防衛省
[Wikipedia|▼Menu]

日本の行政官庁防衛省
ぼうえいしょう
Ministry of Defense

防衛省が設置される防衛省庁舎A棟(左奥)と
防衛省庁舎正門(手前)
役職
大臣小野寺五典
副大臣山本朋広内閣府副大臣
大臣政務官大野敬太郎
福田達夫内閣府大臣政務官
事務次官豊田硬
組織
内部部局大臣官房
防衛政策局
整備計画局
人事教育局
地方協力局
審議会等自衛隊員倫理審査会
防衛施設中央審議会
捕虜資格認定等審査会
防衛人事審議会
施設等機関防衛大学校
防衛医科大学校
防衛研究所
特別の機関防衛会議
統合幕僚監部
陸上幕僚監部
海上幕僚監部
航空幕僚監部
陸上自衛隊
海上自衛隊
航空自衛隊
情報本部
防衛監察本部
外国軍用品審判所
地方支分部局地方防衛局
外局防衛装備庁
概要
法人番号9000012120001
所在地〒162-8801
東京都新宿区市谷本村町5番1号
北緯35度41分34.8秒
東経139度43分40.8秒座標: 北緯35度41分34.8秒 東経139度43分40.8秒
定員26万8,443人(予算定員[1]
うち、一般職29人
自衛官24万7,154人。
(定員外の予備自衛官
即応予備自衛官等を除く。)
年間予算4兆8,837億5,900万円(一般会計)[1](2014年度)
設置2007年平成19年)1月9日
前身防衛庁
ウェブサイト
防衛省・自衛隊
テンプレートを表示
正門方向から防衛省市ヶ谷庁舎を望む

防衛省(ぼうえいしょう、英語: Ministry of Defense[2]、略称:MOD)は、日本の中央省庁の一つである。

「日本(条文上の表記は、我が国)の平和と独立を守り、国の安全を保つことを目的とし、これがため、陸上自衛隊海上自衛隊及び航空自衛隊自衛隊法第2条第2項・第3項・第4項で規定)を管理し、及び運営し、並びにこれに関する事務を行うこと」と「条約に基づく外国軍隊の駐留及び日本国とアメリカ合衆国との間の相互防衛援助協定の規定に基づくアメリカ合衆国政府の責務の日本国内(条文上の表記は、本邦)における遂行に伴う事務で他の行政機関の所掌に属しないものを適切に行うこと」を任務とする(防衛省設置法第3条第1項・第2項)。


日本では防衛省だが、英語での名称は他国の国防省と同じである。


目次

1 概要

2 沿革

2.1 設置

2.2 山田洋行事件と防衛省改革

2.3 統合幕僚監部への統合議論

2.4 年表


3 所掌事務

4 組織

4.1 幹部

4.2 内部部局

4.3 内部部局幹部人事

4.4 審議会等

4.5 施設等機関

4.6 特別の機関

4.7 地方支分部局

4.8 外局


5 財政

6 職員

6.1 職員数

6.2 採用

6.3 給与

6.4 服務・倫理


7 調達

8 広報

9 脚注

10 関連項目

11 外部リンク


概要

戦争放棄及び"戦力"の不保持を定めた日本国憲法第9条のもと、日本の国防を所管する行政機関であり、国家行政組織法3条および防衛省設置法2条に基づき内閣の統轄の下に設置される。長である防衛大臣は、陸海空自衛隊を含む防衛省全体の組織を統括する。1954年昭和29年)7月1日以来、防衛庁として総理府内閣府外局だったが、2007年平成19年)1月9日に防衛省へ移行、内閣の統轄の下に行政事務をつかさどる機関であるの一つとなった。

任務は「防衛省設置法」が「我が国の平和と独立を守り、国の安全を保つことを目的とし、これがため、陸上自衛隊海上自衛隊及び航空自衛隊を管理し、及び運営し、並びにこれに関する事務を行うこと」(3条1項)と「条約に基づく外国軍隊の駐留及び日本国とアメリカ合衆国との間の相互防衛援助協定の規定に基づくアメリカ合衆国政府の責務の本邦における遂行に伴う事務で他の行政機関の所掌に属しないものを適切に行うこと」(3条2項)と規定する。

内部部局として大臣官房、防衛政策局、整備計画局、人事教育局、地方協力局を、審議会等として防衛施設中央審議会、自衛隊員倫理審査会及び防衛人事審議会を、施設等機関として防衛大学校、防衛医科大学校及び防衛研究所を、 特別の機関として防衛会議統合幕僚監部陸上幕僚監部海上幕僚監部航空幕僚監部陸上自衛隊海上自衛隊及び航空自衛隊等を、地方支分部局として8つの地方防衛局を、外局として防衛装備庁を置く。行政組織法上はこれらすべての機関が防衛省の一部であるが、マスコミ報道においては防衛庁の時代から「特別の機関」である陸海空自衛隊を除いた部分、特に内部部局のみ指して防衛省と呼ぶことが多い。

自衛隊陸上自衛隊海上自衛隊及び航空自衛隊)とは、自衛隊法上は審議会等と駐留軍等労働者の労務管理等をつかさどる部局(防衛省地方協力局労務管理課)を除外した防衛大臣以下、内部部局からを含む防衛省の全体を指す(自衛隊法2条1項)。つまり「防衛省」と「自衛隊」はほぼ同一の組織のことを指しており、防衛省設置法に基づく国の行政機関としての側面からの名称が「防衛省」、国防等の職務を担う軍事的組織としての側面からの名称が「自衛隊」ということになる。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:91 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE