2018年米朝首脳会談
[Wikipedia|▼Menu]

このページ名「2018年米朝首脳会談」は暫定的なものです。
議論は
ノートを参照してください。(2018年5月)

2018年米朝首脳会談

開催国 シンガポール
日程2018年6月12日 (2018-06-12)
参加者 アメリカ合衆国大統領 ドナルド・トランプ
朝鮮民主主義人民共和国国務委員会委員長 金正恩

2018年米朝首脳会談(2018ねんべいちょうしゅのうかいだん)は、2018年6月12日にシンガポールで開催された、アメリカ合衆国(米国)と朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の両国トップによる首脳会談である。両国の首脳が直接顔を合わせるのは史上初のことである。


目次

1 経緯

2 開催まで

3 開催場所・日時

4 共同声明

5 日本政府の対応

6 脚注

7 外部リンク


経緯

2018年3月5日に、大韓民国大統領の文在寅から派遣された特別使節団団長として朝鮮民主主義人民共和国を訪問した、大韓民国国家安全保障室長の鄭義溶は、朝鮮民主主義人民共和国国務委員会委員長金正恩と会談した。その会談の席で、金正恩は鄭義溶に対して南北首脳会談を4月に開催することで合意した[1]

これを受けて鄭義溶はソウルへ戻った後、文に対して金正恩との会談結果を報告した後、文の特使としてアメリカ合衆国へ渡航してワシントンD.C.のホワイトハウスを訪問し、ドナルド・トランプアメリカ合衆国大統領に対して「金正恩委員長がアメリカ合衆国大統領と会談したい意向がある」と、金正恩からのメッセージを伝えた[2]。これに対してトランプは「金正恩からの要請に応じよう」と答え、アメリカ合衆国大統領として、朝鮮民主主義人民共和国最高指導者との会談に打って出ることを表明した[3]
開催までドナルド・トランプと金英哲

2018年5月、トランプは6月12日に予定していた米朝首脳会談を中止するとの書簡を金正恩に送り、発表した。トランプは北朝鮮当局者が同国を牽制する発言をしたペンス副大統領を「愚かで無知」と述べたコメントを引用し、怒りと敵意に満ちた中での会談は望ましくないとして中止するとの意向を示した[4]。ただしトランプは、依然として6月12日に行い得ると述べた[5]

2018年6月1日には、訪米中の朝鮮労働党副委員長の金英哲がトランプと会談し、会談終了後にトランプが予定通り、6月12日に米朝首脳会談を開催すると発表した[6]

2018年6月9日に、北朝鮮先遣団約100名が中国国際航空(AirChina:CA)60便A330-200型機(登録番号:B-6130)で到着した[7][8]

2018年6月10日に先行して金正恩専用特別車両輸送機[9]高麗航空(AirKoryo:JS)便名不明Il-76MD型機(登録番号:P-914[10])[要出典]が到着車両準備後[11]、金正恩[12]の乗った中国国際航空61便ボーイング747-400型機(登録番号:B-2447[13])、帯同機の高麗航空(政府専用機?)[要出典]便名不明Il-62M型機(登録番号:P-885[14])が到着した[15]。なお、会談後の13日も金正恩は中国機で平壌に帰国した[16]
開催場所・日時米朝首脳と政府幹部の会合

アメリカ合衆国及び朝鮮民主主義人民共和国の最高指導者による会談の開催地・日時については、2018年4月時点では未定で両国による水面下の調整が行われていたとされる[17]

トランプは、首脳会談開催地については「(南北首脳会談が開催された)板門店の大韓民国側施設『平和の家』でやれば素晴らしいものになる」としているが[18]、一方では「シンガポールを含め、複数の国も候補に挙げて検討している」と語った[18]

朝鮮民主主義人民共和国側からは開催地・日時に対する公式な反応は示されていないが、金正恩の専用機が旧式のソ連型であるため航続距離に難点があることから平壌から遠く離れた欧州での開催は難しいという認識があり、シンガポールと、モンゴルウランバートルを候補に挙げているとの情報があった[19]

そして、トランプは5月10日、金正恩との会談について「2018年6月12日にシンガポールにて開催する」ことを自らのTwitterにて発表した[20][21]

6月5日、米朝首脳会談の開催場所が、ホワイトハウスサンダース報道官によって発表された[22]。同氏は6月5日、ツイッターで、「トランプ大統領と金正恩委員長の会談場所は、セントーサ島のホテル『カペラ(英語版)』だ」と公表し、宿泊先はトランプはシャングリ・ラ・ホテル・シンガポール[23]、金正恩はセントレジス・シンガポールとなった[24]
共同声明アメリカ合衆国大統領ドナルド・トランプと朝鮮民主主義人民共和国の金正恩国務委員長は、史上初の首脳会談を2018年6月12日、シンガポールで開催した。

トランプ大統領と金正恩委員長は新たな米朝関係や朝鮮半島での恒久的で安定的な平和体制を構築するため、包括的かつ誠実な意見交換を行った。トランプ大統領は朝鮮民主主義人民共和国に安全の保証を与えると約束し、金正恩委員長は朝鮮半島の完全な非核化に向けた断固とした揺るぎない決意を確認した。

新たな米朝関係の構築は朝鮮半島と世界の平和と繁栄に寄与すると信じるとともに、相互の信頼醸成によって朝鮮半島の非核化を促進すると認識し、トランプ大統領と金正恩委員長は次のように宣言する。

(1)アメリカ合衆国と朝鮮民主主義人民共和国は、平和と繁栄を求める両国国民の希望に基づき、新たな米朝関係の構築に取り組む。

(2)アメリカ合衆国と朝鮮民主主義人民共和国は、朝鮮半島での恒久的で安定的な平和体制の構築に向け、協力する。

(3)2018年4月27日の「板門店宣言」を再確認し、朝鮮民主主義人民共和国は朝鮮半島の完全な非核化に向け取り組む。

(4)アメリカ合衆国と朝鮮民主主義人民共和国は、朝鮮戦争の捕虜・行方不明兵の遺骨回収、既に身元が判明している遺体の帰還に取り組む。

トランプ大統領と金正恩委員長は、史上初の米朝首脳会談が、両国の数十年にわたる緊張と敵対を乗り越える新たな未来を築く重要な出来事であったと認識し、この共同声明の内容を完全かつ迅速に履行することを約束した。

アメリカ合衆国と朝鮮民主主義人民共和国は、米朝首脳会談の成果を履行するため、ポンペオ国務長官と朝鮮民主主義人民共和国の高官の交渉を続けて可能な限り迅速に履行すると約束した。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:23 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE