鳴瀬川
[Wikipedia|▼Menu]

鳴瀬川
野田橋より北東を望む
水系一級水系 鳴瀬川
種別一級河川
延長89 km
平均の流量28.2 m³/s
(三本木橋観測所 2000年)
流域面積1,133 km²
水源船形山(宮城県)
水源の標高1,500 m
河口・合流先石巻湾(宮城県)
流域 日本 宮城県
テンプレートを表示

鳴瀬川(なるせがわ)は、宮城県北部を流れ太平洋に注ぐ一級河川。鳴瀬川水系の本流である。
目次

1 地理

2 支流

3 流域の自治体

4 並行する交通

4.1 道路


5 脚注

6 関連項目

地理

宮城県加美郡加美町南西の山形県との境界に位置する船形連峰の船形山(標高1,500m)に源を発し北に流れ、漆沢ダムを経て、概ね東に流路を変える。中流域では大崎平野の南部を流れ、北側を並行して流れる北上川水系の江合川(荒雄川)と共に、宮城県北部の穀倉地帯を成す。美里町東部から徐々に南東に転じ、支流吉田川と平行して流れ、東松島市浜市と東松島市野蒜の境界から石巻湾に注ぐ。

かつて鳴瀬川と江合川は流路が錯綜していたが、現在は新江合川が開削されるなど整理された。河口の野蒜地区では1878年明治11年)に仙台湾初の近代築港が試みられたものの土砂堆積のため挫折している。現在の河口部には北上運河が北東から、東名運河が南西から通じる。
支流

吉田川

貞山運河

北上運河

鞍坪川[1]

鈴根五郎川[1]

立堀川[1]

多田川[1]

長堀川、名蓋川、渋川、渋井川、大江川[2]


河童川[1]

花川/荒川[1]

保野川[1]

田川[1]

長谷川[1]

大滝川[1]

鹿の又川[1]

矢坪川[1]

筒砂子川[1]

唐付沢川[1]

流域の自治体
宮城県
加美郡加美町色麻町大崎市遠田郡美里町宮城郡松島町東松島市
並行する交通
道路

国道347号

脚注^ a b c d e f g h i j k l m n河川コード表 (PDF) 国土交通省、2011年3月現在
^一級河川鳴瀬川水系多田川ブロック河川整備計画 平成13年7月 宮城県 (PDF)

[ヘルプ]

関連項目

鳴瀬町 - 河口流域に存在していた町。2005年4月1日矢本町と合併し東松島市に移行。

小川閘門 - かつて鳴瀬川から品井沼への水の逆流を防ぐために設置されていた水門。

宮戸島

成瀬川土左衛門 - 現在の加美町出身の江戸時代大相撲力士。「土左衛門」の語源とされる。










一級水系の河川
北海道開発局管轄

天塩川

渚滑川

湧別川

常呂川

網走川

留萌川

石狩川

尻別川

後志利別川

鵡川

沙流川

釧路川

十勝川

東北地方整備局管轄
岩木川

高瀬川

馬淵川

北上川

鳴瀬川

名取川

阿武隈川

米代川

雄物川

子吉川

最上川

赤川

関東地方整備局管轄
久慈川

那珂川

利根川

荒川

多摩川

鶴見川

相模川

富士川

北陸地方整備局管轄
荒川

阿賀野川

信濃川

関川

姫川

黒部川

常願寺川

神通川

庄川

小矢部川

手取川

梯川

中部地方整備局管轄


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:19 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE