高木美智代
[Wikipedia|▼Menu]

日本政治家高木 美智代

生年月日 (1952-09-13) 1952年9月13日(65歳)
出生地 福岡県北九州市
出身校創価大学文学部
前職聖教新聞記者
団体職員
所属政党公明党
公式サイト ⇒高木美智代 公式サイト
衆議院議員
選挙区比例東京ブロック
当選回数6回
在任期間2003年 - 現職
テンプレートを表示

高木 美智代(たかぎ みちよ、1952年9月13日 - )は、日本政治家公明党所属の衆議院議員(6期)。厚生労働副大臣第3次安倍第3次改造内閣第4次安倍内閣)。
目次

1 経歴

2 現在の役職

2.1 衆議院

2.2 公明党


3 過去の役職

3.1 公明党

3.2 衆議院


4 政策

5 人物

6 主な所属議員連盟

7 関連項目

8 脚注

9 外部リンク

経歴

1952年昭和27年)9月13日 - 福岡県北九州市に生まれる[1]

福岡県立小倉高等学校卒業[2]

北九州市立菊陵中学校卒業[3]

福岡県立小倉高校卒業。高校時代は大学紛争の時代で政治に関心を向けていた[4]

創立者の池田大作を尊敬していたので、1971年(昭和46年)に開学した創価大学に1期生として入学した[5]

1975年(昭和50年)3月 - 創価大学文学部卒業。

卒業後に聖教新聞記者になる[6]

2003年平成15年)- 11月9日 第43回衆議院議員総選挙比例東京ブロックで公明党から立候補し初当選。

2005年(平成17年)- 9月11日 第44回衆議院議員総選挙で再選。

2006年(平成18年)- 9月27日 安倍内閣経済産業大臣政務官に就任。

2009年(平成21年)

8月30日 - 第45回衆議院議員総選挙で3選。

10月 - 青少年問題に関する特別委員会委員長に就任。


2010年(平成22年)9月 - 青少年問題に関する特別委員会委員長を退任。

2012年(平成24年)12月16日 - 第46回衆議院議員総選挙で4選。

2014年(平成26年)12月14日 - 第47回衆議院議員総選挙で5選。

2015年(平成28年)8月15日在日本大韓民国民団主催の第70周年光復節中央記念式典に出席した[7]

2017年(平成29年)8月7日 - 第3次安倍第3次改造内閣厚生労働副大臣に就任。

10月22日 - 第48回衆議院議員総選挙で6選。


現在の役職
衆議院

経済産業委員会委員長

公明党

中央幹事

市民活動委員会委員長

女性委員会副委員長

文化局長

団体局次長

労働局次長

政務調査副会長

内閣部会部会長

東京都本部副代表

文化芸術振興会議議長

障がい者福祉委員会 委員長

過去の役職
公明党

中央規律委員会委員

国会対策委員会副委員長

動物愛護管理推進委員長

女性委員会「健康・医療プロジェクトチーム」座長

女性委員会「女性防災会議」副議長

経済産業部会副部会長

厚生労働部会副部会長

文部科学部会副部会長

環境部会副部会長

衆議院

青少年問題に関する特別委員会委員長

内閣委員会理事

東日本大震災復興特別委員会理事

政策

憲法改正と
集団的自衛権の行使に反対。

アベノミクスを評価する。

原発は日本に必要。

首相靖国神社に参拝すべきでない。

村山談話河野談話を見直すべきでない。

ヘイトスピーチを法律で規制することに賛成[8]

選択的夫婦別姓制度導入に賛成[9][10]

人物

2016年1月、在日本大韓民国民団の新年会で、特定の人種や民族への差別をあおるヘイトスピーチについて「何としても根絶しなければならない」と述べた[11]

主な所属議員連盟

発達障害の支援を考える議員連盟(事務局長)

私立保育所のあり方を考える懇談会(幹事長)

獣医師問題議員懇話会(幹事長)

政治分野における女性の参画と活躍を推進する議員連盟(発起人)[12]

日本・ベラルーシ友好議員連盟 幹事長

日韓議員連盟 女性委員会 副委員長

日印議員連盟 女性委員会 副委員長

公益社団法人ガールスカウト日本連盟 名誉会員[13]


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:32 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE