鉄道駅
[Wikipedia|▼Menu]

現在、リダイレクト削除の方針に従ってこのページに関連するリダイレクトを削除することが審議されています。
対象リダイレクト:新駅(受付依頼)

「駅舎」はこの項目へ転送されています。さだまさしの曲については「驛舎」をご覧ください。

この記事には複数の問題があります。改善やノートページでの議論にご協力ください。

出典がまったく示されていないか不十分です。内容に関する文献や情報源が必要です。(2018年3月)


独自研究が含まれているおそれがあります。(2018年3月)


欧州最多の利用者数を有し、国際列車発着駅であるパリ北駅 東京駅の発着路線は新幹線を含め12本あり、1日の総発着本数は約4100本で日本一のターミナル駅である[1]

鉄道駅(てつどうえき、: gare ferroviaire、: railway station、: train station)は、鉄道を構成する施設の一つで、列車への旅客の乗降、貨物の積降に使用する場所。

日本語では一般に「(えき)」と呼ぶ[脚 1]が、「停車場」(ていしゃじょう、ていしゃば)などとも呼ばれる。なお、もっぱら貨物の取り扱いをする駅は「貨物駅」という(後述)。

路面電車軌道)の発着場所は、停留場(ていりゅうじょう)[脚 2]電停(でんてい)とも呼ばれる。呼称については地域差が大きい。たとえば東京都内の場合、都電ではかつては「電車の停留場」と呼ばれ[脚 3]、現在は「都電の停留場」と呼ばれている。一方で、東急世田谷線は鉄道線と同様に「駅」と呼ばれているが路面電車の根拠となる軌道法による正式名称ではない。東京都内では昔も今も「電停」と呼ばれることは、まれである。東京以外では「○○電停」の呼称が一般に通用する地域もある。

英語では「station ステーション」、フランス語では「gare ギャール(ガール)」と言う。
目次

1 鉄道駅の意義

1.1 旅客駅

1.2 貨物駅


2 欧州の鉄道駅

2.1 歴史

2.2 構造


3 日本の鉄道駅

3.1 歴史

3.2 名称

3.3 構造


4 駅舎とプラットホーム

4.1 地上駅

4.1.1 地平駅舎

4.1.2 橋上駅舎

4.1.3 地下駅舎

4.1.4 高架駅


4.2 地下駅


5 ギャラリー

6 脚注・出典

6.1 脚注

6.2 出典


7 関連項目

鉄道駅の意義

都市においては、鉄道駅の周辺は人が容易に集まることができるため、大規模なターミナル駅などの鉄道駅の周辺は特に商業が活発化し、地価が高騰する傾向にある。またそうでなくても、ターミナル駅から近い都市部の駅の周辺では大規模な住宅が建設されやすく、都市の中の位置づけとしては大きな役目を担っている。多くの都市の場合、ターミナル駅が都市の中心部として発達している。都市計画交通計画において鉄道は大きな存在を担っている。これに対して、地方においては、市町村内に駅がある場合でも、駅が町の中核とはなっていない例も多い。

鉄道駅の存在は鉄道への乗降を行うためだけに留まらず、駅前にバス停を置くことでバスへの乗り継ぎが行えるようになっていたり、タクシーとも連絡できるようになっていたりと交通の節点としての役割を担うことができる。

また郊外の駅では、都市部への自動車の流入を減らすように鉄道駅を活用することが20世紀後半から行われ始めるようになった。パークアンドライドという考えはこれの典型的な例であり、郊外の駅の周辺に駐車場を用意し、自動車と鉄道の乗り換えをスムーズにするというものである。

駅は適宜必要に応じて新駅として新設されたり、既存駅を廃止して廃駅にされたり、信号場に変更されたりするが、鉄道路線の新設や廃止に伴って行われることが多い。

単独で廃止される場合は、駅の維持費が収入を大きく上回り維持が不可能になったときや、物理的な問題で廃止ぜざるを得なくなることが多い。鉄道駅を廃止した後は、都市部であれば再開発が行われることが多いが、都市部でない場合はそのまま放置されることも少なくない。

鉄道駅が扱うものは大きく分けて旅客貨物に大別できる。
旅客駅 世界最多の44面67線のプラットホーム数を有するグランド・セントラル駅

旅客駅は旅客の乗降のために設けられた駅であり、主に駅舎、待合室プラットホーム線路跨線橋などから構成されるが、駅によっては乗車設備のみであることもある。なお、信用乗車方式を採用する場合は規模に関わらず最小限の設備に抑えられている。

複数の路線が乗り入れる主要な旅客駅(ターミナル駅)では駅員が配属され、特殊な切符の発券窓口などもある。それ以外の駅でも駅員が配属されることもあるが、発券機や自動改札といった機械設備が人間に代わって駅業務を果たしており無人化されているところもある。また、利用者の少ない駅では駅員が配属されない傾向にある。このような無人化された駅は無人駅と呼ばれる。反対に駅員がいる駅は有人駅と呼ぶ。駅舎や周辺の管理は、有人駅であれば基本的に駅員が行うことになるが、無人駅では管理している鉄道会社が定期的に行うこともあれば、駅の周辺に住む住民によって管理されることもある。

旅客を取り扱う駅では、一般には乗降のための設備を持っており、乗降するための台をプラットホーム(ホーム)と呼ぶ。ホームに並行する形でホームの片側または両側に線路が敷かれる。複数の線路を有する駅では、複数の乗り場に「○番線」「○番ホーム」「○番のりば」「プラットフォーム○」のように番号を付けて旅客の便を図っている。そのほか、運行時刻を掲載した時刻表が備え付けられていることがある。ホームへ入場する際に改札を通る場合がある。無人駅や、路線によっては改札が省略され、列車への乗車後に運賃を支払う場合もある。また、乗車しなくてもホームに立ち入るために入場券が必要になる場合もある。

鉄道駅には常時乗客の乗降に使用される一般的な常設駅の他に、特定の季節または日に限って使用される臨時駅(りんじえき)がある。ただし、毎日営業するものの、営業時間が限られている駅については常設駅として扱われる[脚 4]
貨物駅「貨物駅」を参照
欧州の鉄道駅
歴史 1830年開業のリヴァプールのブロード・グリーン駅は、現在も使用される世界最古の旅客鉄道駅の地である。

世界初の旅客鉄道は1830年にイギリスのリヴァプール - マンチェスター間に誕生したが、初期の鉄道駅はプラットホームと出発及び到着の建物が別々に建てられたもので簡素な構造であった[2]

ヨーロッパの大都市では中世に築かれた都市を取り囲む城壁の外側に鉄道各社の駅が配置され地方都市への始発駅となった[2]。そのためヨーロッパの大規模な駅は平面で見ると櫛形になったいわゆる頭端駅となっている[2]

鉄道事業の成功が見込まれるようになると鉄道各社は路線拡大に努めたが、鉄道建設の資金調達の際、会社の信頼性と技術力を示すため駅への投資にも力を入れた[2]

1840年代末になると鉄道駅に複数路線が集中するようになり複数のプラットホームをつなぐ横通路を有する構内ホールや送迎用ホールが接続して建設されるようになり、駅機能は一つの建物に集約されることが多くなった[3]
構造


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:62 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE