110メートルハードル
[Wikipedia|▼Menu]

110メートルハードル(英語: 110 metres hurdles)は、陸上競技障害走の一種で、10台のハードルを跳び越えながら110メートルを走るタイムを競う競技。主に男子の競技であり、女子では100メートルハードルが行われる。略してトッパ(ー)とも呼ばれる。
目次

1 概要

2 男子・世界歴代10傑

3 男子・エリア記録

4 男子・ジュニア世界歴代10傑

5 男子・アジア歴代10傑

6 男子・日本歴代10傑

6.1 男子・日本歴代パフォーマンス10


7 男子・学生歴代10傑

8 男子・日本ジュニア歴代10傑

9 男子・高校歴代10傑

9.1 男子・学年別歴代記録


10 男子・中学歴代10傑

10.1 男子・学年別歴代記録


11 関連項目

概要

最初のハードルまでの距離13.72メートル。(45
ft)

ハードル間の距離9.14メートル。(30ft) -「インターバル」と呼ばれる。

最後のハードルからゴールまでの距離14.02メートル。(46ft) 


ハードルの高さ

区分表記高さフィート(実寸)
一般110mH106.7cm3.5(106.68cm)
少年B110mJH99.0cm3.25(99.06cm)
中学110mYH91.4cm3(91.44cm)

一般に99.1cmの高さのハードルをジュニアハードルと言い、日本では主に少年B(中学3年生と高校1年生)が対象で、国体ジュニアオリンピック等で採用されている。世界ジュニア選手権でも、2006年から採用されている。なお、99.06cmを切り下げて99.0と表記されることもある。また、91.4cmのハードルをミドルハードルと言うこともある(2008年から表記は110mMH→110mYHに変更)。ミドルハードルは男子400メートルハードルで用いられる高さである。

なお、ハードルの高さ・長さが、それぞれ半端な数字になるのは、もともとイギリスの一般的な単位であるインチフィートヤードからきているからである。もともと、ハードルの高さは、3.5フィート(3フィート6インチ)であり、それをもとに現在のジュニアハードルの高さは3.25フィート(3フィート3インチ)、ミドルハードルは3フィートになった。

また、110mHのスタートから1台目のハードルの長さである13.72mは15ヤード(45フィート)、インターバルの9.14mは10ヤード(30フィート)が元になっている。110mHが110mというほかの競技と違いきりのいい数字ではない理由も、120ヤードがもとであり、その後メートル法になる際、120ヤードは109.7mと110mにほぼ同じなので、110mHとなったからである。

インターバルの歩数は一般的に「3歩」と表現されるが、これは振り上げた前足がハードルを超えて着地するのを「0歩目」と換算していることによる。それに対して後からハードルを越えてきた反対の足が1歩目および3歩目を担当し、3歩目がそのまま次のハードルの踏み切り足となるので、常に同じ足で踏み切っている状態が3歩と表現されている。スタートから1台目までの歩数は長らく8歩が主流であったが、選手の体格や加速力向上の影響から8歩では距離が詰まってしまう選手も増えており、近年では7歩に短縮を図った選手の台頭も目立つ。
男子・世界歴代10傑

タイム風速名前所属場所日付
112秒80+0.3
アリエス・メリット アメリカ合衆国ブリュッセル2012年9月7日
212秒87+0.9ダイロン・ロブレス キューバオストラヴァ2008年6月12日
312秒88+1.1劉翔 中国ローザンヌ2006年7月11日
412秒89+0.5デビッド・オリバー アメリカ合衆国サン=ドニ2010年7月16日
512秒90+1.1ドミニク・アーノルド アメリカ合衆国ローザンヌ2006年7月11日
12秒90+0.7オマール・マクレオド ジャマイカキングストン2017年6月24日
712秒91+0.5コリン・ジャクソン イギリスシュトゥットガルト1993年8月20日
812秒92-0.1ロジャー・キングダム アメリカ合衆国チューリッヒ1989年8月16日
12秒92+0.9アレン・ジョンソン アメリカ合衆国アトランタ1996年6月23日
+0.2ブリュッセル1996年8月23日
12秒92+0.6セルゲイ・シュベンコフ ロシアセーケシュフェヘールヴァール2018年7月2日

男子・エリア記録

エリアタイム風速名前所属場所日付
アフリカ13秒11+1.8アントニオ・アルカナ 南アフリカ共和国プラハ2017年6月5日
アジア12秒88+1.1劉翔 中国ローザンヌ2006年7月11日
ヨーロッパ12秒91+0.5コリン・ジャクソン イギリスシュトゥットガルト1993年8月20日
北アメリカ12秒80+0.3アリエス・メリット アメリカ合衆国ブリュッセル2012年9月7日
南アメリカ13秒23+0.5Gabriel Constantino ブラジルモントルイユ2018年6月19日
オセアニア13秒29+0.6カイル・バンダー=カイプ オーストラリアヨーテボリ1995年8月11日

男子・ジュニア世界歴代10傑

タイム風速名前所属場所日付
113秒12+1.6
劉翔 中国ローザンヌ2002年7月2日


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:56 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE