食品
[Wikipedia|▼Menu]

「食料」はこの項目へ転送されています。古代における法律用語については「食料 (律令)」をご覧ください。
野菜魚介類食肉

食品(しょくひん、食べ物、: Lebensmittel、: alimentum)は、人間食事摂取する[1]最初の食品は母乳[1]地域や時代において広く用いられる食品として、ペミカン缶詰が挙げられる。[1]

食品と同義であり明確な線引はないが、肉類野菜類、果実類など主食品以外の食べ物品目、または調理前の食品を食料品(しょくりょうひん)とすることもある。

人間は生きるために、食品を食べて栄養素の摂取している。医療を目的としたものは薬とよび、食品と区別される事が多いが、薬とは定義されない健康食品と呼ばれるものもある。

生物は食品を味わうことは快楽になるので、嗜好品としての要素もある。


目次

1 主要な食品

1.1 生鮮食品

1.1.1 動物性食品

1.1.2 植物性食品

1.1.3 真菌類性食品


1.2 加工食品

1.2.1 嗜好食品等


1.3 調理、調味用材料

1.4 飲料

1.5 健康食品

1.6 加工材料

1.7 その他


2 食品の価値

3 医薬との関係

4 基礎食品群

5 食品に関する行政

6 食品衛生法

7 食品の保存

7.1 食品の保存方法

7.1.1 食品をそのままの形で保存する方法

7.1.2 食品を加工して保存する方法



8 食品の貯蔵

9 脚注

9.1 注釈

9.2 出典


10 参考文献

11 関連項目

12 外部リンク


主要な食品穀物

以下は日々の食事の材料として使われる代表的な食品である。
生鮮食品詳細は「生鮮食品」を参照

原則として何等加工が加えられていない天然の食材・食品であり、採取されたときの状態で流通している。
動物性食品

食肉もつ魚介類卵類鶏卵牛乳

植物性食品

穀物豆類芋類野菜山菜海藻

種実類果物ハーブ

真菌類性食品

キノコ

加工食品

天然の食材に様々な加工を加えた食品である(単なる料理惣菜は含まれないが、保存を目的として調理品に対し加工のプロセスを経たものも加工食品とみなされる)。古くからある食塩砂糖などの調味料豆腐蒟蒻寒天などもこれに含まれる。加工に微生物が積極的に関与するもの(大豆などを使用した味噌醤油納豆、穀類などを原料とした味醂など)は発酵食品といわれる。パンや乳製品、生菓子など日持ちのしない(消費期限の短い)加工食品を日配食品と呼ぶ場合もある。

漬物佃煮乾物練り製品粉類瓶詰缶詰

冷凍食品レトルト食品インスタント食品即席麺、ドライ・フーズ、粉末スープや粉末飲料等)

乳製品 - 加工乳 - 脱脂粉乳(粉ミルク)

嗜好食品等

加工食品の一つの形態。

菓子類嗜好品

調理、調味用材料

油脂類甘味料調味料香辛料

飲料



ジュース



コーヒー

清涼飲料水

アルコール飲料

健康食品詳細は「健康食品」を参照特別用途食品のマーク特定保健用食品のマーク

健康食品(機能性食品)サプリメントを含む - 法的には食品と同じ区分。栄養素の補給や健康の維持増進が目的。

特別用途食品

病者用食品 - 腎臓病など特定の疾患に対応して、たんぱく質や塩分など特定の栄養素の強化あるいはカットをしたもの。

高齢者用食品

育児用粉ミルク


保健機能食品

特定保健用食品(トクホ) - 消費者庁の認可を受けた、健康の維持増進に関する特定の効能(例・「コレステロールを下げる」「お腹の調子を整える」「血圧が高めの方に」)を標榜して販売することのできる食品。

栄養機能食品 - 食生活等の理由により、不足しがちな栄養成分の補給を目的とした食品。


加工材料

ゲル化剤

膨張剤

食品添加物

その他

宇宙飛行士南極地域観測隊用の特別食品。

宇宙食


ペットフード

食品の価値

食品は以下のような価値を有する[2]


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:57 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE