鎌倉幕府
ご協力下さい!!
◇暇つぶし何某◇

[Wikipedia|▼Menu]

鎌倉幕府

創設年1185年
解散年1333年
代表得宗
執権
征夷大将軍
対象国 日本
前政府平氏政権
後政府建武政権
備考幕府発足年について、1185年以外に、1180年1183年1190年1192年など様々な意見が存在する
テンプレートを表示

鎌倉幕府(かまくらばくふ)は、日本武家政権。同幕府の約150年間を鎌倉時代と呼び、源頼朝を創設者とし、北条時政北条義時らを中心とした坂東武士が鎌倉に設立した幕府である。頼朝の死後、御家人の権力闘争によって頼朝の嫡流は断絶し、その後は義時の嫡流である得宗家が同幕府の支配者となった。武家政権は室町幕府江戸幕府へと継承された。


目次

1 概要

1.1 成立過程の概略

1.2 幕府についての議論


2 統治構造

3 歴史

3.1 成立

3.1.1 年表


3.2 北条氏の台頭

3.3 承久の乱

3.4 執権政治の確立

3.5 元寇

3.6 得宗専制の全盛

3.7 後醍醐天皇の倒幕運動

3.8 滅亡


4 都市造営

5 存立原理と幕府機構

5.1 御恩と奉公

5.2 経済基盤

5.3 職制

5.4 幕府(御所)所在地の変遷


6 脚注

7 参考文献

8 関連史料

9 関連項目

10 外部リンク


概要
成立過程の概略

まず1180年治承4年)に鎌倉の大倉郷に頼朝の邸となる大倉御所が置かれ、また幕府の統治機構の原型ともいうべき侍所が設置されて武家政権の実態が形成された。朝廷は寿永二年十月宣旨1183年)で頼朝に対し、東国における荘園公領からの官物年貢納入を保証させると同時に、頼朝による東国支配権を公認した。壇ノ浦の戦い1185年)で平氏を滅ぼし、同年、文治の勅許(1185年)では頼朝へ与えられた諸国への守護・地頭職の設置・任免を許可した。そして1190年建久元年)頼朝が大納言右近衛大将に任じられ、公卿に列し荘園領主の家政機関たる政所開設の権を得たことで、いわば統治機構としての合法性を帯びるようになり、さらに1192年征夷大将軍宣下がなされた。こうして、名実ともに武家政権として成立することとなった。守護の設置で諸国の治安維持を幕府は担当したものの、その支配は限定的であったが次第に範囲を拡大し、承久の乱元寇を経て、得宗家の専制支配が全国的な支配権を確立するに至った。
幕府についての議論

当時、武家政権を「幕府」と呼んでいたわけではなく、朝廷・公家は関東と呼び、武士からは鎌倉殿、一般からは武家と称されていた。「吾妻鏡」に征夷大将軍の館を「幕府」と称している例が見られるように、もともと幕府とは将軍の陣所、居館を指す概念である。武家政権を幕府と称したのは江戸時代後半、幕末になってからのことであり、鎌倉幕府という概念が登場したのは、1887年(明治20年)以降とされる[1]。以上の理由から、鎌倉幕府の統治機構としての概念、あるいは成立時期というのも後世の、近代歴史学上のとらえ方の問題であり、一応の通説があるとはいえ、統一された見解がないのが現状である。歴史学者の林屋辰三郎は「そもそも幕府というものの本質をいずれに置くのか、歴史学上未確定である」と述べている。

鎌倉幕府をめぐる論争としては、中世における国家という観点から、朝廷と鎌倉幕府の関係を如何にとらえるかという学術上の論争がある。通説では、中世の国家の性格として鎌倉幕府を中心とする在地領主層を基盤とする封建国家、すなわち鎌倉幕府を中心とした国家観が定着しているが、あくまで国家の中心は朝廷であり、公家、寺家、そして武家の権門が相互補完しながら国家を形成していたとする黒田俊雄らの権門体制論、そうではなく西国の朝廷に対して東国に事実上の国家を樹立したとする佐藤進一らの東国国家論がある。


是非お友達にも!
■暇つぶし何某■

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:74 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE