馬路村
◇ピンチです!◇
★暇つぶし何某★

[Wikipedia|▼Menu]

この項目では、高知県にある村について説明しています。京都府にあった村については「馬路村 (京都府)」をご覧ください。

うまじむら
馬路村
馬路地区
日本
地方四国地方
中国・四国地方
都道府県高知県
安芸郡
団体コード39306-1
法人番号7000020393061
面積165.48km2

総人口782人
推計人口、2017年10月1日)
人口密度4.73人/km2
隣接自治体安芸市
安芸郡安田町北川村
徳島県那賀郡那賀町海部郡海陽町
村の木ヤナセスギ
村の花ユズ
村の鳥オオルリ
馬路村役場
村長[編集]上治堂司
所在地〒781-6201
高知県安芸郡馬路村馬路443番地
北緯33度33分18.8秒東経134度2分53.1秒座標: 北緯33度33分18.8秒 東経134度2分53.1秒

外部リンク ⇒ようこそ馬路村

■ ― 市 / ■ ― 町・村

地理院地図GoogleマップBing GeoHack
MapFanMapionYahoo!NAVITIMEゼンリン
 表示 ウィキプロジェクト

馬路村(うまじむら)は、高知県にある

高知県35市町村で人口が2番目に少ない。幾度の市町村合併の機会も、村民の反対多数によって合併協議を離脱しており、村民の自立意識が高いのが特徴である。

日本で最も美しい村連合」加盟村の一つ。


目次

1 地理

1.1 山地

1.2 河川

1.3 湖

1.4 気候

1.5 人口

1.6 隣接している自治体


2 歴史

2.1 沿革


3 行政

4 施設

4.1 警察

4.2 消防

4.3 郵便局


5 姉妹都市・提携都市

5.1 国内


6 経済

6.1 林業

6.2 農業


7 教育

8 交通

8.1 空港

8.2 鉄道

8.3 バス

8.4 道路


9 観光・文化

9.1 名所・旧跡

9.2 観光スポット

9.3 祭事・催事

9.4 特産品


10 その他

11 参考文献

12 脚注

13 関連項目

14 外部リンク


地理千本山魚梁瀬ダム

高知県東部の1,000m級の山々に囲まれた山間に位置する。

村内は馬路地区と魚梁瀬(やなせ)地区に分かれている。両地区間の行き来は、道路の都合上、北川村域を経由する。

面積の96%を山林が占めている。うち、国有林が占める割合は75%に上る。

山地
主な山


甚吉森 (1,423m)

烏帽子ヶ森 (1,320m)

天狗森 (1,295m)

鐘ヶ龍森 (1,126m)

千本山 (1,084m)

亀谷山 (1,083m)

八杉森 (1,029m)

河川
主な川


安田川

奈半利川


主な湖


魚梁瀬湖

気候

山間部に位置するため
内陸性気候であるが、太平洋で発生する黒潮上の湿った気流が四国山地に吹き付ける影響でが多い。魚梁瀬の雨量観測所による年間平均降水量は4,000mmを超えており、日本でも有数の多雨地帯である。

天気予報で用いられる高知県東部地方の天気は、海岸部の室戸岬を基準にしているため、村では当てはまらないことが多い。

人口


馬路村と全国の年齢別人口分布(2005年)馬路村の年齢・男女別人口分布(2005年)
■紫色 ― 馬路村
■緑色 ― 日本全国■青色 ― 男性
■赤色 ― 女性
馬路村(に相当する地域)の人口の推移

1970年2,134人
1975年1,907人
1980年1,740人
1985年1,501人
1990年1,313人
1995年1,242人
2000年1,195人
2005年1,170人
2010年1,013人
2015年823人

総務省統計局 国勢調査より

隣接している自治体
高知県


安芸市

安芸郡安田町

安芸郡北川村

徳島県


那賀郡那賀町

海部郡海陽町

歴史
沿革

1889年 - 馬路村と魚梁瀬村が合併し、現在の馬路村となる。

1964年 - 魚梁瀬ダム建設に伴い、魚梁瀬地区が現在地に移転。

1965年 - 魚梁瀬ダム供用開始。旧魚梁瀬地区が水没。

1979年 - 馬路温泉(コミュニティセンターうまじ)開館。

1997年 - 魚梁瀬保小中学校にて「山の学校留学制度(山村留学)」開始。


是非お友達にも!
★暇つぶし何某★

次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:38 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE