関税
[Wikipedia|▼Menu]

この項目では、関税一般について説明しています。中世日本の関所において徴収された関税については「関銭」をご覧ください。

課税

財政政策のありさまのひとつ
政策

歳入

税収

非税収歳入

租税法


税率等級

課税境界

免税

給付付き税額控除


控除

租税政策変更

減税

租税の休日


租税利益

租税誘因

税制改革

租税調和化


租税競争

二重課税

代表なくして課税なし

納税組合


医療貯蓄口座

 租税、関税、貿易

経済

価格効果

超過負担

 租税の帰着

 ラッファー曲線


最適課税

理論

 最適資本所得課税

徴税

国税庁

収入印紙

課税評価

課税所得


租税関係

租税還付

租税保護

課税居住地


課税準備

税務調査

租税避難地

私的徴税


徴税請負企業

不従順

租税回避

脱税

課税抵抗運動

タックス・ヘイブン


密輸

闇市

不正価格転嫁

無届雇用


租税避難地

分布

税率

均一

累進


逆進

比例

類型

直接

間接

従量

従価

物品


資本利得

炭素

消費

配当

環境


物品

ガソリン

ジョージズム

贈与

総受取金


所得

相続

地価

給与

ピグー


固定資産

営業

悪行

単一

印紙


操縦

総売上

付加価値

法人

超過利得


意外利得

負の所得

均一

富裕

国際

金融取引税

通貨取引税

トービン税

シュパーン税


租税均等化

租税条約

恒久的施設

移転価格税制


欧州連合金融取引税

海外税収入規則

貿易

税関

関税

関税率

輸入


輸出


関税戦

自由貿易

保税地域


通商条約

宗教

教会税

千分の八税

Teind

十分の一税


フィスカス・ユダイカス

ライブゾル

聖堂税

寛容税


ジズヤ

ハラージュ

フムス

ニサブ


ザカート

国別

各国の税率

GDP比の税収


アイスランド

アイルランド

アゼルバイジャン


アメリカ

アルジェリア

アルゼンチン


アルバニア

イギリス

BVI


イスラエル

イタリア

イラン


インド

インドネシア

ウルグアイ


オーストラリア

カザフスタン

カナダ


ギリシャ

コロンビア

シンガポール


スイス

台湾

タンザニア


中国

デンマーク

ドイツ


ナミビア

日本

ニュージーランド


ネザーランド

ノルウェー

パキスタン


パレスチナ

バングラデシュ

フィリピン


ブータン

ブラジル

フランス


ブルガリア

ペルー

ポーランド


香港

マルタ

南アフリカ


リトアニア

ロシア











関税(かんぜい)とは、広義には国境または国内の特定の地域を通過する物品に対して課される[1]。狭義には国境関税(外部関税)のみを指す[1]。国内関税が多くの国で廃止されている現代社会では、国内産業の保護を目的として又は財政上の理由から輸入貨物に対して課される国境関税をいうことが多く、間接消費税に分類される。
目次

1 関税の機能

1.1 国家収入の確保

1.2 国内産業および市場の保護および振興・育成


2 関税に関する政策

3 経済的分析

3.1 最適関税


4 日本の関税

4.1 関税に関する法律

4.2 関税表の分類

4.3 二重課税


5 出典

6 参考文献

6.1 雑誌


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:32 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE