長崎県
是非お友達にも!
■暇つぶし何某■

[Wikipedia|▼Menu]

ながさきけん
長崎県
グラバー園


長崎県旗

日本
地方九州地方
団体コード42000-0
ISO 3166-2:JPJP-42
面積4,130.88km2

総人口1,348,529人
推計人口、2018年3月1日)
人口密度326人/km2
隣接都道府県佐賀県熊本県
県の木ヒノキツバキ
県の花雲仙ツツジ
県の鳥オシドリ
他のシンボル県の歌:南の風(1961年制定)
県の獣:九州シカ
県の魚(春):タイイカアマダイ
県の魚(夏):アジイサキアワビ
県の魚(秋):サバトビウオヒラメ
県の魚(冬):ブリイワシフグ
長崎県庁
知事中村法道
法人番号 ⇒4000020420000
所在地〒850-8570
長崎県長崎市尾上町3番1号
北緯32度44分41.4秒東経129度52分25.4秒座標: 北緯32度44分41.4秒 東経129度52分25.4秒

外部リンク ⇒長崎県

■ ― 市 / ■ ― 町

地理院地図 Google Bing GeoHack
MapFan Mapion Yahoo! NAVITIME ゼンリン
ウィキポータル日本の都道府県/長崎県
 表示 ウィキプロジェクト

長崎県(ながさきけん)は、日本九州地方北西端に位置するである。県庁所在地長崎市

五島列島壱岐島対馬など、数多くの島嶼を含み、47都道府県中最も島が多いことで知られる。また、多島であるうえにリアス式海岸を多く擁することから、海岸線の長さは47都道府県中第2位もしくは第1位である(※「地形」節にて詳説)。


目次

1 名称

2 地理・地域

2.1 地形

2.2 自然公園

2.3 気候

2.4 地域区分

2.5 平成の大合併で消滅した自治体

2.6 地名

2.7 市町村の人口と面積


3 歴史

3.1 先史

3.1.1 旧石器時代

3.1.2 縄文時代

3.1.3 弥生時代


3.2 古墳時代

3.3 飛鳥時代

3.4 奈良・平安時代

3.5 中世

3.6 近世

3.7 近代以降


4 人口

5 政治・行政

5.1 歴代知事(公選)

5.2 組織

5.3 財政

5.3.1 2012年度(平成24年度)

5.3.2 2011年度(平成23年度)


5.4 離島行政


6 経済・産業

6.1 産業

6.2 県内に拠点事業所を置く企業

6.3 産学官連携への取り組み


7 生活・交通

7.1 治安・防衛

7.1.1 自衛隊

7.1.2 海上保安庁

7.1.3 警察


7.2 交通

7.2.1 航空

7.2.1.1 空港


7.2.2 鉄道・軌道

7.2.3 乗合バス事業者

7.2.4 道路

7.2.5 船舶航路

7.2.5.1 廃止された航路



7.3 医療・福祉

7.4 教育


8 マスメディア

8.1 新聞社

8.1.1 フリーペーパー


8.2 放送局

8.2.1 テレビ

8.2.2 ケーブルテレビ

8.2.3 ラジオ



9 文化・スポーツ

9.1 方言

9.2 食文化

9.3 伝統工芸

9.4 スポーツ

9.5 スポーツ施設

9.5.1 2020年夏季オリンピック誘致関係



10 観光

10.1 有形文化財建造物


11 長崎県を舞台とした作品

12 長崎県出身の人物

13 脚注

13.1 注釈

13.2 出典


14 関連項目

15 外部リンク


名称

この節は検証可能参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2015年10月)

「長崎」という地名の由来は次のように長崎氏よりといわれている。長崎氏は桓武平氏千葉流(九州千葉氏)の流れを汲む氏族であり、長崎県の名の由来になったことで知られる。現在の長崎県庁舎付近の長い御崎に館を構え、長崎港界隈の深堀から時津までの広い範囲を領していた九州千葉氏の一族が九州長崎氏を名乗ったことを起源とする説と、代々伊豆国田方郡長崎村を領し、その地名を苗字として、鎌倉の執権である北條氏の筆頭御内人である桓武平氏長崎氏の一人が九州に流れ(九州長崎氏)、長崎湾の奥を領して地侍になったと長崎甚左衛門純景がその系図で主張している説がある。


是非お友達にも!
■暇つぶし何某■

次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:144 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE