高田尚平
ご協力下さい!!
◇暇つぶし何某◇

[Wikipedia|▼Menu]

 高田尚平 七段
名前高田尚平
生年月日(1962-06-21)
1962年6月21日(55歳)
プロ入り年月日1989年4月1日(26歳)
棋士番号191
出身地東京都
師匠荒巻三之
段位七段
戦績
2017年2月19日現在
この表についてこの表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:infobox_将棋棋士を参照してください。

■Template

高田 尚平(たかだ しょうへい、1962年6月21日 - )は、将棋棋士。棋士番号191。東京都出身。荒巻三之九段門下。麻布中学校・高等学校卒業。父は、将棋ペンクラブ前会長で作家随筆家高田宏


目次

1 棋風

2 人物

3 連盟での委員会活動

4 昇段履歴

5 主な成績

5.1 在籍クラス


6 著書

7 脚注

8 関連項目

9 外部リンク


棋風

振り飛車位取りや左玉戦法、3手目7八金戦法などの高田流と言われる独特の序盤戦術で知られる。
人物

現在
日本将棋連盟の子供将棋スクールの講師を務める。

若い頃は、端正な顔立ちから「ベルサイユ高田」「オスカル先生」などと呼ばれた[1]。20代の頃は、スキーのアマチュア大会(社会人の部・大回転)に出ていた。

猫や鳥や魚が好きで、子供のころは、実家に池や金網の張った大型の鳥小屋まであった。犬は好きな種類もいるが、番犬は吠えるので苦手。自身は猫派だという。うさぎや亀も飼っていた[2]

順位戦の68期からフリークラスに降級している。(復帰〆77期)

連盟での委員会活動

将棋ソフト不正使用疑惑に絡む総会での3理事解任を受け、2017年3月30日、西尾明らと共に「電子機器の取り扱い、対局規定の委員会」の委員に選ばれた旨が、日本将棋連盟から発表された[3]

昇段履歴

1977年 6級 = 奨励会入会

1980年 初段

1989年4月1日 四段 = プロ入り

1993年7月2日 五段(勝数規定

2001年4月18日 六段(勝数規定)

2016年4月1日 七段(フリークラス規定)

主な成績
在籍クラス

竜王戦と順位戦のクラスは、将棋棋士の在籍クラス を参照。
著書

高田流新感覚振り飛車破り(2000年9月、
毎日コミュニケーションズISBN 4-8399-0395-6

高田流新戦略3手目7八金(2002年8月、毎日コミュニケーションズ、ISBN 4-8399-0464-2

脚注^ 将棋世界1993年1月号「第4回富士通オープン将棋トーナメント観戦記」ほか
^ 日本将棋連盟web「人気棋士コラム・高田尚平七段」
^ 日本将棋連盟公式web・将棋ニュース「対局規定委員会設置のお知らせ」(2017年03月30日 17:30 )

関連項目

将棋棋士一覧

外部リンク

日本将棋連盟プロフィール










将棋の現役棋士
タイトル
保持者

現タイトル保持者

九段 竜王棋聖 羽生善治

九段 名人 佐藤天彦

七段 王位 菅井竜也

七段 王座 中村太地

九段 棋王 渡辺明

九段 王将 久保利明

永世称号資格者

九段 (十七世名人) 谷川浩司

九段 (永世棋聖) 佐藤康光

九段 (十八世名人) 森内俊之


九段

桐山清澄

南芳一

高橋道雄

青野照市

田中寅彦

藤井猛

塚田泰明

丸山忠久

郷田真隆

小林健二

森下卓

屋敷伸之

福崎文吾

中村修

島朗

深浦康市

井上慶太

三浦弘行

先崎学

鈴木大介

木村一基

八段

脇謙二

富岡英作

阿部隆

中田宏樹

行方尚史

中川大輔

日浦市郎

橋本崇載

浦野真彦

北浜健介

泉正樹

山崎隆之

阿久津主税

広瀬章人

神谷広志

土佐浩司

糸谷哲郎

東和男

松尾歩

稲葉陽

神崎健二

真田圭一

野月浩貴

畠山成幸

豊島将之

西川慶二

七段

有森浩三

室岡克彦

堀口一史座

所司和晴

中田功

長沼洋


◇ピンチです!◇
■暇つぶし何某■

次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:47 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE