銀杏
ご協力下さい!!
■暇つぶし何某■

[Wikipedia|▼Menu]

この項目では、樹木について説明しています。江戸時代の男性の髷については「銀杏髷」を、紋(家紋)については「銀杏 (家紋)」をご覧ください。

イチョウ
イチョウの葉
保全状況評価[1]
ENDANGERED
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))

分類

:植物界 Plantae
:裸子植物門 Pinophyta
:イチョウ綱 Ginkgoopsida
:イチョウ目 Ginkgoales
:イチョウ科 Ginkgoaceae
:イチョウ属 Ginkgo
:イチョウ G. biloba

学名
Ginkgo biloba L.1771[1][2][3]
和名
イチョウ
英名
Ginkgo, Maidenhair Tree[1]
変種栽培品種


var. laciniata キレハイチョウ[4]

'Aureovariegata' フイリイチョウ[5]

'Epiphylla' オハツキイチョウ[6]

'Pendula' シダレイチョウ[7]

黄葉した秋のイチョウ北金ヶ沢のイチョウ(樹齢1000年以上とされる)

イチョウ(銀杏、公孫樹、鴨脚樹、学名:Ginkgo biloba)は、裸子植物門イチョウ綱イチョウ目イチョウ科イチョウ属に属する、中国原産の裸子植物。食用(伝統中国食品[8])、観賞用、材用として栽培される。

街路樹など、全国で普通に見かける樹木だが、分類上は奇異な位置にあり、例えば広葉樹針葉樹の区分では如何にも広葉樹に該当しそうだが、むしろ特殊な針葉樹に当たる。

世界古来の樹木の一つであり[8]、イチョウ科の植物は中生代から新生代にかけて世界的に繁栄し、世界各地(日本では山口県北海道)で化石が出土しているが、氷河期にほぼ絶滅し、イチョウは唯一現存する種である。現在イチョウは、生きている化石[9]としてレッドリスト絶滅危惧IB類に指定されている。

種子は銀杏(ぎんなん、ぎんきょう)と呼ばれ食用として流通するなどしているが、これは中毒を起こし得るもので死亡例も報告されており、摂取にあたっては一定の配慮を要する(詳しくは後述)。
目次

1 名称・呼称

2 植物学的特徴

3 生息と伝播

4 利用

4.1 木材

4.2 防災

4.3 街路樹

4.4 食用

4.4.1 種子

4.4.2 銀杏中毒


4.5 薬理効果の研究

4.5.1 葉

4.5.2 有効性

4.5.3 副作用

4.5.4 相互作用



5 都道府県・市区町村等の木

5.1 都道府県の木

5.2 市の木

5.3 特別区の木

5.4 町の木

5.5 村の木

5.6 行政区の木

5.7 大学の木

5.8 かつて指定していた自治体(消滅)


6 著名なイチョウの木

7 その他


◇ピンチです!◇
◇暇つぶし何某◇

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:63 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE