2017年ドナルド・トランプ大統領就任式
◇ピンチです!◇
★暇つぶし何某★

[Wikipedia|▼Menu]

ドナルド・トランプ大統領就任式
2冊の聖書に手を置き、大統領宣誓をするドナルド・トランプ
関係者就任者第45代アメリカ合衆国大統領
 ドナルド・J・トランプ
宣誓挙行者アメリカ合衆国最高裁判所長官
 ジョン・G・ロバーツ
就任者第48代アメリカ合衆国副大統領
 マイク・R・ペンス
宣誓挙行者アメリカ合衆国最高裁判所陪席判事(英語版)
 クラレンス・トーマス
主催者アメリカ合衆国議会就任式典合同委員会(英語版)
場所ワシントンD.C.アメリカ合衆国議会議事堂
日付2017年1月20日
サイトwww.58pic2017.org

2017年ドナルド・トランプ大統領就任式(にせんじゅうしちねんドナルド・トランプだいとうりょうしゅうにんしき)は、2017年1月20日アメリカ東部時間)に挙行された、ドナルド・トランプの第45代アメリカ合衆国大統領就任、およびマイク・ペンスの第48代副大統領就任に際して、それぞれ就任宣誓を披露する式典である。公開式典はワシントンD.C.アメリカ合衆国議会議事堂の西側正面で行われた。


目次

1 概要

2 抗議活動

2.1 ボイコット

2.2 デモ活動


3 脚注

4 関連項目

5 外部リンク


概要

就任式のテーマは「アメリカ独特の」 (Uniquely American) で、「アメリカ独特の我々の立憲制度の表れ」(a uniquely American expression of our Constitutional system) とのフレーズで就任式典を目立たせる[1]。このテーマは、権力の平和的な移行(英語版)と、アメリカ人が「永続的な共和政体を背景として統合されている[訳語疑問点]」(united behind an enduring republic) ことも強調している[1]。就任式典に関連して、コンサート、宣誓就任式、昼食会とパレード、就任舞踏会、異宗教間の就任礼拝行事(英語版)等のイベントが、2017年1月17日から1月21日にかけてワシントンD.C.で開催される。

2017年1月20日の宣誓就任式でトランプに大統領就任の宣誓(en:Oath of office of the President of the United States)をさせるのは、アメリカ合衆国最高裁判所長官ジョン・ロバーツである。同様に、副大統領に就任するペンスに宣誓就任式で就任宣誓させるのは、アメリカ合衆国最高裁判所陪席判事(英語版)のクラレンス・トーマスである[2]。トランプは、バラク・オバマの大統領就任式で使われたものと同じリンカーン聖書(英語版)、およびトランプ個人が子供の頃に使った聖書に手を置いて宣誓した[3]
抗議活動
ボイコット

野党である民主党の議員のうち、ジョン・ルイス下院議員をはじめとする60人が就任式に出席しない意向を明らかにした[4]。 また、エルトン・ジョンセリーヌ・ディオンといった芸能人も大統領就任式への出演依頼を拒否した[4]
デモ活動「:en:2017 Women's March」も参照ワシントンDCでのデモプッシーハットをかぶった女性

アメリカ国内では、トランプの大統領就任に反対するデモが実施された。就任式当日のデモの参加者の一部が暴徒化した結果、ワシントンDCでは少なくとも217人の逮捕者が出た[5]


ご協力下さい!!
◇暇つぶし何某◇

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:21 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE