雇用
是非お友達にも!
★暇つぶし何某★

[Wikipedia|▼Menu]

この記事は検証可能参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2013年3月)

雇用(こよう、雇傭、英: employment)は、当事者の一方(被用者、employee)が相手方(使用者、employer)に対して労働に従事することを約し、使用者がその労働に対して報酬を与えることを内容とする契約。(労働契約も参照。)

雇用する側は雇い主(やといぬし)・使用者(しようしゃ)、雇用される側は被用者(ひようしゃ)・使用人(しようにん)・従業員(じゅうぎょういん)などと呼ばれる。また、両方の意味で使われる言葉として雇用者(こようしゃ)・雇い人(やといにん)というものもある。

雇用者・雇用主を見つけるためには職業紹介事業求人広告求人情報誌などを使用する。キャリア・コンサルタントによるエージェントも存在する。

2016年にはシンクタンクの試算により20年以内に、日本の場合で労働人口の約半数にあたる49%が人工知能ロボットなどの機械に仕事を奪われ、従来の仕事が喪失する事態が生じ、世界的傾向となると予測している[1]大工の仕事は天候に左右されるため、悪天候の場合は休工日になったり、時期によっては工事が入らないことも多い。給料日給換算で支払われる。経験により年収にも幅がある[2]


目次

1 雇用と経済

1.1 雇用政策

1.2 賃労働

1.3 ワーキングプア

1.4 ベーシックインカム


2 雇用と法

2.1 オーストラリア

2.2 アメリカ合衆国

2.3 スウェーデン

2.4 日本

2.4.1 雇用の意義

2.4.2 労働法による修正

2.4.3 雇用の成立

2.4.4 雇用の効力

2.4.5 雇用における差別禁止



3 脚注

4 参考文献

5 関連項目


雇用と経済

経済学
地域別の経済
一般カテゴリ
ミクロ経済学 マクロ経済学
経済思想史
方法論 異端的アプローチ
技法
数理経済学 計量経済学
実験経済学 国民経済計算
分野
行動 文化 進化
経済成長 開発 経済史
国際 経済体系
貨幣と金融
公共厚生
医療 教育 福祉
人口 労働 人事
経営 計算
ビジネス 情報 ゲーム理論
産業組織論
農業 天然資源
環境 生態
都市 農村 地域 地理学 空間
一覧
 経済学者 学術雑誌 重要書籍
カテゴリ 索引 概要
経済
Portal:経済学











雇用政策

雇用政策は、
政府が職業訓練の実施・雇用機会の創出によって失業を減らす「積極型政策」

失業給付を通じた生活保障という形で失業者の所得を手当てする「消極型政策」


◇ピンチです!◇
★暇つぶし何某★

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:76 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE