[10]

石破茂 - 衆議院議員(11期)、水月会会長[11]

推薦人一覧候補者安倍晋三[12]石破茂[13]
推薦人代表橋本聖子尾辻秀久
選挙責任者甘利明古川禎久
推薦人石原宏高
衛藤征士郎
遠藤利明
大岡敏孝
坂本哲志
平沢勝栄
堀内詔子
宮腰光寛
渡辺博道
青山繁晴
有村治子
佐藤正久
高階恵美子
柘植芳文
塚田一郎
羽生田俊
三木亨
水落敏栄石井準一
松村祥史
青木一彦
島田三郎
舞立昇治
中西哲
村上誠一郎
中谷元
渡海紀三朗
橘慶一郎
伊藤達也
田村憲久
赤澤亮正
平将明
福山守
田所嘉徳
神山佐市
冨樫博之

立候補を断念した人物

野田聖子 - 衆議院議員(9期)、総務大臣第2021代)。

岸田文雄 - 衆議院議員(9期)、宏池会会長、自由民主党政務調査会長(第58代)[14]

党総裁選データ

自民党総裁選が9月7日に告示され、現職の安倍晋三首相と石破茂衆院議員が立候補。しかし、告示日の前日(9月6日)に北海道で発生した北海道胆振東部地震を受けて、告示日から3日間は選挙活動を自粛し、記者会見や討論会などが延期された[15]
日程

全て2018(平成30)年。(※)を付したものはニコニコ生放送にてネット中継された。[16][17]

9月7日 - 告示(候補者推薦届の受付)(※)

9月10日
候補者所見発表演説会(※)

候補者共同記者会見(※)


9月14日
公開討論会(日本記者クラブ主催)

公開討論会(青年局・女性局主催)(※)


9月15日
屋内演説会(選管主催、ANAクラウンプラザホテル京都

街頭演説会(選管主催、佐賀駅南口)


9月16日
屋内演説会(選管主催、サオリーナ

街頭演説会(選管主催、藤崎ファーストタワー館[注 3]


9月19日 - 党員投票締切

9月20日
議員投票の投開票・党員投票開票(※)

当選者記者会見(※)


キャッチコピー

日本を守る責任。時代を拓く覚悟。
選挙票

選挙人種別人数
衆議院議員283票(1人1票)
参議院議員122票(1人1票)
都道府県405票(各候補者の得票数を基に、党所属国会議員数と同数の票をドント方式により配分)
合計810票

選挙結果


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:29 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE