長三洲
ご協力下さい!!
★暇つぶし何某★

[Wikipedia|▼Menu]

この記事には参考文献外部リンクの一覧が含まれていますが、脚注によって参照されておらず、情報源が不明瞭です。脚注を導入して、記事の信頼性向上にご協力ください。(2015年9月)
長三洲

長 ?(三洲)(ちょう ひかる(さんしゅう)、天保4年9月23日1833年11月3日) - 明治28年(1895年3月13日)は、豊後国生まれの勤皇の志士、官僚漢学者書家漢詩人


目次

1 概説

2 略歴

3 門人

4 著作

5 脚注

6 参考文献

7 関連文献

8 外部リンク


概説

勤皇の志士として倒幕運動に半生を捧げ、戊辰戦争を戦う。その後、山口藩の藩政改革に携わる。明治3年、上京し、太政官制度局の官僚となる。明治5年には文部官僚として、師の広瀬淡窓咸宜園学制を基礎に据え、日本の学制の礎を築いた。また、明治書家の第一人者で、近代学校制度の中に習字を位置づけた第一の功労者である。また漢学者、漢詩人としての名声高く、漢学の長三洲、洋学福澤諭吉として明治前半期の教育界の双璧を成した。水墨画や篆刻の腕前も一流であった。
略歴

天保4年(1833年)豊後国(大分県)日田郡馬原村の儒家、長梅外の第三子として生まれる。幼い頃から父梅外の薫陶を受け、15歳で広瀬淡窓の門に入り、後に淡窓の弟の広瀬旭荘の塾で塾生を教えた。・画・篆刻をよくし、詩と書は特に有名で、死後編纂された詩集『三洲居士集』は全11巻(約2000首)に及ぶが、これに掲載されていない作品も多数存在する。書は顔真卿の書法(顔法)を堅く守り、顔法の開拓者として名高い。明治10年(1877年)顔法で執筆した『小学校習字本』が発行された。

幕末の頃は尊王攘夷の志士と交わり、国事に奔走す。長州藩に身を寄せつつも、二豊(豊後、豊前)の倒幕運動の中心人物として暗躍。薩長同盟の立役者の一人でもある。 戊辰戦争においては、仁和寺ノ宮嘉彰親王の越後口征討軍の参謀として、西園寺公望壬生基修山県狂介等とともに従軍し、その後、長岡、会津を転戦。 戊辰戦争後は、山口藩議政局書記として明倫館御試仕法及び小学規則を制定の後、掌吏に昇格し、長州兵の兵制改革に携わるが、この改革により奇兵隊脱隊騒動が勃発。木戸孝允、山県等とともにこれを鎮圧。毛利元徳薩摩行に随行後上京。 明治3年10月、太政官権大史、制度局員となり、江藤新平とともに、月2回の御前会議(国法会議)に出席し諸制度を起草。また、「新聞雑誌」発刊に携わり、静妙子名で「新封建論」を発表し、廃藩置県を主唱。 明治5年、大学少丞に任じられ学制五編を起草、同年8月に頒布された明治学制の中心的な起草者となる。 以後、文部大丞を任じられる。その後、教部大丞を任じられると、西南学区巡視に赴き9ヶ月近くかけて西日本の教育状況をつぶさに巡察して回る(大阪、京都、三重、奈良、滋賀、兵庫、広島、香川、愛媛、徳島、高知、島根、鳥取、山口、福岡、日田、佐賀、熊本、天草、長崎、鹿児島、日向、佐伯、府内(大分)、別府、高田)。以後、文部省学務局長、侍読宮内省の文字御用掛などを歴任し、明治12年(1879年)46歳のとき、官を退いて文書画の道で余生を送った。

明治13年(1880年)楊守敬の渡来により日下部鳴鶴巌谷一六松田雪柯を中心に六朝書道の普及運動が盛んになったが、三洲は関心を示さず顔法に傾倒した。

石碑の揮毫も手がけており現在全国に50基ほどを確認できる。[1]

略年譜天保4年1833年9月23日豊後国日田郡馬原村矢瀬に生まれる。
嘉永元年1848年15歳広瀬淡窓の咸宜園に入門。
嘉永6年1853年20歳広瀬旭荘の塾で塾生を教える。
安政4年1857年24歳旭荘のもとを辞し、国事に奔走する。
元治元年1864年32歳奇兵隊に参加、英米蘭仏四国連合艦隊と交戦、前田砲台を守って後頭部を負傷。
慶応元年1865年33歳大宰府で長州藩主の親書を西郷隆盛に手渡す。その後、幕府の追捕を逃れ、豊後各地を転々とする。
明治元年1868年35歳奇兵隊に復帰、越後口征討軍の参謀として長岡、会津を転戦する。
明治3年1870年37歳太政官権大史、制度局員となる。
明治4年1871年38歳任大学少丞兼制度局。清国に赴く。
明治5年1872年39歳文部少丞となり学制五編を起草、文部大丞となる。
明治6年1873年40歳叙従五位。5月大学区巡視、6月任教部大丞、西南学区巡視に出立?明治7年3月まで。
明治7年1874年41歳免文部大丞、侍読。任歴史課御用掛、宮内省御習書御用掛。
明治8年1875年42歳6月、任補五等出仕地方官会議書記官。8月書記官免。9月免出仕。
明治9年1876年43歳木戸孝允とともに明治天皇の大和京都行幸のお供。
明治10年1877年44歳修史局第四局総指。修史局残務取調御用掛。三洲書『小学校習字本』が発行される。内業博覧会審査委員。
明治11年1878年45歳任宮内省御用掛、文学御用掛。草行松菊帖を著す。
明治12年1879年46歳官を退き、文書画に専念する。明治天皇、特旨をもって永久侍書侍読を沙汰。
明治13年1880年47歳斯文学会を創立する。
明治23年1890年58歳漢詩専門雑誌「咸宜園」発刊。
明治25年1892年60歳「書論」出版。
明治28年1895年62歳永眠。

門人

三洲の住所録「幽玄庵朋友故旧親戚門人宿処禄」(明治26年)が現存しており、その中に多数の門人の氏名・住所が記されている。 門人として記載されているのは、以下の各位[2]


是非お友達にも!
★暇つぶし何某★

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:19 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE