1世紀
[Wikipedia|▼Menu]

この項目では、西暦の区分における1世紀について説明しています。時間の単位については「世紀」をご覧ください。

千年紀:1千年紀
世紀:紀元前1世紀 - 1世紀 - 2世紀
十年紀:0年代 10年代 20年代 30年代 40年代
50年代 60年代 70年代 80年代 90年代
キリスト教の誕生。イエス十字架での死とともにその教えは世界に大きな影響を与えた。画像は12世紀に制作されたイスタンブールハギア・ソフィア大聖堂モザイク壁画「全能者キリスト(ハリストス)」。 ローマ大火。64年に起きたこの大火でローマ皇帝ネロはその原因をキリスト教徒によるものだとして厳しい迫害を加え、殉教者を出した。画像はこの迫害を描いたヘンリク・シェミラツキ(英語版)の歴史画。

1世紀(いっせいき、いちせいき)は、西暦元年1年)から西暦100年までの100年間を指す世紀1千年紀における最初の世紀でもある。

天文学以外では通常、西暦0年は存在せず、また0世紀もない。これは、ヨーロッパで西暦ができた6世紀の時点では、まだヨーロッパ人はの概念を知らなかったためであると言われることもあるが、元年以前を表すために紀元前が導入されたのは零の概念が普及した後の17世紀のことである。

なお、天文学ISO 8601では、紀元1年の前年、すなわち紀元前1年を西暦0年と定めている(詳細は「紀元前1年#西暦0年」または「0年#西暦0年」を参照のこと)。
目次

1 できごと

1.1 0年代

1.2 10年代

1.3 20年代

1.4 30年代

1.5 40年代

1.6 50年代

1.7 60年代

1.8 70年代

1.9 80年代

1.10 90年代


2 伝説・フィクションのできごと

3 発明

4 人物

4.1 地中海世界

4.2 キリスト教関係

4.3 西アジア

4.4 インド

4.5 東アジア


5 脚注

6 関連項目

7 外部リンク

できごと 後漢光武帝王莽によって断絶した漢王朝を復興し賢君と讃えられている。画像は唐の画家閻立本「歴代帝王図巻」の十三皇帝図の光武帝像。 揺銭樹(中国語版)。貨幣経済の流通が促進された後漢初期には副葬品の明器として「揺銭樹(貨幣が実る樹木)」が出現し、特に四川で大いに発展した。画像は杭州にある中国財税博物館(中国語版)蔵の揺銭樹の部分。 漢委奴国王印」。江戸時代に九州志賀島で発見されたもので、後漢の光武帝により下賜されたものとされる。現在は福岡市博物館が所蔵。 インド・スキタイ王国。ギリシア系王国が衰退した後にスキタイサカ族の王国がインド各地に成立した。画像はこの時代に作られた「マトゥラーの獅子柱頭(英語版)」(大英博物館蔵)。 ローマコロッセウム(コロッセオ)。ウェスパシアヌス帝の時代に着工され、その息子ティトゥス帝の時代に完成した円形闘技場(アンフィテアトルム)。 埋没した都市ポンペイ。紀元79年8月24日に大爆発を起こしたヴェスヴィオ火山によってポンペイ市は埋没した。画像はポンペイ遺跡で発掘された「秘儀荘(ヴィラ・デイ・ミステリ)」の壁画で、ディオニュソス神の密儀宗教(英語版)を示しているとされる。 ポートランドの壺」。ローマ帝国では繊細な芸術作品が数多く作られたが、ガラスを削って浮き彫りを施すカメオガラスの技術は巧緻極まるものとなった。紀元25年ごろ作られたこの壺はその代表であり、現在は大英博物館に所蔵されている。 ユダヤ戦争。ローマ皇帝ティトゥスによりユダヤ人の反乱は鎮圧されエルサレムの第二神殿も破壊された。画像はティトゥスの凱旋門に刻まれた神殿の宝物(七枝の燭台のメノーラーほか)を運ぶローマ兵士たち。 バールベック。この地は属州シリアの聖地で、元来はフェニキア系の神バアル(ハダド)が祀られていた。ローマの支配に服してからはユピテル神と習合して祀られるようになり繁栄した。画像はネロ帝時代に完成したユピテル神殿の6本大列柱。 ペトラエル・カズネナバテア王アレタス4世フィロパトリスの最盛期に建造されたもので、「エル・カズネ」は「宝物殿」を意味する。

紀元前後

は百余国に分かれており、その一部は前漢楽浪郡に朝献をする(『漢書』地理志)。

アフガニスタン北部のティリヤ・テペ(英語版)に黄金の宝飾をつけた遊牧系サカパルティア人の墳墓が作られる。


0年代詳細は「0年代」を参照

1年 - 前漢哀帝が死去し平帝が即位。大司馬董賢が失脚し、王莽が大司馬となる。

6年

属州マケドニアから属州モエシアが分離する。

カイサリア・マリティマを首府とする属州ユダヤが成立する。


8年

王莽の簒奪により前漢が滅亡し、が建てられる。

アウグストゥスの命令で詩人オウィディウスが黒海沿岸のトミス(現在のコンスタンツァ)へ追放される。


9年 - トイトブルクの戦いローマゲルマニア人に敗れる。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:56 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE