高齢者
是非お友達にも!
◇暇つぶし何某◇

[Wikipedia|▼Menu]
各国の65歳以上人口割合

高齢者(こうれいしゃ)は、社会の中で他の成員に比して年齢が高い一群の成員のことである。年齢の定義はさまざまである。

日本語においては、同義語として老人(ろうじん)、年寄(としより)、お年寄り(おとしより)などの言葉がある。また、この世代を老年(ろうねん)と称する場合がある。日本の公共交通機関には高齢者・障害者・病人・怪我人・妊婦などのための優先席が設けられているが、日本国有鉄道東京都交通局など一部の事業者は、これを「シルバーシート」と表現していた。ここから、日本においては高齢者のことをシルバーとも呼ぶようになった。また、高齢者が自身を「シルバー」と表現することも多く見受けられる。高齢者の職業技能を生かすための、「シルバー人材センター」という名称の施設が各地に存在している。


目次

1 定義

1.1 高齢者の医療の確保に関する法律における規定

1.2 高年齢者雇用安定法における定義

1.3 人口統計における区分


2 社会とのかかわり

2.1 日本での事例

2.1.1 一人暮らし

2.1.2 高齢の運転者による交通死亡事故



3 呼び方

4 高齢化

5 性格特性・レイチャードの5類型

6 脚注

7 関連項目


定義

高齢の線引きは曖昧且つ主観的な部分があり、判断は容易ではない。国連では60歳以上 ⇒[1]、国連の世界保健機関 (WHO) の定義では、65歳以上の人のことを高齢者としている。定年退職者もしくは老齢年金給付対象以上の人を言うことも考えられる。
高齢者の医療の確保に関する法律における規定

高齢者の医療の確保に関する法律、およびそれに付随する各種法令[1]では、65?74歳までを前期高齢者、75歳以上を後期高齢者」と規定している。
高年齢者雇用安定法における定義

高年齢者 -
高年齢者等の雇用の安定等に関する法律(略称:高年齢者雇用安定法)における「高年齢者」とは、55歳以上の者を言う[2]

高年齢者等 - 「高年齢者」、および55歳未満の「中高年齢者」(45歳以上の者[2])である求職者、および55歳未満の「中高年齢失業者等」(45歳以上65歳未満の失業者その他就職が特に困難な失業者、具体的には身体障害者刑法等の規定により保護観察に付された者等で、その者の職業のあっせんに関し保護観察所長から公共職業安定所長に連絡があった者[2]で「高年齢者」に該当しないものを言う[3])を言う。

人口統計における区分

各種公的機関が行う人口調査では65歳以上を「高齢者」と区分している[4]
社会とのかかわり

一般的に、一部の高齢者は経験を積み、様々な事に熟達しているとされる。加齢に伴う認知機能及び運動機能の衰えや、老衰に伴う記憶力の減退等といった理由により、第一線を退いた者は多いが、その豊富な経験と、その経験によって導き出される勘は、学習によって得られる知識や、練習によって習得する技能を超えた効率を発揮する高齢者もなかには存在する。これらを若者は学ぶべき点は学び、また後代に伝えるべき物とされる。

高齢者は古くより、社会的には年功序列や選挙での高い投票率によって一定の地位を獲得しているが、現代と違い古代から近代初期に掛けては、医療技術が発展していなかったので、高齢になるほど希少な存在となり、長らくは「古老」や「長老」と呼ばれる、高齢者に対する特別な尊称が存在する。儒教に基づく敬老の考えは、高齢者が尊敬されることに一役買っている。
日本での事例「日本の人口統計」も参照

2010年9月19日の総務省の発表では65歳以上の推計人口(9月15日現在)は前年より46万人多い2944万人であった。
一人暮らし「独居老人」も参照

社会の高齢化核家族化が急速に進んだことにより、高齢者の一人暮らしが増加した。1955年に42万5,000世帯[5]だった高齢単身世帯は、1965年に79万9,000世帯[5]、2005年には386万世帯[6]となっている。
高齢の運転者による交通死亡事故

2005年度の上半期(4 ? 9月)の全国の交通事故による死者のうち、高齢の運転者による死亡事故が増加。この状況を受け警察庁は「安全教育に加え、高齢者の個々の運転能力に応じた対策も検討を重ねる必要がある」として、75歳以上の高齢者の運転免許更新時に認知機能検査を盛り込んだ道路交通法の改正を2007年の通常国会に提出し、2009年6月から施行されることとなった。


◇ピンチです!◇
★暇つぶし何某★

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:18 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE