音楽
[Wikipedia|▼Menu]

出典は列挙するだけでなく、脚注などを用いてどの記述の情報源であるかを明記してください。記事の信頼性向上にご協力をお願いいたします。(2016年2月)

「音楽」のその他の用法については「音楽 (曖昧さ回避)」をご覧ください。

音楽(おんがく、: music; 伊語:Musica)の定義には、「音による芸術」といったものから「音による時間の表現」といったものまで、様々なものがある。

音楽は、ある音を選好し、ある音を選好しない、という人間の性質に依存する。

音楽には以下の3つの要件がある。
材料に音を用いる。

音の性質を利用して組み合わせる。

時間の流れの中で材料(音)を組み合わせる。

西洋音楽では、リズム(律動)、メロディー(旋律)、ハーモニー(和声)をもつものが音楽とされる。そして、このような特性をもつを様々な方法で発したり、聴いたり、想像したり、楽しむ行為のことをも指す。広くは人間が楽しめたり、意味を感じたりすることのできる音全体のことをさす場合もある。

音楽の歴史は、有史以前まで遡ることが出来る(#歴史)。

西洋音楽では、音楽の要素は、リズムメロディーハーモニーの三要素からなると考えられている(#要素)。この場合における和声、ハーモニーとはメロディとの相対的な倍音関係を構成しており、メロディをより際立たせる役割を持っている。

音楽行為に関しては、現代では一般的に「作曲」「演奏」「鑑賞」が基本として考えられている。作曲とは、作曲者の心に感じた事を音によって表現することである。演奏とは、再現芸術ともよばれ、作曲された音楽を実際に音として表現する行為であり、原曲を変えて演奏したり(編曲)、声楽曲を器楽曲に変える等(編曲)する行為も演奏行為とされる。(#演奏)。鑑賞とは音楽を聴いてそれを味わったり、価値を見極めたりすることである。

音楽には様式があり、それを「ジャンル」と呼んでいる。「[[民族音楽]」「クラシック音楽」「ジャズ」「ロック」などといった名称で呼ばれているのがそれである(#ジャンル)。

近年では人々の音楽を聴く行為を統計的に見ると、再生音楽が聴かれている割合が多くなっている(#生演奏 / 再生音楽)。



目次

1 定義

2 語源

3 歴史

3.1 古代の音楽の歴史

3.2 クラシック音楽の歴史

3.3 邦楽の歴史

3.4 ポピュラー音楽の歴史


4 要素

5 音楽行為

5.1 作曲

5.2 演奏

5.3 鑑賞


6 音楽家

7 ジャンル

7.1 ジャンルの例


8 楽器編成

9 生演奏 / 再生音楽

9.1 録音技術

9.2 配布・配信

9.3 関連項目


10 音楽産業と大衆化

11 音楽ビジネス

12 音楽都市

12.1 世界規模

12.2 日本国内規模


13 音楽と脳

14 音楽と他の芸術の大きな違い(再現芸術)

15 学術研究

16 参考文献・資料

17 脚注

17.1 注釈

17.2 出典


18 関連項目

19 外部リンク

定義詳細は「音楽の定義」を参照

広辞苑では「音による芸術」とした。

4世紀古代ローマ哲学者アウグスティヌスの『音楽論』では「musica est scientia bene modulandi (音楽とは音を良く整えるスキエンティア[注 1]である)」とした[1]。ジョン・ブラッキングの書では「人間が組織づけた[2]」とされた。ジョン・ケージは「音楽は音である。コンサートホールの中と外とを問わず、われわれを取り巻く音である。」と語った。
語源

呂氏春秋』(紀元前239年に完成)に既に「音楽」という表現がみられる。音楽の由来するものは遠し、度量に於いて生じ、太一に於いて本づく(『呂氏春秋』大楽)


英語の"Music"を始め、ヨーロッパの多くの言語においては、古代ギリシャ語のμουσικ? (mousike; 「ムーサのアート」の意)を語源とする。
歴史詳細は「音楽史」を参照
古代の音楽の歴史詳細は「古代の音楽」および「古代西洋音楽」を参照

音楽は有史以前から行われていたとされるが、何時、どのように始まったかは定かでない。ただ、それは歌から始まったのではないかと考えられている。西洋では、古代ギリシアの時代にはピタゴラスプラトンにより音楽理論や音楽に関する哲学が始まっており、古代ギリシアの音楽ギリシア悲劇や詩に伴う音楽が主であった。これが後のクラシック音楽に繋がっている。

東洋では江戸時代まで総検校塙保己一らによって温故堂で講談された和学や、中国神話によると、縄の発明者の氏族が歌舞や楽器、楽譜を発明したとされる。塙保己一は、撚糸である縄や結縄の発祥を日本列島から出土する土器や房総半島飯岡の網小屋に遺る有結網に捜し求めた研究成果を群書類従に編纂した。

歌舞の発明者―『葛天氏』治めずして治まった時代の帝王。縄、衣、名の発明者でもある。

瑟の発明者―『伏羲三皇の初代皇帝。魚釣り、結縄、魚網、鳥網、八卦の発明者でもある。

の発明者―『女?』天を補修し人類を創造した女性。

クラシック音楽の歴史詳細は「音楽史#西洋音楽史」を参照

クラシック音楽の音楽史においては、6世紀頃まで遡ることができる。まず、この頃にキリスト教の聖歌であるグレゴリオ聖歌や、多声音楽が生まれ(中世西洋音楽)、これが発展し、15世紀にはフランスブルゴーニュ地方ルネサンス音楽が確立された。16世紀には本格的な器楽音楽の発達、オペラの誕生が起こり、宮廷の音楽が栄えた(バロック音楽)。これ以前の音楽を初期音楽とよぶことが多い。その後18世紀半ばになると民衆にも音楽が広まり、古典派音楽とよばれる「形式」や「和声」に重点をおいた音楽に発展した。またこの頃から一般的に音楽が芸術として見られるようになる。19世紀には「表現」に重点を置いたロマン派音楽に移行し、各国の民謡などを取り入れた国民楽派も生まれる。20世紀頃には「気分」や「雰囲気」で表現する印象主義音楽や、和声及び調の規制をなくした音楽などの近代音楽が生まれ、さらに第二次世界大戦後は現代音楽とよばれる自由な音楽に発展した。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:70 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE