2001年のNFL
[Wikipedia|▼Menu]

2001年のNFL
レギュラーシーズン
日程2001年9月9日 - 2002年1月7日
プレイオフ
開幕日2002年1月12日
AFC優勝ニューイングランド・ペイトリオッツ
NFC優勝セントルイス・ラムズ
第36回スーパーボウル
開催日2002年2月3日
開催都市ルイジアナ州ニューオーリンズ
スタジアムルイジアナ・スーパードーム
チャンピオンニューイングランド・ペイトリオッツ
プロボウル
開催日2002年2月9日
開催都市ハワイ州ホノルル
スタジアムアロハ・スタジアム
サラリーキャップ
6,740万5000ドル(約81億円)[1]
NFLシーズン

 < 20002002 > 

2001年のNFLは2001年9月9日NFL82回目のレギュラーシーズンが開幕し、2002年2月3日ルイジアナ州ニューオーリンズで開催された第36回スーパーボウルを経て、2月9日ハワイ州ホノルルでプロボウルが開催されてシーズンが終了した。

翌年から1チーム拡張し、32チームによる2カンファレンス各4地区の8地区制に移行したため、1970年シーズンより続いた6地区制でレギュラーシーズンを行った最後の年である。


目次

1 主なルール変更

2 アメリカ同時多発テロ事件の影響

3 日程

3.1 レギュラーシーズン


4 レギュラーシーズン順位表

5 プレイオフ

5.1 トーナメント表


6 受賞者

7 脚注


主なルール変更

ファンブルリカバーの際、リカバーした選手が故意でなく移動した場合、移動後の地点ではなく、ボールをリカバーした地点からの攻撃再開が認められるようになった。これはファンブルをリカバーした際にボールを拾った勢いで自陣のエンドゾーンに入り、セイフティとなった事例が2000年シーズンのファルコンズ対パンサーズ、レイダーズ対シーホークスの2試合で生じたためである。

侮辱行為の反則をより厳格に適用するようになった。

ラフィング・ザ・パサーの反則をより厳格に適用するようになった。

アメリカ同時多発テロ事件の影響

9月11日に起きたアメリカ同時多発テロ事件の影響で、9月16日、17日に予定されていた第2週の試合は、翌年1月6日、7日に延期された。この結果、第36回スーパーボウルを始めとするすべてのプレーオフ、プロボウルは1週間延期された。第2週のESPNサンデーナイトフットボールは、クリーブランド・ブラウンズピッツバーグ・スティーラーズだったが、フィラデルフィア・イーグルスタンパベイ・バッカニアーズに変更された。
日程
レギュラーシーズン

日程は前年の成績に基づいて決定され、各チーム16試合を行った。

AFC西地区、AFC東地区、NFC


同地区(ホーム&アウェイ、8試合)

カンファレンス内他地区(前年同順位+2試合、4試合)

他カンファレンスの1地区の内の4チーム(4試合)


AFC中地区


同地区(ホーム&アウェイ、計10試合)

カンファレンス内他地区(前年1位、2位:2試合、前年3位以下:3試合)


前年1位、2位:前年同順位2チーム

前年3位?5位:前年同順位2チーム+1試合

前年6位:カンファレンス内他地区3チーム


他カンファレンス(前年1位、2位:4試合、前年3位以下:3試合)

2001年の対戦ルールは以下のようである。

   AFC他地区
東1位 vs. 西2位+西4位
東2位 vs. 西1位+東3位
東3位 vs. 西1位+中5位
東4位 vs. 西5位+中3位
東5位 vs. 西2位+中6位
西1位 vs. 東2位+東3位
西2位 vs. 東1位+東5位
西3位 vs. 東2位+中4位
西4位 vs. 東1位+中6位
西5位 vs. 東4位+中6位

   NFC他地区
東1位 vs. 中2位+西3位
東2位 vs. 中4位+西1位
東3位 vs. 中1位+西5位
東4位 vs. 中5位+西2位
東5位 vs. 中3位+西4位
西1位 vs. 中3位+東2位
西2位 vs. 中1位+東4位
西3位 vs. 中5位+東1位
西4位 vs. 中2位+東5位
西5位 vs. 中4位+東3位

   カンファレンス外
AFC東地区 vs. NFC西地区
AFC中地区 vs. NFC中地区
AFC西地区 vs. NFC東地区

(例)前年王者レイブンズの対戦相手AFCNFC
前年西地区中地区東地区西地区中地区東地区
1位レイダーズタイタンズドルフィンズセインツバイキングスジャイアンツ
2位ブロンコスレイブンズコルツラムズバッカニアーズイーグルス
3位チーフススティーラーズジェッツパンサーズパッカーズレッドスキンズ
4位シーホークスジャガーズビルズ49ERSライオンズカウボーイズ
5位チャージャーズベンガルズペイトリオッツファルコンズベアーズカージナルス
6位ブラウンズ

    :1度対戦、    :2度対戦
レギュラーシーズン順位表

背景色が緑のチームはプレイオフ進出チーム

括弧内はプレイオフシード順

AFC東地区
チーム勝敗勝率得点失点
(2) ニューイングランド・ペイトリオッツ115.688371272
(4) マイアミ・ドルフィンズ115.688344290
(6) ニューヨーク・ジェッツ106.625308295
インディアナポリス・コルツ610.375413486
バッファロー・ビルズ313.188265420
AFC中地区
チーム勝敗勝率得点失点
(1) ピッツバーグ・スティーラーズ133.813352212
(5) ボルチモア・レイブンズ106.625303265
クリーブランド・ブラウンズ79.438285319
テネシー・タイタンズ79.438336388
ジャクソンビル・ジャガーズ610.375294286
シンシナティ・ベンガルズ610.375226309
AFC西地区
チーム勝敗勝率得点失点
(3) オークランド・レイダーズ106.625399327
シアトル・シーホークス97.563301324
デンバー・ブロンコス88.500340339
カンザスシティ・チーフス610.375320344
サンディエゴ・チャージャーズ511.313332321

NFC東地区
チーム勝敗勝率得点失点
(3) フィラデルフィア・イーグルス115.688343208
ワシントン・レッドスキンズ88.500256303
ニューヨーク・ジャイアンツ79.438294321
アリゾナ・カージナルス79.438295343
ダラス・カウボーイズ511.313246338
NFC中地区
チーム勝敗勝率得点失点


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:50 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE