雨氷
◇ピンチです!◇
★暇つぶし何某★

[Wikipedia|▼Menu]

ウィクショナリーに雨氷の項目があります。
雨氷が形成された枝先の拡大写真

雨氷(うひょう[1])は、0℃以下でも凍らない過冷却状態の(着氷性の雨)が、地面や木などの物体に付着することをきっかけに凍って形成される硬く透明のこと。着氷現象の一種でもある。


目次

1 概要

1.1 過冷却と凍結

1.2 名称

1.3 雨氷の性状

1.4 特徴


2 形成過程

2.1 雪が融解して生じる着氷性の雨

2.2 「過冷却の暖かい雨」

2.3 着氷性の霧

2.4 氷の形成


3 雨氷をもたらす天候

3.1 総観スケールの気象

3.2 地形


4 地域性・季節性

5 予測

5.1 警報・注意報


6 雨氷による災害

6.1 山地での被害

6.2 居住地での被害

6.3 航空機への被害


7 雨氷のもたらす景色と文化

8 過去に起こった雨氷の例

8.1 ヨーロッパ

8.2 北アメリカ

8.3 アジア

8.3.1 日本

8.3.2 中国



9 天気図・気象通報

10 脚注

10.1 注釈

10.2 出典


11 参考文献

12 関連項目

13 外部リンク


概要芝生にとげのように形成された雨氷。木の全体に形成され垂れ下がった雨氷。このように垂れ下がった形で凍ることもある。
過冷却と凍結「過冷却」も参照

はふつう凝固点である0℃を下回ると凝固(凍結)しとなる。しかし、ある条件下では0℃以下であっても凍結しないで液体のままを保つことがある。水を構成する分子が非常に安定しているときに起こるもので、これを過冷却状態という。自然界では、を構成する水滴のように3 - 数百μmの大きさでは-20℃程度まで、雨粒のように数百μm - 数mmの大きさでは-4℃程度まで、過冷却のものが存在することが知られている[2][3][4]

雨粒がこのような過冷却状態にある雨を着氷性の雨(ちゃくひょうせいのあめ)という。なお、直径0.5mm以下の雨粒からなる雨を霧雨というが、同様に過冷却状態にある霧雨を着氷性の霧雨という。本項目ではこれ以降、特に注記がない場合は「着氷性の雨」には霧雨も含めることとする。過冷却状態の水に衝撃を与えると急速に凍結を始めて氷となるが、着氷性の雨も同様に樹木地面電線などの(0℃以下に冷えている)物体に触れた衝撃で凍結する。このようにしてできる付着氷が雨氷である。なお、雨よりも小さな水滴でできているの場合にも起こりうる。過冷却状態にある霧を着氷性の霧という[5][6][7][8]。着氷性の霧は、後述のように風速や気温などの条件次第で付着の様子が変わるため、雨氷に限らず、粗氷(そひょう)、樹氷(じゅひょう)にもなる。
名称

日本では、近代には雨氷を表す言葉として"glazed frost"の訳に当たる「凝霜」が用いられていた。しかし、霜と混同して誤解を生むとされたことから、中国語の「?淞」をより平易にした「雨氷」が1915年大正4年)から使用されるようになった[9][10]


是非お友達にも!
★暇つぶし何某★

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:114 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE