1992年アメリカ合衆国大統領選挙
◇ピンチです!◇
◇暇つぶし何某◇

[Wikipedia|▼Menu]

1992年アメリカ合衆国大統領選挙
United States presidential election, 1992

1988年 ←
1992年11月3日
→ 1996年



投票率55.2%[1] 5.0%
 
候補者ビル・クリントンジョージ・H・W・ブッシュロス・ペロー
政党民主党共和党無所属
州籍アーカンソー州テキサス州テキサス州
副大統領候補者
アル・ゴア
ダン・クエール
ジェームズ・ストックデール
獲得選挙人3701680
勝利州数32 + DC180
得票数44,909,80639,104,55019,743,821
得票率43.0%37.5%18.9%


州別獲得選挙人分布図
     クリントン      ブッシュ

選挙前大統領

ジョージ・H・W・ブッシュ
共和党選出大統領

ビル・クリントン
民主党

1992年アメリカ合衆国大統領選挙(1992ねんアメリカがっしゅうこくだいとうりょうせんきょ、英語: United States presidential election, 1992)は、1992年11月3日に行われたアメリカ合衆国大統領選挙。民主党のビル・クリントンが現職で共和党の ジョージ・H・W・ブッシュを下して当選した。また、この選挙では、ロス・ペローが、第三の候補として一時世論調査でトップに立つなど他の候補を大きくリードし、民主党・共和党によるアメリカ二大政党制が崩壊するのではないかとまで言われた。ところが、選挙戦に入り突如不出馬を表明、後に撤回するなど対応の不味さから大きく失速することになった。

2014年現在、アメリカの大統領選挙で現職大統領が出馬しながら敗れたのは、この選挙が最後である。また、この選挙以降同一政党の大統領が2人連続して当選することはなくなっている。


目次

1 概説

2 候補者

2.1 二大政党

2.1.1 共和党

2.1.1.1 指名候補

2.1.1.2 予備選挙における主要候補


2.1.2 民主党

2.1.2.1 指名候補

2.1.2.2 予備選挙における主要候補




3 予備選挙

4 結果

4.1 州ごとの結果

4.2 接戦だった州


5 脚注

6 関連項目

7 外部リンク


概説

冷戦終結により、軍事費用が減少しアメリカの景気低迷が回復するだろう、との国民の期待は裏切られた。経済は遅々として回復せず、アメリカは間違った方向に進んでいるのではないかという国民のもどかしさが鬱積していたのが選挙時の状況である。政府の累積債務の増大は、間接的に経常収支の悪化をもたらし、米国経済の対外的な不均衡を助長した。ロス暴動の要因である大都市問題、貧富の差の拡大、高騰する医療費及び社会保障費、教育の荒廃、犯罪問題、中絶問題、環境問題など国民生活に直結する問題が山積しており経済のみならずアメリカ全体の将来に対する国民の危機感が非常に強く、アメリカンドリームが揺らぎだしていたのが実情であった。


◇ピンチです!◇
◇暇つぶし何某◇

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:40 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE