2016年トルコクーデター未遂事件
[Wikipedia|▼Menu]

2016年トルコクーデター未遂事件
アンカライスタンブールマルマリス2016年トルコクーデター未遂事件 (トルコ)

時2016年7月15-16日
場所

アンカラ

イスタンブール

マルマリス[1]

現況クーデター失敗

衝突した勢力
祖国平和協議会(英語版)

トルコ

トルコ軍

指揮官


レジェップ・タイイップ・エルドアン大統領

ビナリ・ユルドゥルム(英語版)(首相

被害者数
100人を超える死者[2]
死者290人、負傷者は1400人[2]

2016年トルコクーデター未遂事件(2016ねんトルコクーデターみすいじけん)は、2016年7月15日トルコで同国軍の一部が画策し失敗に終わった政変である。民間人を含め、死者は290人に及んだ。


目次

1 背景

2 推移

3 クーデター失敗後

3.1 エルドアンの盟友の死

3.2 死刑制度の復活

3.3 反乱勢力への処罰


4 クーデター失敗の理由

5 SNSの活躍

6 余波

7 出典

8 関連項目


背景

2003年に首相に就任し、11年務めた後2014年に大統領に就任したレジェップ・タイイップ・エルドアンは好調な経済を背景に支持率を高める一方、独裁的な傾向を強め、トルコのイスラム化政策を推し進めた。これに対して、世俗派の守護者を自負するトルコ軍は政教分離を重視していたため、軍との関係は良くなかった[3]

2016年5月5日には憲法改正による大統領権限の強化を目指すエルドアンと対立してきた首相(公正発展党党首)のアフメト・ダウトオールが辞任を表明するなど、エルドアンによる強権体制の強化が懸念された[4][5]
推移レジェップ・タイイップ・エルドアン大統領

2016年7月15日夜、トルコ軍の一部反乱勢力がイスタンブールのボスポラス海峡に架かるボスポラス大橋ファーティフ・スルタン・メフメト橋を部分的に封鎖し、首都アンカラ上空では軍用機で低空飛行を行った[6]ほか、イスタンブールやアンカラの路上には兵士が展開した[7]。15日は金曜日であったためイスタンブールは多くの人々でにぎわっていたが、クーデター発生により人々は家路を急ぎ、町から人の姿は消えた[6]。またイスタンブールにあるアタチュルク国際空港の周辺には戦車が展開され、同空港に到着予定だった航空便はキャンセルされた[6]

また、作戦初期の段階で参謀総長のフルシ・アカル(英語版)がアキンジ空軍基地で反乱勢力に身柄を拘束され、人質となった[3][8]

事件当日、エルドアンは休暇のため、リゾート地マルマリスに滞在していた。反乱勢力の首謀者はこのタイミングを利用してエルドアンを攻撃することを決定し、反乱勢力のエリート部隊25人が3機のヘリコプターに分乗し、エルドアンの滞在するホテルに乗り込んだが、到着の数分前に大統領特別治安部隊はエルドアンを密かにホテルから退避させていた[1][9]。その直後にホテルは爆破され[10]、間一髪で難を逃れたエルドアンは治安部隊によって近くにある別のホテルに匿われ、安全を確保することとなった[1]。マルマリスでは反乱勢力と大統領側の治安部隊、地元警官隊との間で銃撃戦が発生し、反乱勢力はエルドアンの身柄を拘束することなく退散する[1]。エルドアン自身への攻撃はなされなかったものの、エルドアンの主席秘書官は拉致された[10]。この後、エルドアンはビジネスジェット機でイスタンブールに向かうため午後10時40分頃にマルマリスから車で約1時間15分程度の場所にあるダラマン空港(英語版)を出発するが、最中に反乱勢力のF16戦闘機2機に追いかけられ、何度も飛行の邪魔をされたものの、反乱勢力のパイロットはなぜか最後までミサイルを発射することはなかった[3]

首相のビナリ・ユルドゥルム(英語版)は民放テレビ局NTVテレビ(英語版)の電話インタビューにて、軍の一部により何らかの企てが行われた可能性について調査していると発言、これは政治権力を強奪する違法行為であり、試みた者は大きな代償を支払うことになるとし、これをクーデターと呼ぶのは適当でないともした[6]7月15日、クーデターに抗議する市民

その後、祖国平和協議会(英語版)を名乗る反乱勢力がテレビや電子メールを通じ、権力を掌握したと発表。自らをトルコ正規軍より上に立つ存在であると主張した[11]。クーデターはトルコにおいて憲法による秩序や民主主義、人権、自由といった価値観を保証し、回復させ、最高法規をトルコ全土にまで行き渡らせ、崩壊した秩序を回復させるために実行したとしたほか、トルコがこれまでに締結した全ての国際的な合意や責任は引き続き有効であり、全世界の国家との友好関係が保たれることを希望するとした[6]

祖国平和協議会はTRTに押しかけ、放送中の天気予報を中断させ[12]、職員を後ろ手に縛り質問を禁じた後、数人を残して密室へと連行し、残ったアンカーウーマンであるティジェン・カラシュを銃で脅しながら声明文を読むよう強制した[11]


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:56 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE