鉾田陸軍飛行学校
◇ピンチです!◇
★暇つぶし何某★

[Wikipedia|▼Menu]

大日本帝国陸軍

中央官衙
陸軍省
参謀本部
教育総監部
航空総監部
主要兵力
総軍
方面軍一覧
軍一覧
師団一覧
連隊等一覧
飛行戦隊一覧
歴史・伝統
日本陸軍の歴史
日本陸軍の軍服
その他
階級一覧
兵科・兵種・各部一覧
兵器一覧
通称号
 表示・ノート・編集・履歴 

鉾田陸軍飛行学校(ほこたりくぐんひこうがっこう)は、日本陸軍軍学校のひとつ。主として軽爆撃機あるいは襲撃機による攻撃に関する教育と研究等を行った。1940年昭和15年)12月、静岡県浜松陸軍飛行学校内に開設され、1941年(昭和16年)1月、茨城県に移転した。学校本部および本校は茨城県鹿島郡(現在の鉾田市)に置かれ、福島県相馬郡(現在の南相馬市)に原ノ町分教所があった。

1944年(昭和19年)6月、鉾田陸軍飛行学校は改編され鉾田教導飛行師団となり、さらに1945年7月、鉾田教導飛行師団は教導飛行師団 第3教導飛行隊と第26飛行団司令部に分離改編された。同年8月、太平洋戦争大東亜戦争)終戦により教導飛行師団 第3教導飛行隊と第26飛行団司令部はともに解体された。ここでは鉾田教導飛行師団等についても述べる。


目次

1 沿革

1.1 鉾田陸軍飛行学校

1.2 鉾田教導飛行師団

1.3 教導飛行師団 第3教導飛行隊


2 年譜

3 歴代校長

3.1 鉾田陸軍飛行学校

3.2 鉾田津教導飛行師団

3.3 教導飛行師団


4 脚注

4.1 注釈

4.2 出典


5 参考文献

6 関連項目


沿革
鉾田陸軍飛行学校

陸軍における航空爆撃の教育と研究は、古くは埼玉県所沢町陸軍航空学校で行われ、1925年大正14年)に初の爆撃専任部隊として飛行第7連隊が設立されると、同連隊内に練習部を設置し静岡県浜名郡で行われるようになった。1933年(昭和8年)8月、同じ浜名郡に浜松陸軍飛行学校が開校してからは同校が爆撃に関する教育と研究を行ってきた。この間、重爆撃機と軽爆撃機の器材、用法の違いがあっても練習部や学校はひとつのみであった。

1940年(昭和15年)7月、鉾田陸軍飛行学校令(軍令陸第17号)が制定され、同年12月に施行された[1]。これにより設立されたのが鉾田陸軍飛行学校である。学校令の第1条で鉾田陸軍飛行学校は「学生ニ軽爆撃飛行隊ニ必要ナル学術ヲ修得セシムルト共ニ(中略)且軽爆撃飛行隊ニ必要ナル兵器ノ調査、研究及試験ヲ行フ所」と定められた。以後、陸軍の航空爆撃教育と研究は重爆撃機によるものが浜松陸軍飛行学校、軽爆撃機(または襲撃機[* 1])によるものが鉾田陸軍飛行学校と、それぞれ分担して行われるようになった。

鉾田陸軍飛行学校の編制は陸軍航空総監に隷属[* 2]する校長のもと、幹事、本部、教育部、研究部、材料廠[* 3]、および学生であった。鉾田陸軍飛行学校は当初、浜松陸軍飛行学校内に開設され[2]1941年(昭和16年)1月、茨城県鹿島郡新宮村(現在の鉾田市中部)に移転した[3]主として太平洋戦争以前に使用された九八式軽爆撃機


◇ピンチです!◇
★暇つぶし何某★

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:58 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE