[Wikipedia|▼Menu]

「雲」のその他の用法については「雲 (曖昧さ回避)」をご覧ください。
積雲メディアを再生する クラウド美学

雲(くも)は、大気中にかたまって浮かぶ水滴または氷の粒(氷晶)のことを言う[1]地球に限らず、また高度に限らず、惑星表面の大気中に浮かぶ水滴や氷晶は雲と呼ばれる。雲を作る水滴や氷晶の1つ1つの粒を雲粒と言う[2][3]。また地上が雲に覆われていると、となる。

気象学の中には雲学という分野も存在する。これは、気象観測の手段が乏しかった20世紀前半ごろまで、気象の解析や予測に雲の形や動きなどの観測情報を多用しており、雲の研究が重要視されたことを背景にしている。気象衛星などの登場によって重要性が薄くなり雲学は衰退してきている。

また、などの降水現象の発生源となる現象であり、雲の生成から降水までの物理学的な現象を研究する雲物理学というものもある。
目次

1 物理化学的特徴

1.1 成分

1.2 形状

1.3 光学的特徴

1.4 電気的性質


2 雲の形成

2.1 水蒸気量(湿度)の観点から

2.2 熱力学の観点から

2.3 大局的気象の観点から


3 雲をつくる

3.1 雲をつくる実験

3.2 「雲の種まき」


4 種類

4.1 基本の雲

4.2 特殊な雲


5 観測

6 気候・地球

7 地球以外の雲

8 関連項目

9 脚注

9.1 脚注

9.2 出典


10 参考文献

11 外部リンク

物理化学的特徴
成分

地球上においては、雲の成分はであり[4]、その液体固体である[5]

微量ながら水以外の成分、例えば土壌成分や火山噴出物埃などからなる微粒子(エアロゾル)が混ざっているほか[6]空気の成分(窒素、酸素、二酸化炭素など)が溶解している。その成分も、雲が発生・成長する際に存在した場所に左右されるが、比率からしても水がほとんどを占める。

一方、極地や高緯度地方の高度20 - 30km(成層圏)では、水のほか硫酸塩硝酸塩から成る真珠母雲(極成層圏雲)が発生する[7]。他方、高緯度地方の高度約80km(中間圏)で見られる夜光雲(極中間圏雲)は主に水から成るという報告がある[8]
形状

1つ1つの雲粒(水滴や氷晶)の大きさは、半径にして0.001mm - 0.01mm(1μm - 10μm)程度のものが多くを占める。このオーダーでは落下速度は約1cm/秒だが、大気中ではこれを上回る上昇気流がありふれて存在するので落下することはほとんどなく、いわば「空に浮かんだ」状態となる。雲の中での雲粒の数(密度)は、1m3あたり1000万 - 数百億くらいである[9]

詳しくは降水過程参照。また、雨粒の成長の計算はメイスンの方程式(Mason equation)などにまとめられている。

氷晶は、六角柱、六角板、針状、樹枝状などの独特な結晶を形成する。氷晶がくっ付いて重なり成長したものがの粒子(雪片)である[10]
光学的特徴

たいていの場合、雲は白色灰色に見えることが多い。白色に見えるのは雲粒が太陽光散乱するからだが、雲粒の大きさの粒子は可視光線領域のいずれの波長の光()も同じように散乱するミー散乱が起こっているので無彩色の白色となる。そして、厚みのある雲は灰色、特に雲の底の部分は黒色に近い暗い色に見えるが、これは濃度の高い雲粒により雲内で何度も太陽光が散乱・吸収された結果、光が弱まるためである[11]


日光が水滴で回折し、雲が虹色に輝いて見えることがあり、これを彩雲という。
電気的性質

上昇気流が強い場合は、上昇や落下を繰り返すうち、雨粒やの結晶同士が衝突してさらに大きな粒となって落下する。また、上昇や落下を繰り返すとなどの大きな氷粒になり、氷粒同士の衝突で静電気が発生し、それが蓄積されての原因になる。
雲の形成 地球上の雲を概観した衛星画像 積乱雲 上空から見た雲 水面近くにできた層雲 航空機から見る層積雲 日没前の太陽と雲。リヤド

空気中の水蒸気が凝結(凝縮とも言う)されて液体)になるか、凍結(凝固)または昇華されて固体)になることで雲が作られる。
水蒸気量(湿度)の観点から

大気中に含まれる水蒸気の量は環境により異なるが、一定量の大気中に存在できる水蒸気の最大量を(別の表現では湿度(相対湿度)100%のとき=飽和のときの水蒸気の量にあたるが)、飽和水蒸気量と呼び、物理的に定まっている。また、飽和水蒸気量は気温により変化し、冷たい大気ほどその量は少なくなる[12]。例えば、20℃では17.2g/m3、0℃では4.85g/m3である。

水蒸気を含む湿った大気が冷やされると、湿度100%に達した(気温が露点温度に達した)ところで、その気温における飽和水蒸気量を超えた水蒸気が凝結し(低温下では昇華し)、雲粒が形成される(雲ができる)[13]

なお、水蒸気の凝結・昇華、また水滴の凍結には、微粒子エアロゾル)の存在が不可欠である。雲粒(水滴や氷晶)は微粒子を「芯」にして形成され、このプロセスを核形成(雲核形成・氷晶核形成)という[14]

物理学の領域になるが、見かけ上凝結や蒸発が起こっていない気液平衡の状態にあっても、分子レベルでは、水分子が一時的に寄り集まって凝結したり、逆に離れて蒸発したりといった運動は起こっている。言い換えると、水滴が大きく成長できない状態である。水滴が自発的に成長できる大きさ(臨界半径)より大きくなるためには、不純物を含まない清浄な大気(純水)では気温0℃で相対湿度430%、-23℃で630%、17℃で350%とそれぞれ非常に大きな過飽和度が必要であることが、実験で確かめられている。実際の大気では200%を超える湿度が観測されることはないため、微粒子なしで水滴が形成(均質核形成)されるのは不可能と考えられる[15]

実際の大気には核となる微粒子が存在するので、相対湿度100%をわずかに超え、過飽和度1%(相対湿度101%)以下のレベルで雲粒が生成される。なお、微粒子によって水滴の核形成に作用し始める(活性化する)過飽和度や温度は異なり、作用が高い微粒子が存在する場合は、過飽和度0.1%でも雲粒が生成される[15]。微粒子(エアロゾル)の種類は、海塩粒子硫酸塩硫酸アンモニウムなど)[15]土壌粒子や鉱物粒子(火山灰黄砂を含む)、有機成分(バクテリアなど)を含むバイオエアロゾル[16]など。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:45 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE