霊媒師
◇ピンチです!◇
★暇つぶし何某★

[Wikipedia|▼Menu]

ポータル スピリチュアリティ

霊媒(れいばい、medium または spirit medium)とは、超自然的存在(的存在)と人間とを直接に媒介することが可能な人物のことである[1]

日本では口寄せという名でも知られている [2] 。また霊媒者(れいばいしゃ)、霊媒師(れいばいし)などとも呼ばれる。


目次

1 概要

2 超心理学

3 霊媒の歴史

4 出典・脚注

5 参考文献

6 関連項目


概要

霊媒には、その能力をあくまで私的にだけ用いる人と、その能力で宗教的役割などを果たす人とがいる[1]

霊媒は意図的にみずからを通常とは異なった意識状態に置く[1]。この状態は「トランス状態」(や「変性意識状態」)と呼ばれている[1]。その間に超自然的存在が当人の身体に入り込み、人格が超自然的な状態(霊格)に変化する、と考えられている[1]。トランスに入る時の入りかたとしては、素質的に、いわば自然発生的に起きる例もあるが、修行として人工的にその状態を促進させる場合が多い[2]。断食や籠り(不眠)などで、意識下(無意識)の活動を活発化させるための準備が行われ、暗示による人格変換が起きる[2]。このトランス状態になると、自動言語(舌語り。自分の口が自分の意思とは関係なしに動く)や自動書記といった超常的な能力が働くようになる[2]

霊媒の言葉は「われは?の神である」とか「われは?の霊である」といったように一人称的な形式をとる[1]

霊媒に憑依する存在は、にはじまり、祖霊死霊動物霊まで、多岐にわたる[1]

霊媒の行う自動筆記は、霊や魂などから受け取った超自然的なメッセージを、意識によるコントロールや抑制なしで、書き取ったと言われている。

文化人類学においては、霊媒を「シャーマン」という言葉で理解し、その一類型だと考えだとする。
超心理学

超心理学においては、死者と交信できる心霊的能力を持つと考えられる人物のことをmedium霊媒と呼んでいる [3]。 死者とテレパシーのように交信をする人を「mental medium 心理的霊媒」と呼び、物体浮揚など物理的な現象を引き起こす人を「physical medium 物理的霊媒」と呼んでいる[3]。物理的霊媒に関して説明すると、かつて欧米では暗闇の部屋でしか交霊会を開かずそこで物理的不可思議な現象を呈示していた者が多数いたわけなのだが、そういう人物を調査してみたところ詐術だと発覚した事例も多い、が、信憑性は明らかでない人物も多い[3]

生死について、「肉体の死後も何らかの意識的存在が残っているのだ、それは死後も生存しているのだ」とする考え方(=サバイバル仮説)と、その対立仮説として「肉体の死後にそれは生き残っていないのだ」とする考え方(=ノン・サバイバル仮説)があるが、超心理学では超ESP仮説(心霊的に得たとされる情報も、ESPを用いれば実在する人や物から情報を読み取ることができる、そういう考え方で説明しうる、とする仮説)が提示されており、厳密な実験によって霊媒によって通常の能力では得られるはずのない、死者に関する正確な情報が得られた場合でも、それを死後生存によるものと解釈することは可能だとしても、死後生存の証拠だと断定することはできない、という理屈になってしまっているので、死後生存の証明は実際上かなり困難だ、と考えられている[3]

超心理学的研究によって、「霊媒」と呼ばれていない一般人でも、何らかのpsi的な能力というのは多少なりともある、と理解されるようになってからは、超心理学では霊媒という語は、それ以前のような意味に限定されるものではなくなってきた[3]
霊媒の歴史

霊媒は古代から現代まで、洋の東西を問わず存在してきた[1][2]

日本の東北地方のイタコ[2][1]やオカミサマ[1]、あるいは南西諸島のユタ[1][2]、カンカカリヤー[1]、また行者祈祷師、あるいは現代の新宗教の教祖などでも霊媒に分類可能な人物は多い[1]。これは上で述べたような、能力を宗教的役割などに用いている人、ということになる。

聖書の中でも『サムエル記 上』28で、サウル口寄せの女を捜し出すよう求めた[2]


是非お友達にも!
◇暇つぶし何某◇

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:23 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE