1等海佐
[Wikipedia|▼Menu]

この項目では、軍隊の階級の一つである大佐について説明しています。岡山県新見市の大佐(おおさ)地区については「大佐町」をご覧ください。

この記事は検証可能参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2013年5月)

大佐(たいさ、だいさ)とは、軍隊の階級のひとつ。

 軍隊の階級
 大元帥元帥
将官上級大将大将中将少将准将
佐官代将上級大佐・大佐・中佐少佐
尉官上級大尉大尉中尉少尉
准士官准尉(兵曹長)
下士官上級曹長(上級上等兵曹)曹長上等兵曹
軍曹一等兵曹)・伍長二等兵曹
兵長水兵長)・上等兵上等水兵
一等兵一等水兵)・二等兵二等水兵



目次

1 概要

2 名称

2.1 カーネルとキャプテン

2.1.1 「Oberst」と「Полковник」


2.2 非軍人の大佐

2.3 律令制における大佐


3 沿革

3.1 日本

3.1.1 旧日本軍

3.1.2 自衛隊



4 各国の呼称

4.1 ヨーロッパ

4.1.1 「Colonel」系

4.1.2 「Oberst」系

4.1.3 「Polkovnik」系

4.1.4 その他


4.2 中東・カフカース・中央アジア

4.3 オセアニア

4.4 南北アメリカ


5 参考文献

6 脚注

7 関連項目

概要

軍階級上では佐官に区分され、少将または准将の下、中佐の上に位置する。北大西洋条約機構の階級符号では、OF-5に相当する。陸軍におけるカーネル (Colonel)、海軍におけるキャプテン (Captain) の和訳語。なお、中国においては上校、大韓民国では大領と訳されている。スイス軍では大佐が平時における最高位とされ、准将 - 中将に相当するBrigadier、Divisionar、Korpskommandantはあくまでも大佐の職位である。

陸軍では主に連隊長等を務める。

海軍では主に戦艦航空母艦巡洋艦等の比較的大型の軍艦艦長或いは隊(駆逐隊、潜水隊等)司令等を務める。

空軍では主に司令等を務める。

名称
カーネルとキャプテン

Colonelの呼称については、16世紀のスペインまたはイタリアでの縦隊(colonna / columena)に由来し、その長はカピタン(Capitan)が務めていた。後に、「中隊長(陸軍)大尉、カピタン / キャプテン」との混同を避けるため「縦隊」の部分が残ったと推測される[1]。Colonelはラテン語のcolumnella(小さな柱)に起源を持つ。縦隊長(cabo de columena、変化して cabo de colonel、カボ・デ・コロネル)が直接の語源。省略されてColonelとなった。

英語では、陸軍大佐はカーネル (Colonel)、海軍大佐はキャプテン (Captain) と呼び、ヨーロッパの言語の多くで、同様の区別がある。英米陸軍などにおいては Captain は大尉を意味する[2]。空軍大佐は陸軍大佐と同じ呼び名であることが多いが、イギリス空軍やイギリス空軍を範としたインド空軍オーストラリア空軍ニュージーランド空軍などではGroup captainと呼ばれる。

日常的には、中佐 (Lieutenant Colonel) もカーネルと呼ばれることが多い。

イギリス陸軍の連隊にはカーネルという名誉職(階級ではない)があり、連隊長と訳される。これはあくまで名誉職であり、連隊指揮権を有するのはその下の「commanding officer」である。名誉職のカーネルを階級のカーネルと区別したいときは、「Colonel of the Regiment」(直訳 連隊のカーネル)などという。

さらに、「Colonel-in-Chief」という名誉職もあり、連隊所有者、名誉連隊長などと訳される。連隊長(カーネル)の上に位置し、名目上は連隊の最上位である。かつてのドイツ陸軍にも「Chef eines Regiments(英訳 Colonels-in-Chief of a Regiment)」という類似の名誉職があり、名誉連隊長、名誉大佐(ただし、ドイツ陸軍にはこれとは別に名誉階級の大佐がいたので紛らわしい)などと訳される。
「Oberst」と「Полковник」

この節の加筆が望まれています。

欧州における陸軍大佐の呼称には上記の「Colonel」の系列以外にも、ドイツ語圏及び北欧圏で多用される「Oberst」と、ロシアおよびスラヴ語圏で多用される「Полковник(Polkovnik)」の2つの系列が存在する。おおよその語義としては、前者は「最上級野戦指揮官」、後者は「連隊指揮官」程度となる。
非軍人の大佐

野口英世(日本の医学者)やカーネル・サンダースケンタッキー・フライドチキン創業者)など、名誉大佐の敬称を送られた人物が多く存在する。これらは軍事とは無関係で、カーネル(≒大佐)を名乗るからと言って軍人だとは限らない。詳細は名誉大佐を参照。

エジプトのガマール・アブドゥン=ナーセルは大統領になる前はカーネルを名乗っており、これにならってリビアカダフィ大佐(カーネル・カダフィ)もカーネルを名乗っている。これらの場合の「カーネル」の語義については諸説がある(ムアンマル・アル=カッザーフィー#名称表記の項を参照のこと)。

なお、キャプテンという敬称は、船長、機長、スポーツチームのリーダーなど、軍隊の階級以外でも使われており、日本語でも外来語として定着している。つまりキャプテンを名乗るからといって軍人とは限らないことが、日本でもよく理解されている。
律令制における大佐

日本語における大佐は律令制下の五衛府四等官として登場する。四等官においては1番目である「督(かみ)」を文字通り補佐するのが2番目の「佐(すけ)」である。
沿革

かつての陸軍にあっては、平時の最大の部隊は連隊だったことから、連隊将校団の長(連隊長)たる大佐が平時の最高の階級とされることもあった。スイスにおいては現在も平時には大佐が最高階級である。

海軍においても、艦隊は臨時編成のものであって、個々の軍艦が独立の単位であったことから、艦長たる大佐が常時置かれる最高階級とする海軍も多かった。そのため、複数の軍艦を以て艦隊を編成するに際しては、最先任艦長に代将の職責を付与して艦隊を指揮させることがあった(詳しくは代将参照)。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:49 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE