陸軍少年飛行兵
◇ピンチです!◇
★暇つぶし何某★

[Wikipedia|▼Menu]

大日本帝国陸軍

中央官衙
陸軍省
参謀本部
教育総監部
航空総監部
主要兵力
総軍
方面軍一覧
軍一覧
師団一覧
連隊等一覧
飛行戦隊一覧
歴史・伝統
日本陸軍の歴史
日本陸軍の軍服
その他
階級一覧
兵科・兵種・各部一覧
兵器一覧
通称号
 表示・ノート・編集・履歴 

陸軍少年飛行兵(りくぐんしょうねんひこうへい)とは、日本陸軍航空兵科現役下士官となるため、10代の男子志願者から選抜されて陸軍の航空関係諸学校で教育を受ける者。1933年昭和8年)4月に制度の原点となる陸軍飛行学校生徒が定められ、1940年(昭和15年)4月より正式に「少年飛行兵」の名称となり太平洋戦争大東亜戦争)終結まで存在した。少飛と略称される場合がある。


目次

1 概要

1.1 制度設立まで

1.2 陸軍飛行学校生徒

1.3 基礎教育と専門教育

1.4 「少年飛行兵」制定

1.5 太平洋戦争後期


2 年譜

3 主な出身者

4 脚注

5 参考文献

6 関連項目


概要
制度設立まで

陸軍で飛行機操縦や技術(整備)に従事する現役下士官となるには、として入営した者がまず部隊で一般の教育をされ、志願により下士官候補者に選抜されるか、または下士官に任官した後に航空関係の軍学校で専門の教育を受けていた。しかし航空兵科はきわめて高い技能が要求され、とくに操縦者には養成に長い年月が必要となるため、若年から教育をする必要性が1921年大正10年)に意見として提出されている[1]海軍では1929年(昭和4年)12月、のちの海軍飛行予科練習生となる制度が定められ翌年より採用が始まったが、陸軍ではそれより遅れ、1932年(昭和7年)に所沢陸軍飛行学校内に少年航空兵制度研究委員会が設置された[2]。 海軍の飛行予科練習生教育の目的が、「将来の特務士官」であった[要出典]事と比べると、陸軍少年飛行兵教育の目的は、あくまでも「下士官」の養成に留まっていた[要出典]事が大きな違いである。そのために予科練に比較すると、少年飛行兵の教育カリキュラムには、一般教養や語学などの講義時間は大幅に少なかったり、割愛されていた。[要出典]
陸軍飛行学校生徒

1933年(昭和8年)4月26日、「陸軍飛行学校ニ於ケル生徒教育ニ関スル件」(勅令第68号)が公布され、同年8月1日に施行された[3]。この勅令にもとづき「航空兵科現役下士官ト為スベキ生徒」として一般および陸軍部内から召募し、試験による選抜のうえ陸軍飛行学校に操縦生徒および技術生徒として入校させたものが陸軍少年飛行兵制度の原点である。受験資格は入校年の3月31日における年齢が操縦生徒は満17歳以上19歳未満、技術生徒は満15歳以上18歳未満(陸軍部内より受験の場合は操縦・技術ともに上限20歳未満[4][5]、学歴に制限はなく学力が操縦・技術生徒とも高等小学校卒業程度とされ、毎年1回入校し修学期間は操縦生徒がおよそ2年、技術生徒がおよそ3年と定められた。生徒は在校中は兵籍にある軍人ではなく、卒業後に上等兵[6]の階級を与えられて部隊に配属され、およそ1年の訓練と下士官候補者勤務を経て現役航空兵伍長に任官する。

1934年(昭和9年)2月1日、操縦生徒70名、技術生徒100名が埼玉県入間郡の所沢陸軍飛行学校に入校した。当時はまだ正式な名称がなく単に陸軍飛行学校生徒であり、場合により「少年航空兵」と通称されることがあったが、のちに少年飛行兵の名称が正式化した際、この時の170名を第1期と位置づけている。召募時の学力要求は特に高いものではなかったが、応募者は操縦生徒が3,336名(定員の約48倍)、技術生徒が6398名(同約64倍)という難関で[7]、優秀な人材を集めることができた。

1935年(昭和10年)8月、陸軍航空技術学校が所沢陸軍飛行場内に設置され[8][9]、技術生徒は同校でおよそ3年の教育を受けることになった。


◇ピンチです!◇
★暇つぶし何某★

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:33 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE