2016年トルコクーデター未遂事件
◇ピンチです!◇
◇暇つぶし何某◇

[Wikipedia|▼Menu]

2016年トルコクーデター未遂事件
アンカライスタンブールマルマリス2016年トルコクーデター未遂事件 (トルコ)

時2016年7月15-16日
場所

アンカラ

イスタンブール

マルマリス[1]

現況クーデター失敗

衝突した勢力
祖国平和協議会(英語版)

トルコ

トルコ軍

指揮官


レジェップ・タイイップ・エルドアン

ビナリ・ユルドゥルム(英語版)

被害者数
100人を超える死者[2]
死者290人、負傷者は1400人[2]

2016年トルコクーデター未遂事件(2016ねんトルコクーデターみすいじけん)は、2016年7月15日トルコで同国軍の一部が画策し失敗に終わった政変である。民間人を含め、死者は290人に及んだ。


目次

1 背景

2 推移

3 クーデター失敗後

3.1 エルドアンの盟友の死

3.2 死刑制度の復活

3.3 反乱勢力への処罰


4 クーデター失敗の理由

5 SNSの活躍

6 余波

7 出典

8 関連項目


背景

2003年に首相に就任し、11年務めた後2014年に大統領に就任したレジェップ・タイイップ・エルドアンは好調な経済を背景に支持率を高める一方、独裁的な傾向を強め、トルコのイスラム化政策を推し進めた。これに対して、世俗派の守護者を自負するトルコ軍は政教分離を重視していたため、軍との関係は良くなかった[3]

2016年5月5日には憲法改正による大統領権限の強化を目指すエルドアンと対立してきた首相のアフメト・ダウトオールが辞任を表明するなど、エルドアンによる強権体制の強化が懸念された[4][5]
推移レジェップ・タイイップ・エルドアン

2016年7月15日夜、トルコ軍の一部反乱勢力がイスタンブールのボスポラス海峡に架かるボスポラス大橋ファーティフ・スルタン・メフメト橋を部分的に封鎖し、首都アンカラ上空では軍用機で低空飛行を行った[6]ほか、イスタンブールやアンカラの路上には兵士が展開した[7]。15日は金曜日であったためイスタンブールは多くの人々でにぎわっていたが、クーデター発生により人々は家路を急ぎ、町から人の姿は消えた[6]。またイスタンブールにあるアタチュルク国際空港の周辺には戦車が展開され、同空港に到着予定だった航空便はキャンセルされた[6]

また、作戦初期の段階で参謀総長のフルシ・アカル(英語版)がアキンジ空軍基地で反乱勢力に身柄を拘束され、人質となった[3][8]

事件当日、エルドアンは休暇のため、リゾート地マルマリスに滞在していた。


ご協力下さい!!
◇暇つぶし何某◇

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:56 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE