魚類
[Wikipedia|▼Menu]

「魚」はこの項目へ転送されています。漢字の部首については「魚部」を、その他の用法については「さかな」をご覧ください。

魚類
生息年代: カンブリア紀中期?現世 Pre??OSDCPTJKPgN
様々な海水魚
分類

:動物界 Animalia
:脊索動物門 Chordata
亜門:脊椎動物亜門 Vertebrata
上綱:顎口上綱 Gnathostomata
:魚綱(廃止) Pisces

学名
Pisces Linnaeus1758
英名
fish

ウィクショナリーに魚類、さかな、うおの項目があります。

魚類(ぎょるい)は、脊椎動物亜門 Vertebrata から四肢動物を除外した動物群。日常語で魚(さかな)[1]と呼ばれる動物である。

基本的に一生の間水中生活を営み、えら(鰓)呼吸を行い、ひれ(鰭)を用いて移動する。体表はうろこ(鱗)で覆われている。

ほとんどの種は外界の温度によって体温を変化させる変温動物である。マグロカジキ、一部のサメは奇網と呼ばれる組織により、体温海水温よりも高く保つことができる。

魚類は地球上のあらゆる水圏環境に放散し、その生息域は熱帯から極域、海洋の表層から深層、また内陸の淡水域まで多岐におよぶ。その生態や形態も実に様々である。魚類全体の種数は2万5000 - 3万近くにものぼり、脊椎動物全体の半数以上を占めている。

大きさは種により大きく異なる。現生種で最大のものは体長13.7mに達するジンベエザメである。また化石種を含めると、約1億6500万年前のリードシクティス・プロブレマティカスに、推定の仕方に違いがあるが28m以上もしくは16.7mの個体が発見されている。一方、現生種で最小のものは Paedocypris progenetica であり、成魚でも7.9mmにしかならない。
目次

1 定義

2 体の構造

2.1 体

2.2 えら(鰓)

2.3 ひれ(鰭)

2.4 うろこ(鱗)

2.5 ひょう(鰾)

2.6 目


3 分布と生息環境

4 繁殖と発生

4.1 変態


5 知性

6 進化と系統

7 人と魚

8 健康

9 分類

9.1 分類方法

9.2 無顎上綱 Agnatha

9.3 顎口上綱 Gnathostomata

9.3.1 板皮階 Placodermiomorphi

9.3.2 軟骨魚階 Chondriomorphi

9.3.3 真口階 Teleostomi



10 出典・脚注

11 参考文献

12 関連項目

13 外部リンク

定義

冒頭文の定義では煩雑な表現をとったが、これは現在の系統学の立場からこの群を定義するにはこれしかないからである。古くは単に魚と考えればひとくくりに出来る感覚であり、20世紀半ばまではそれらを魚綱として一つにまとめ、その下に無顎類、軟骨魚類と硬骨魚類の三群を置くのが普通であった。これらは脊椎頭部脊髄と脳などの脊椎動物の基本構成の体制を持ち、鰓裂を鰓として持ち、があって水中を遊泳するのに都合のいい構造をもっている。だが、これらはすべて、脊椎動物のきわめて祖先的形態にすぎない。

現在の分類学的観点からすると古典的な魚綱という群は単系統群ではなく側系統群であり、互いにかなり異質な系統を包含している。たとえば硬骨魚類は四肢動物とともに軟骨魚類無顎類と別の単系統群を構成するし、そもそも硬骨魚類と軟骨魚類はともに無顎類とは別の単系統群である顎口上綱を構成する。そのため、最古の魚類であるミロクンミンギアから現代に生息している種までを一つの概念としてまとめようとした場合、このような表現にならざるを得ないのである。

進化の観点から言えば、ヒトを含む陸上脊椎動物の遠い祖先も魚類である。脊椎動物は水中で多様な群に分化し、その一部から陸上進出が行われ、それらがさらに多様な進化を遂げた。現在の魚類はこれらのうち、水中段階にとどまっているもの(上陸後に水中に戻ったものを除いて)をまとめたもの、といってもよい。ある意味でやはり陸上進出によって多様化した群の中で原始的構造をとどめたものをまとめたものであるシダ植物という群の位置づけに近い。

なお、定義に関連していえば、日本語の基礎語彙としての「魚(さかな)」と学術用語である「魚類」とは別語である。後者が分類学の手法でしか定義されないのに対し、前者は元来、生物学の知識の全くない人でも扱うことのできる語彙で、それで差し支えない範囲の中において用いられるものであった。たとえばヤツメウナギを「魚」と呼ぶことはあり得るが、その文脈の中においてはそれは誤りではなく、またその用例自体が「魚」という言葉の語義を成り立たせる基礎にもなっているのである。
体の構造

解剖学的に見ると、魚類の体はの特徴(空気に比べて粘性が高い、溶存酸素が少ない、を吸収し透過しにくいなど)に適応したものだと言える。そしての構造上、痛みを感じないといわれる。
マグロのえら。体の後部から見ており、頭部は裏側にあたる

の抵抗を受けにくい流線型である種が多い。活発に泳ぎ回る種に多い。

体は頭部、胴部、尾部の3つに分けられる。

頭部に含まれるものは、眼から上あごの先端部までの部、えら蓋、頬部(眼から前鰓蓋骨まで)および下あごである。頭には長いひげやとげを持つものもいる。鼻孔には様々な形や深さのものがあるが、多くの場合には、前鼻孔と後鼻孔とが皮下で連結したU字型の管になっており、鼻孔と口腔とは繋がらない。吻の前部にある前鼻孔から入った水は、そのまま後部にある後鼻孔から流出するようになっている。

胴部は頭部以降から肛門の位置までで、外見上は臀鰭の前までである。消化器官は全てここまでに含まれる。

尾部は肛門以降、尾びれまでである。背面の筋肉が胴部から尾部へと連続的に発達しているので、外見上は尾の区別がはっきりしない。つまり、胴部から尾部をまとめて運動に使用しているとも言える。尾部の比率は比較的高く、多くの種で3割以上、ウナギ目の魚などは7割以上が尾である。
えら(鰓)

水中の少ない溶存酸素を利用するために、えら(鰓)という器官を発達させている。魚類の属する脊索動物門の鰓の基本構造は口から咽頭に吸い込んだ外界水を排出する鰓裂(さいれつ)というスリット、スリット間の鰓弓(さいきゅう)という支柱、鰓弓に生じた鰓弁(さいべん)というガス交換器官から成っている。硬骨魚類では、これらの基本構造のセットが頭部の後方にある1対の鰓蓋骨(さいがいこつ、いわゆるえらぶた)で覆われていて、弓上の骨に支えられた鰓弓が4対存在する。鰓弓からは一次鰓弁が何本も伸び、さらに一次鰓弁上には表面積を拡げるための二次鰓弁が多数存在してガス交換に用いられる表面積を著しく拡大している。鰓弁には血管が高密度に通っており、外界(海水、淡水)と直接ガス交換を行う。そのためえらは赤く見える。えらはガス交換の他にも、塩類細胞によるイオンの排出・取り込みや窒素排泄物であるアンモニアの排泄を行っている。鰓弓を挟んで鰓弁の反対側にはしばしば鰓耙(さいは)というくし状の突起が発達し、口から吸いこんだ水や堆積物の中から食物をより分けたり漉し分けて食道へと送る機能を持っている。
ひれ(鰭) 魚のひれ(カクレクマノミ) 小離鰭(finlet)。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:78 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE