高次脳機能障害
[Wikipedia|▼Menu]

高次脳機能障害(こうじのうきのうしょうがい)とは、主にの損傷によって起こされる様々な神経心理学的障害である。主として病理学的な観点よりも厚生労働省による行政上の疾患区分[1][2]として導入された概念であり、異なった原因による複数の疾患が含まれる。それぞれの症状や治療について、詳しくは脳血管障害といった病理学的な観点から論じられる。


目次

1 概要

2 脚注

3 関連項目

4 外部リンク


概要

その症状は多岐にわたり、記憶障害注意障害遂行機能障害、社会的行動障害などの認知障害等で脳の損傷部位によって特徴が出る。

損傷が軽・中度の場合には核磁気共鳴画像法(MRI)でも確認できない場合がある。

SPECT(放射断層撮影)、PET(陽電子放射断層撮影)など、先端の画像診断で判別されることがあるが、現在では、診断の一材料である。

むしろ、画像診断に神経心理テストなどを組み合わせた多角的な診断により「高次脳機能障害」と診断されるケースが多いのも事実である。

その障害は外からでは分かりにくく自覚症状も薄いため隠れた障害と言われている。

よく、一言で「高次脳」と略されるため、脳内にそのような部位があるのか、と勘違いされることがあるが、そうではなく、分かりやすく記すれば「高次の脳機能の障害」ということである[3]

伝統的、学術的、医学的な定義による高次脳機能障害は、脳損傷に起因する認知障害全般を示すものである。例えば症状に失語症また認知症がある。

これに対し、日本の厚生労働省が2001年度から本格的に研究に取り組んでいる「高次脳機能障害」は、行政的に定義されたものといえる。これについては少し説明が必要である。

脳血管障害(いわゆる脳卒中)や、交通事故による脳外傷後に身体障害となる場合がある。身体障害が後遺障害として残る場合と、時間の経過とともに軽快していく場合がある。しかし、身体障害が軽度もしくはほとんど見られない場合でも、脳の機能に障害が生じている場合がある。それが前述の認知障害、つまり行動に現れる障害であるため、職場に戻ってから、問題が明らかになるというケースがある。つまり、日常生活、社会生活への適応に困難を有する人々がいるにもかかわらず、これらについては診断、リハビリテーション、生活支援等の手法が確立していないため早急な検討が必要なことが明らかとなった。

そこで、2004年4月から、高次脳機能障害診断基準に基づいて医師により高次脳機能障害と診断された場合、作業療法士言語聴覚士による訓練が診療報酬の対象とされることになった。また、2006年4月からは、脳血管疾患リハビリテーションの限度180日を超えて訓練を受けることができるようになり、機能回復を中心とする医学的リハビリテーションを最大6か月実施した後は、必要に応じて生活訓練プログラムや就労移行支援プログラムを加えた連続的な訓練が実施されるようになった。

交通事故による高次脳機能障害については、他の公的制度に先駆けて、自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)が2001年から交通事故被害として認定するシステムを構築している。自賠責保険により、交通事故によって生じた高次脳機能障害として認定されれば、損害賠償の対象として保険金が支払われることとなる。
脚注^ 厚生労働省 (2002年4月10日). “ ⇒高次脳機能障害支援モデル事業 中間報告書について”. 2015年3月14日閲覧。
^ 弁護士法人 林哲朗法律事務所. “ ⇒高次脳機能障害 認定システム確立の歴史”. 2015年3月14日閲覧。
^ 山田規畝子『それでも脳は学習する』講談社、p.1

関連項目

認知リハビリテーション

ミニメンタルステート検査(MMSE)

リバーミード行動記憶検査(RBMT)

パンチドランカー

ガチ☆ボーイ - この障害を扱った青春コメディ映画。

小林春彦 - 高次脳機能障害者として日本で初めて脳機能障害を根拠に教育制度を変えた作家・講演家。

外部リンク

高次脳機能障害.net(高次脳機能障害情報サイト)

福井県高次脳機能障害支援センター(「医学的な定義」は「行政的な定義」を包含)

医療従事者と患者の広場(高次脳機能障害の症状と具体的なアプローチ方法)

日本高次脳機能障害学会(旧 日本失語症学会)

高次脳機能障害と生きる(高次脳機能障害の姉を持つ看護師による情報支援サイト)

日本脳外傷友の会(高次脳機能障害者の家族会)

東京高次脳機能障害協議会(都内で活動する高次脳機能障害支援団体による協議会)

高次脳機能障害を知る会(高次脳機能障害 当事者による情報支援サイト)

この項目は、医学に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めていますプロジェクト:医学Portal:医学と医療)。










言語聴覚士
対象障害

言語障害失語症失読症・言語発達遅滞
聴覚障害難聴中途失聴老人性難聴
声・音声障害構音障害・音声障害・吃音
高次脳機能障害失語症注意障害・書字障害・失行失認半側空間無視
発達障害注意欠陥多動性障害自閉症スペクトラム障害学習障害
その他摂食障害嚥下障害

原因疾患脳卒中外傷性脳損傷認知症ハンチントン病多発性硬化症パーキンソン病筋萎縮性側索硬化症ダウン症候群脳性麻痺咽頭がん性同一性障害精神疾患
理論音声学心理学解剖学・音響物理学・言語学統計学生理学・臨床神経学・社会福祉学
職場

病院診療所リハビリテーション科脳神経外科耳鼻咽喉科小児科歯科口腔外科神経内科形成外科精神科
学校ことばの教室特別支援学級特別支援学校大学大学院短期大学専門学校
福祉施設ほか児童福祉施設(児童発達支援センター・障害児入所施設)・老人保健施設老人福祉施設補聴器会社

人物ライオネル・ローグ笹沼澄子、飯高京子、藤田郁代、立石雅子、中川信子苅安誠、熊倉勇美、小島千枝子、清水充子、関啓子、森田秋子、半田理恵子、田中春美、水田秀子、小嶋知幸、日詰正文、平澤哲哉


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:15 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE