鉾田陸軍飛行学校
[Wikipedia|▼Menu]

大日本帝国陸軍

中央官衙
陸軍省
参謀本部
教育総監部
航空総監部
主要兵力
総軍
方面軍一覧
軍一覧
師団一覧
連隊等一覧
飛行戦隊一覧
歴史・伝統
日本陸軍の歴史
日本陸軍の軍服
その他
階級一覧
兵科・兵種・各部一覧
兵器一覧
通称号
 表示・ノート・編集・履歴 

鉾田陸軍飛行学校(ほこたりくぐんひこうがっこう)は、日本陸軍軍学校のひとつ。主として軽爆撃機あるいは襲撃機による攻撃に関する教育と研究等を行った。1940年昭和15年)12月、静岡県浜松陸軍飛行学校内に開設され、1941年(昭和16年)1月、茨城県に移転した。学校本部および本校は茨城県鹿島郡(現在の鉾田市)に置かれ、福島県相馬郡(現在の南相馬市)に原ノ町分教所があった。

1944年(昭和19年)6月、鉾田陸軍飛行学校は改編され鉾田教導飛行師団となり、さらに1945年7月、鉾田教導飛行師団は教導飛行師団 第3教導飛行隊と第26飛行団司令部に分離改編された。同年8月、太平洋戦争大東亜戦争)終戦により教導飛行師団 第3教導飛行隊と第26飛行団司令部はともに解体された。ここでは鉾田教導飛行師団等についても述べる。
目次

1 沿革

1.1 鉾田陸軍飛行学校

1.2 鉾田教導飛行師団

1.3 教導飛行師団 第3教導飛行隊


2 年譜

3 歴代校長

3.1 鉾田陸軍飛行学校

3.2 鉾田津教導飛行師団

3.3 教導飛行師団


4 脚注

4.1 注釈

4.2 出典


5 参考文献

6 関連項目

沿革
鉾田陸軍飛行学校

陸軍における航空爆撃の教育と研究は、古くは埼玉県所沢町陸軍航空学校で行われ、1925年大正14年)に初の爆撃専任部隊として飛行第7連隊が設立されると、同連隊内に練習部を設置し静岡県浜名郡で行われるようになった。1933年(昭和8年)8月、同じ浜名郡に浜松陸軍飛行学校が開校してからは同校が爆撃に関する教育と研究を行ってきた。この間、重爆撃機と軽爆撃機の器材、用法の違いがあっても練習部や学校はひとつのみであった。

1940年(昭和15年)7月、鉾田陸軍飛行学校令(軍令陸第17号)が制定され、同年12月に施行された[1]。これにより設立されたのが鉾田陸軍飛行学校である。学校令の第1条で鉾田陸軍飛行学校は「学生ニ軽爆撃飛行隊ニ必要ナル学術ヲ修得セシムルト共ニ(中略)且軽爆撃飛行隊ニ必要ナル兵器ノ調査、研究及試験ヲ行フ所」と定められた。以後、陸軍の航空爆撃教育と研究は重爆撃機によるものが浜松陸軍飛行学校、軽爆撃機(または襲撃機[* 1])によるものが鉾田陸軍飛行学校と、それぞれ分担して行われるようになった。

鉾田陸軍飛行学校の編制は陸軍航空総監に隷属[* 2]する校長のもと、幹事、本部、教育部、研究部、材料廠[* 3]、および学生であった。鉾田陸軍飛行学校は当初、浜松陸軍飛行学校内に開設され[2]1941年(昭和16年)1月、茨城県鹿島郡新宮村(現在の鉾田市中部)に移転した[3] 主として太平洋戦争以前に使用された九八式軽爆撃機

鉾田陸軍飛行学校令により、同校の被教育者は次のとおり定められた(1940年12月時点)。


甲種学生

戦術および爆撃に関する学術[* 4]を修習する者。航空兵科大尉。必要に応じ、他兵科憲兵科を除く)将校を甲種学生とすることも可(学校令第2条)。修学期間は約6か月。通常毎年1回入校。


乙種学生

軽爆撃飛行隊操縦者に必要な学術を修習する者。新たに飛行機操縦を修得した航空兵科尉官。必要に応じ、他兵科(憲兵科を除く)将校を乙種学生とすることも可(学校令第2条)。修学期間は約4か月。毎年2回入校。


その他

臨時に各兵科(憲兵科を除く)将校以下を召集し[* 5]、必要な教育を行うことも可(学校令第3条)。

学生の居住は甲種、乙種とも校外と定められていた。

鉾田陸軍飛行学校の設立に先立つ1940年9月、陸軍はそれまでの「歩兵科」「砲兵科」「航空兵科」といった兵科区分を、憲兵を除き単一の「兵科」として、新たに兵種を区分としていた[* 6]。これに対応して翌1941年(昭和16年)6月、鉾田陸軍飛行学校令が改正された(軍令陸第12号)[4]。同令改正では学生の「航空兵科」という条件が「航空関係ノ兵科」に修正された。さらに従来まで尉官のみであった乙種学生を尉官および見習士官にあらため、修学期間約4か月を約6か月に延長し校内に居住させ教育の充実を図った。甲種学生の修学期間と校外居住には変更がなかった。 太平洋戦争の全期間を通じて使用された九九式双発軽爆撃機

1941年(昭和16年)12月、日本と米英など連合国との間で太平洋戦争大東亜戦争)が開戦した。従来の支那事変ノモンハン事件における地上での戦闘に加えて、陸軍の航空爆撃も洋上における艦船攻撃に関する研究の重要性が1942年(昭和17年)ごろより一部で注目されたが、陸軍中央の反応は鈍かった[5]。同じころ、それまで熊谷、明野等の陸軍飛行学校が分教所を置いていた福島県相馬郡太田村(現在の南相馬市原町区)の原ノ町陸軍飛行場[6][7]は鉾田陸軍飛行学校が使用することとなり、同校の分教所が置かれた[8]

1943年(昭和18年)3月にパプアニューギニアのダンピール海峡で米軍日本の輸送船団攻撃に「跳飛爆撃」で大きな効果をあげると、翌年より鉾田陸軍飛行学校は新しい艦船攻撃の方法として跳飛爆撃の研究を行った[9][10]
鉾田教導飛行師団

太平洋戦争の戦況が悪化した1944年(昭和19年)3月、参謀本部では連合軍機の本土襲来に備えて、教官、助教[* 7]など練度の高い要員を多く有する飛行学校と陸軍航空審査部を随時防空戦闘体制に移行させる「東二号作戦」が起案された。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:58 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE