2017年の日本シリーズ
[Wikipedia|▼Menu]

テレビ番組内での各種情報は、信頼できる紙媒体またはウェブ媒体が紹介するまで、出典として用いないで下さい。Wikipedia:検証可能性に基づき除去される場合があります。

本記事を編集なさる場合、まずはPJ:BASE#NPBポストシーズンプロジェクト:野球をご一読ください。(2017年9月)

2017年の日本シリーズ

チーム勝数(引分数)
福岡ソフトバンクホークス(パ)4
横浜DeNAベイスターズ(セ)2

ゲームデータ
試合日程2017年10月28日 - 11月4日
最高殊勲選手デニス・サファテ
敢闘選手宮ア敏郎
チームデータ
福岡ソフトバンクホークス (パ)
監督工藤公康
シーズン成績94勝49敗0分
(シーズン1位/CS優勝)
横浜DeNAベイスターズ(セ)
監督アレックス・ラミレス
シーズン成績73勝65敗5分
(シーズン3位/CS優勝)
日本シリーズ

 < 20162018 > 

2017年の日本シリーズ(2017ねんのにっぽんシリーズ、2017ねんのにほんシリーズ)は、2017年(平成29年)10月28日から11月4日まで開催された横浜DeNAベイスターズ(以下、DeNA)と福岡ソフトバンクホークス(以下、ソフトバンク)による第68回日本選手権シリーズである。
目次

1 概要

1.1 試合日程

1.1.1 試合開始時刻


1.2 クライマックスシリーズからの勝ち上がり表


2 出場資格者

3 試合結果

3.1 第1戦

3.2 第2戦

3.3 第3戦

3.4 第4戦

3.5 第5戦

3.6 第6戦


4 表彰選手

5 記録

5.1 個人


6 テレビ・ラジオ放送およびネット配信

6.1 テレビ放送

6.1.1 今大会の視聴率


6.2 ラジオ放送

6.3 ネット配信


7 脚注

8 出典

9 関連項目

10 外部リンク

概要

2014年から4年連続で、NPBパートナーの三井住友銀行(SMBC)を冠スポンサーに迎え『SMBC日本シリーズ2017』として開催される[1]

ソフトバンクは2015年以来2年ぶりとなる日本シリーズ出場、一方のDeNAは2010年千葉ロッテマリーンズ以来2球団目、セ・リーグでは初めてリーグ3位からクライマックスシリーズを勝ち上がり、1998年以来19年ぶりとなる日本シリーズ出場を決めた。リーグ優勝チームではない球団の日本シリーズ出場は、2014年阪神タイガース同年のセ・リーグクライマックスシリーズ優勝・レギュラーシーズンはリーグ2位)以来3年ぶり。また、ソフトバンクとDeNAの組み合わせは日本シリーズでは初めて(ソフトバンクの前身の南海・ダイエー時代、DeNAの前身の大洋・横浜時代にもない)。これにより、2015年以来日本シリーズは初対戦の組み合わせが史上最長の3年連続となった(翌2018年に4年連続に記録更新)。パ・リーグによる日本シリーズ5連覇も、これが初となった。(4連覇は過去に3回ある)なお、ソフトバンクの工藤公康監督と内川聖一主将は、いずれもDeNA前身の横浜に選手として在籍経験があり、工藤は横浜の監督就任の話があり[2]、内川はベイスターズからFAでソフトバンクに移籍してきた[3]という経緯がある(詳細は工藤公康内川聖一参照)。

2018年から延長戦が12回までに短縮されたことにより、延長15回制限はこの年が最後となった。

出場する両チームの親会社が、IT企業同士の組み合わせは史上初である。
試合日程

SMBC日本シリーズ2017日付試合ビジター球団(先攻)スコアホーム球団(後攻)開催球場
10月28日(土)第1戦横浜DeNAベイスターズ1 - 10福岡ソフトバンクホークス福岡 ヤフオク!ドーム
10月29日(日)第2戦横浜DeNAベイスターズ3 - 4福岡ソフトバンクホークス
10月30日(月)移動日
10月31日(火)第3戦福岡ソフトバンクホークス3 - 2横浜DeNAベイスターズ横浜スタジアム
11月1日(水)第4戦福岡ソフトバンクホークス0 - 6横浜DeNAベイスターズ
11月2日(木)第5戦福岡ソフトバンクホークス4 - 5横浜DeNAベイスターズ
11月3日(金)移動日
11月4日(土)第6戦横浜DeNAベイスターズ3 - 4x福岡ソフトバンクホークス福岡 ヤフオク!ドーム
優勝:福岡ソフトバンクホークス (2年ぶり8回目)
※いずれかのチームが4勝先取した時点で、日本シリーズは終了とする。※第5戦以前に中止試合が発生した場合、第5戦と第6戦の間の移動日は設けない(ただし「広島東洋カープ対東北楽天ゴールデンイーグルス」の組み合わせになった場合には、中止試合が発生した場合でも第5戦と第6戦の間の移動日は設けることとなっていた)[4]。※パ・リーグのホームゲーム(第1・2・6戦)では指名打者制を採用(行われるはずだった第7戦でも)。また、監督会議にてソフトバンク・工藤公康監督が予告先発の採用を提案したが、DeNA・アレックス・ラミレス監督が拒否したため、予告先発は行わない[5]。※試合中に全国瞬時警報システム(Jアラート)が発信された場合は、安全確認が取れるまで試合中断となる。なお、プレー進行中の場合はプレー終了後中断となる[6]。また横浜スタジアム開催試合では、同球場が2020年東京オリンピックの会場に選ばれた事と、アメリカ合衆国大統領ドナルド・トランプの訪日(11月5日から7日まで)に伴う首都圏警備強化により、神奈川県警察テロ対策として球場周辺に機動隊を配置するなど、厳戒態勢が敷かれた[7]


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:81 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE